Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

by BITTIMES

Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)は2020年8月20日に、米国のスターバックス利用者がコーヒー豆の生産情報などを簡単に確認できるようにするためのトレーサビリティツールを導入したことを報告しました。このツールには「Microsoft(マイクロソフト)」のブロックチェーンソリューションである「Azure Blockchain Service(アジュール・ブロックチェーン・サービス)」が活用されています。

こちらから読む:LINE、"BCサービス開発基盤"提供開始「ブロックチェーン」関連ニュース

コーヒー豆の生産情報などが確認可能に

Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)は2020年8月20日のツイートで、コーヒー豆の原産地や生産者情報などを確認することができる「デジタルトレーサビリティツール」を導入したことを報告しました。このツールを利用すると、コーヒー豆の袋に記載されているコードをスキャン・入力するだけで、簡単にコーヒー豆の情報を確認することができると説明されています。

新しいデジタルトレーサビリティツールを使用して「スターバックスコーヒー」を裏で支える人々と出会い、場所を確認してください。米国の店舗からコーヒー豆の袋に記載されているコードをスキャンまたは入力するだけで確認することができます。

スターバックスはこのトレーサビリティツールを2020年8月10日に発表しており、現在はパッケージに記載されている"9桁のコード"を直接入力することによって製品情報を確認することができる「ウェブサイト」も公開されています。これらの「コード」はスターバックスが販売しているコーヒー豆の袋の裏面に記載されています。

(画像:starbucks.com)(画像:starbucks.com)

ブロックチェーンで「コーヒー豆の情報管理」

Starbucks(スターバックス)が導入したトレーサビリティツールは「Microsoft(マイクロソフト)」と共同開発されており、このツールにはマイクロソフト社のクラウド型ブロックチェーンアプリケーション基盤である「Azure Blockchain Service(アジュール・ブロックチェーン・サービス)」が活用されていると報告されています。

ブロックチェーン上に記録されたデータは改ざんすることが極めて困難であり、インターネット上で簡単にそれらのデータを確認することができるようになっているため、『消費者に信頼できる情報を届けることができる』として食品などのサプライチェーン管理などで広く活用されています。

スターバックスのコーヒー豆情報もブロックチェーン上に記録されているため、サービス利用者は信頼できる精査・流通情報を確認することができます。

また、このツールは農家の人々がコーヒー豆を生産している段階から、実際に消費者の元に届くまでの様々な情報を確認することができるようになっているため、ユーザーはコーヒー豆の様々な情報を追跡することができ、農家の人々も自分たちのコーヒー豆がどのように消費者へと届けられているかを知ることができると伝えられています。

このトレーサビリティツールが利用できるのは「米国の店舗で販売されている袋売りのコーヒー豆」だとされており、現時点ではスターバックスの店舗外で購入したものや、カップで購入したコーヒーなどの情報は確認することはできないとされていますが、スターバックスのMichelle Burns(ミシェル・バーンズ)氏は「Bloomberg」に対して『このサービスはまだ始めたばかり』だと語っているため、今後のサービス拡大にも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

ブレイブ:プライバシー重視の検索エンジン「Brave Search」提供へ|Tailcatを買収

注目度の高い仮想通貨ニュース

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日取引開始

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のバスケチーム「Los Angeles Lakers」と提携

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Chiliz:大手仮想通貨取引所「FTX」と提携|各種ファントークン取扱いへ

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す