ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

by BITTIMES   

サイバーセキュリティ専門家であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏が何者かに暗殺されかけていたことが明らかになりました。彼は自身のTwitter上で毒を盛られたことによって、2日間に渡って意識不明の状態にあったことを語っています。

Twitterで明かされた毒殺未遂

マカフィー・アンチウイルスの創始者であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、珍しく3日前からTwitterの投稿が止まっていました。22日に久しぶりにツイートを投稿した彼は、何者かに毒を盛られたことによって、2日間も意識不明の状態に陥っていたことを明かしました。

3日間休んでいたことをお詫びします。ノースカロライナ州のVidant Medical Centerで、2日間意識不明になっており、さきほど目覚めました。私の敵が飲食物に何かを混入したのですが、私を殺すことは想像以上に難しいようです。ただいま。

何者かに毒殺を図られたと主張しているマカフィー氏はその後、犯人に対する激しい怒りを投稿するとともに、『犯人が誰であるかを知っている』とツイートしています。

そして犯人へ。あなたは激怒の真の意味をすぐに知ることになるだろう。私はお前が誰なのか把握している。去った方が良い。

さらに彼は、自身の妻とともに犯人に対して次のようなメッセージを投稿しています。

妻と私から無能な犯人へのメッセージ。

一連の投稿には相当深刻な状況であったことが現れていますが、この写真を見る限りでは、現在は順調に回復に向かっていることが伺えます。そして実際に彼はこの数時間後には以前のようにTwitterでの投稿を再開しています。

仮想通貨ウォレット『Bitfi Wallet』

マカフィー氏は、意識不明から回復したことを報告した数時間後に、Bitfiによって構築された新しい"超安全な仮想通貨ウォレット"であるという『Bitfi Wallet』の発売を宣言しました。Bitfi Walletは、その他のウォレットよりも優れたセキュリティ機能を備えており、自動的に更新されます。

Bitfi Walletは、ハードウェアウォレットソリューションを使用していなかった完全に分散化された匿名性の高い仮想通貨であるモネロ(XMR)を含む、ワイヤレスセットアップと多くの一般的な仮想通貨や資産のサポートを備えたダッシュボード付きのオープンなハードウェアウォレットです。

マカフィーの発言と今後の計画

ジョン・マカフィー氏は18日、米国証券取引委員会(SEC)からの脅威を理由に『ICOにはもう一切関与しない』と宣言し、「ICOを推進する人たちは逮捕されるのを楽しみにした方が良い」とまで発言しました。

これまでは『仮想通貨の未来はICOにある』と語っていた同氏が180度意見を変えたこの発言には世界中が注目していました。これらの発言などもあって毒殺を計画された可能性も考えられますが、今のところは事件の真相は明らかになっていません。

またマカフィー氏は独自の決済通貨『マカフィーコイン(McAfee Coin)』を発行することも5月29日に発表しています。

マカフィー氏の毒殺を図った犯人の真相や今後の彼の新たな発表を今後も追って行きます。

仮想通貨の購入はセキュリティにも強い信頼のあるbitbank(ビットバンク)Huobi.pro(フォビ)などがおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「本格的な強気相場到来」は近い?Willy Woo氏が新たな分析モデルで予想

ビットコイン「本格的な強気相場到来」は近い?Willy Woo氏が新たな分析モデルで予想

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

BINANCE:欧州連合の共通通貨「ユーロ(EUR)」をサポート

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

ブロックチェーン「アプリケーション開発」をより簡単に|Baiduが新たなOSを公開

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

【レジ係不要】カルダノ(ADA)用いた「セルフ決済システム」を開発:Quanterall

注目度の高い仮想通貨ニュース

楽天ウォレット:紹介者・被紹介者に1,000ポイント付与「お友達紹介キャンペーン」開催

楽天ウォレット:紹介者・被紹介者に1,000ポイント付与「お友達紹介キャンペーン」開催

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

シンガポール「暗号資産取引の広告」に制限|インフルエンサーを通じた宣伝なども禁止

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

Google:暗号資産関連サービス拡大などに向け「PayPal元幹部」を雇用

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

エストニア:暗号資産関連の規制法案「仮想通貨取引を禁止するものではない」と説明

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す