ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

by BITTIMES

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表しました。新しく開発されたこのハードウェアウォレットは、彼が意識不明から回復した数時間後に発表されています。

ハードウォレット『Bitfi Wallet』

意識不明から回復したことが報告された数時間後にTwitterに本格的に復帰したマカフィー氏は、Bitfiによって構築された新しい"超安全な仮想通貨ウォレット"であるという『Bitfi Wallet』の発売を宣言しました。Bitfi Walletは、その他のウォレットよりも優れたセキュリティ機能を備えており、自動的に更新されます。

リアルワークに戻ります:

今日私はBitfiによって作られた超安全な財布を発表します。
これは永久に仮想通貨ストレージの状況を変えるでしょう。
以前にも話しているのかもしれませんが、もしあなたが私の前のツイートを読んでいるのであれば、その時の私の意識はありませんでした。とにかく、あなたはそれをチェックアウトする必要があります。

Bitfi Walletとは

Bitfi-Wallet

Bitfi Walletは、ハードウェアウォレットソリューションを使用していなかった完全に分散化された匿名性の高い仮想通貨であるモネロ(XMR)を含む、ワイヤレスセットアップと多くの一般的な仮想通貨や資産のサポートを備えたダッシュボード付きのオープンなハードウェアウォレットです。

Bitfi Walletを使用するユーザーは、保有するすべての仮想通貨のバランスを一目で見ることができ、ATMを使用する場合と同じように、個人用か業務用かにかかわらず、1つの仮想通貨から別の仮想通貨に素早く切り替えることができます。Bitfi Walletには、イーサリアム(ETH)のネイティブサポート機能のついており、ユーザーはETH残高とアクセストークンの両方を、サードパーティのサービスを使用することなく、1か所で見ることができます。

新しく発表されたウォレット『Bitfi Wallet』のプレスリリースでは、次のように説明されています。

ほとんどのウォレットは資金にアクセスするために24ワードのメモリキーを格納していますが、Bitfiウォレットを使用すると、ウォレットの所有者は、独自の秘密のフレーズから強力なオンボードCPUで秘密鍵を計算する独自のオープンソースBitfiアルゴリズムを利用することによって、紛失や盗難の可能性なしに無制限に資金を保管することができます。

秘密鍵はわずか1秒間しか存在せず、トランザクションを承認するのに十分な長さであり、決してどこにも格納されません。 ユーザーが作成したフレーズは、他の人が推測することは不可能ですが、ウォレットホルダーが覚えるのは簡単です。

Bitfiウォレットは、他のウォレットとは違い、改ざんすることができません。

もしそれが紛失・盗難・摘発・法的に分析されている場合は、秘密鍵を取得することができず、ウォレットは正規のディストリビューターのネットワーク内の誰もが安全に購入することができます。

Bitfiアルゴリズムは完全にオープンソースなので、ユーザーはBitfi自体を含む第三者に依存せずに秘密鍵を簡単に取得できます。さらに、個々のフォルダまたは複数のウォレットから各通貨にアクセスする必要なく、Bitfiダッシュボードを介して1か所でデジタル通貨および資産のすべてを表示および管理できます。

マカフィー氏は、この新しいウォレットを開発するにおいて「秘密鍵が決して不正な手段で取得されないようにするために全力を尽くした」と説明しており、「これほどまでに洗練されたハードウェアウォレットは他にない」と説明しています。

「今日の洗練されたウォレットを安全にして使いやすくする方法のうち、新しいBitfi Walletほど壮大なものはありません。私の競合他社のいくつかは、秘密鍵を保護する革新的な方法を先駆けて開発してきましたが、Bitfiは秘密鍵が決して不正な手段で取得されないようにするために全力を尽くしました。このレベルまで洗練されたハードウェアウォレットは他にはありません。」

Bitfi Walletは、120ドル(約13,000円)で販売され、購入には1年間の限定保証も含まれています。出荷予定日は2018年6月25日から2018年6月27日となっています。

John McAfee毒殺未遂事件

poison-mcafee

数日前に『ICOを推進する人たちは逮捕されるのを楽しみにした方が良い』というツイートを投稿したマカフィー氏は先日、何者かに毒殺を図られており、Bitfi Walletを発表する直前まで2日間意識不明の状態に陥っていました。

意識が戻った数時間後にはTwitterに復帰していますが、それ以前の彼のツイートからは相当深刻な状態であったことがあらわれています。詳しい内容については明らかになっていませんが、マカフィー氏は「犯人が誰であるかを知っている」とも語っています。意識が回復した直後に発表されたBitfi Walletに関連性があるのかにも注目が集まります。

仮想通貨の購入はセキュリティにも強い信頼のあるbitbank(ビットバンク)Huobi.pro(フォビ)などがおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

仮想通貨モネロ(Monero)「66倍の高騰からみる将来性」

仮想通貨モネロ(Monero)「66倍の高騰からみる将来性」

コインチェックは匿名通貨3種類を取り扱い中止に向けて調整中

コインチェックは匿名通貨3種類を取り扱い中止に向けて調整中

仮想通貨モネロを勝手にマイニングするマルウェアが感染拡大

仮想通貨モネロを勝手にマイニングするマルウェアが感染拡大

仮想通貨ウォレット+アクセサリー|Troveとは?

仮想通貨ウォレット+アクセサリー|Troveとは?

「Monero(モネロ)100万円突破への道」今後の価格予測2018年〜2021年版

「Monero(モネロ)100万円突破への道」今後の価格予測2018年〜2021年版

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

熊本電力がマイニングファームを本格稼働|日本をBlockchain技術の中心へ

Facebook仮想通貨広告の一部を許可|ブロックチェーン研究チーム本格始動か

Facebook仮想通貨広告の一部を許可|ブロックチェーン研究チーム本格始動か

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

カカオ子会社「Ground X」仮想通貨プラットフォーム開始に向けて本格始動

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

スタンフォード大学がブロックチェーン研究センターを設立|イーサリアム財団も支援

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

フェルナンド・アロンソ「KODAK」のブロックチェーンで全データ管理へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月8日〜14日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月8日〜14日

リトアニアの仮想通貨ブームの裏で犯罪組織が活発化

リトアニアの仮想通貨ブームの裏で犯罪組織が活発化

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|6月24日〜30日

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

ブロックチェーンが旅行業界に与える5つのメリット

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す