ジョン・マカフィー「ICO推薦者は逮捕されろ」発言後に毒殺されかける

by BITTIMES   

サイバーセキュリティ専門家であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏が何者かに暗殺されかけていたことが明らかになりました。彼は自身のTwitter上で毒を盛られたことによって、2日間に渡って意識不明の状態にあったことを語っています。

Twitterで明かされた毒殺未遂

マカフィー・アンチウイルスの創始者であるJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、珍しく3日前からTwitterの投稿が止まっていました。22日に久しぶりにツイートを投稿した彼は、何者かに毒を盛られたことによって、2日間も意識不明の状態に陥っていたことを明かしました。

3日間休んでいたことをお詫びします。ノースカロライナ州のVidant Medical Centerで、2日間意識不明になっており、さきほど目覚めました。私の敵が飲食物に何かを混入したのですが、私を殺すことは想像以上に難しいようです。ただいま。

何者かに毒殺を図られたと主張しているマカフィー氏はその後、犯人に対する激しい怒りを投稿するとともに、『犯人が誰であるかを知っている』とツイートしています。

そして犯人へ。あなたは激怒の真の意味をすぐに知ることになるだろう。私はお前が誰なのか把握している。去った方が良い。

さらに彼は、自身の妻とともに犯人に対して次のようなメッセージを投稿しています。

妻と私から無能な犯人へのメッセージ。

一連の投稿には相当深刻な状況であったことが現れていますが、この写真を見る限りでは、現在は順調に回復に向かっていることが伺えます。そして実際に彼はこの数時間後には以前のようにTwitterでの投稿を再開しています。

仮想通貨ウォレット『Bitfi Wallet』

マカフィー氏は、意識不明から回復したことを報告した数時間後に、Bitfiによって構築された新しい"超安全な仮想通貨ウォレット"であるという『Bitfi Wallet』の発売を宣言しました。Bitfi Walletは、その他のウォレットよりも優れたセキュリティ機能を備えており、自動的に更新されます。

Bitfi Walletは、ハードウェアウォレットソリューションを使用していなかった完全に分散化された匿名性の高い仮想通貨であるモネロ(XMR)を含む、ワイヤレスセットアップと多くの一般的な仮想通貨や資産のサポートを備えたダッシュボード付きのオープンなハードウェアウォレットです。

マカフィーの発言と今後の計画

ジョン・マカフィー氏は18日、米国証券取引委員会(SEC)からの脅威を理由に『ICOにはもう一切関与しない』と宣言し、「ICOを推進する人たちは逮捕されるのを楽しみにした方が良い」とまで発言しました。

これまでは『仮想通貨の未来はICOにある』と語っていた同氏が180度意見を変えたこの発言には世界中が注目していました。これらの発言などもあって毒殺を計画された可能性も考えられますが、今のところは事件の真相は明らかになっていません。

またマカフィー氏は独自の決済通貨『マカフィーコイン(McAfee Coin)』を発行することも5月29日に発表しています。

マカフィー氏の毒殺を図った犯人の真相や今後の彼の新たな発表を今後も追って行きます。

仮想通貨の購入はセキュリティにも強い信頼のあるbitbank(ビットバンク)Huobi.pro(フォビ)などがおすすめです。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録はこちら

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

ビットコインのボラティリティ「2017年強気相場時」と同水準に

ウクライナ:仮想通貨「合法化」計画を発表|2021年完了を目指す

ウクライナ:仮想通貨「合法化」計画を発表|2021年完了を目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

Telegramでビットコインなどの「仮想通貨取引」が可能に|テスト版サービス公開

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

金融大手Fidelity:チャリティー部門で「仮想通貨XRP」の寄付金を受け入れ

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

Watford FC:ビットコインロゴを「ユニフォーム」にプリント|大手ブックメーカーと提携

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

アトレティコ・マドリード「公式ファントークン」発行へ|Socios.comに参加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

ジョン・マカフィー:仮想通貨取引所に「シャドートレード機能」を追加

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

二酸化炭素・温室効果ガスの削減に「仮想通貨報酬」を付与|ドイツ自由民主党が提案

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

強盗殺人・ビットコイン詐取の男性「無期懲役」確定へ|最高裁判所が上告を棄却

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す