スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

by BITTIMES

「Starbucks Odysseyの終了」を発表

Starbucks(スターバックス)は2024年3月15日に、スターバックスが一部顧客向けにベータ版として提供していたNFT活用の報酬プログラム「Starbucks Odyssey」の提供を2024年3月31日をもって終了することを発表しました。

Starbucks Odyssey(スターバックス・オデッセイ)は、Web3技術を活用した報酬プログラムであり、2022年12月には米国内の一部顧客やスタッフ向けにベータ版サービスの提供を開始、その後は数量限定のNFTコレクションも展開されていました。

このプログラムは、ポリゴン(MATIC)を基盤としたNFTでスタンプラリー体験を提供するもので、"ジャーニー"と呼ばれる体験に参加してスタバやコーヒーの知識を深めながらスタンプとポイントを集め、最終的には特別な特典や体験が得られる仕組みとなっていました。

しかし、Starbucks Odysseyのベータ版サービスは2024年3月31日に終了するとのことで、残されたジャーニーは2024年3月25日までに完了する必要があると説明されています。

プログラム終了の理由は?

Starbucks Odysseyのベータ版サービスを終了理由については「プログラムを進化させ続ける中で、次のステップに備えるために終了する必要がある」と説明されています。

次なる展開の詳細については明らかにされていないものの、公式発表の中では「ベータ版プログラムは終了するが、我々は次の展開を楽しみにしている」ともコメントされています。

同社は「スターバックスのコミュニティとロイヤルティを促進するさまざまな方法をテストする機会を得られたことに感謝している」ともコメントしているため、今後は新しいWeb3関連サービスが発表される可能性もあると期待されます。

スタンプやポイントの取り扱いについて

Starbucks Odysseyで獲得したポイントはプログラム終了後に失効するものの、獲得したスタンプは今後も「Nifty Gateway」で利用できると説明されています。

また「Odysseyマーケットプレイス」は「Niftyマーケットプレイス」へと移行するとのことで、Niftyマーケットプレイスでは引き続きスタンプの売買・譲渡が可能だとされています。スタンプは外部ウォレットに移動させて他のプラットフォームで取引することも可能です。

Starbucks OdysseyのDiscordサーバーは2024年3月19日に閉鎖されるものの、今後はプログラムの進化に向けてメンバーがつながる場所を提供できるよう取り組んでいくとも説明されています。

スターバックスは数年前からブロックチェーン技術の活用を進めており、2020年8月にはスターバックス利用者がコーヒー豆の生産情報などを簡単に確認できるようにするためのトレーサビリティツールを導入したことも発表されています。

>>Web3関連の最新記事はこちら

スターバックス発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

Oasys(OAS)SBI VCトレードと提携|日本国内での普及に向けて協力

Oasys(OAS)SBI VCトレードと提携|日本国内での普及に向けて協力

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

フィナンシェ「ポリゴンネットワーク」でFNCT展開へ|Polygon Labsと協業

フィナンシェ「ポリゴンネットワーク」でFNCT展開へ|Polygon Labsと協業

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

米メトロマイル:自動車保険で「ビットコイン」に対応|10億円相当のBTC購入も予定

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

Web3ドメイン提供するD3社「Shibarium上でのSHIB・BONE決済」に対応

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

ビットコイン半減期まで「残り24時間」世界中で関心増加・巨大広告の報告も

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

自民党web3PT「2024年版のweb3ホワイトペーパー」公開|税制改正など様々な要望を記載

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す