Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

by BITTIMES

Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)は2020年8月20日に、米国のスターバックス利用者がコーヒー豆の生産情報などを簡単に確認できるようにするためのトレーサビリティツールを導入したことを報告しました。このツールには「Microsoft(マイクロソフト)」のブロックチェーンソリューションである「Azure Blockchain Service(アジュール・ブロックチェーン・サービス)」が活用されています。

こちらから読む:LINE、"BCサービス開発基盤"提供開始「ブロックチェーン」関連ニュース

コーヒー豆の生産情報などが確認可能に

Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)は2020年8月20日のツイートで、コーヒー豆の原産地や生産者情報などを確認することができる「デジタルトレーサビリティツール」を導入したことを報告しました。このツールを利用すると、コーヒー豆の袋に記載されているコードをスキャン・入力するだけで、簡単にコーヒー豆の情報を確認することができると説明されています。

新しいデジタルトレーサビリティツールを使用して「スターバックスコーヒー」を裏で支える人々と出会い、場所を確認してください。米国の店舗からコーヒー豆の袋に記載されているコードをスキャンまたは入力するだけで確認することができます。

スターバックスはこのトレーサビリティツールを2020年8月10日に発表しており、現在はパッケージに記載されている"9桁のコード"を直接入力することによって製品情報を確認することができる「ウェブサイト」も公開されています。これらの「コード」はスターバックスが販売しているコーヒー豆の袋の裏面に記載されています。

(画像:starbucks.com)(画像:starbucks.com)

ブロックチェーンで「コーヒー豆の情報管理」

Starbucks(スターバックス)が導入したトレーサビリティツールは「Microsoft(マイクロソフト)」と共同開発されており、このツールにはマイクロソフト社のクラウド型ブロックチェーンアプリケーション基盤である「Azure Blockchain Service(アジュール・ブロックチェーン・サービス)」が活用されていると報告されています。

ブロックチェーン上に記録されたデータは改ざんすることが極めて困難であり、インターネット上で簡単にそれらのデータを確認することができるようになっているため、『消費者に信頼できる情報を届けることができる』として食品などのサプライチェーン管理などで広く活用されています。

スターバックスのコーヒー豆情報もブロックチェーン上に記録されているため、サービス利用者は信頼できる精査・流通情報を確認することができます。

また、このツールは農家の人々がコーヒー豆を生産している段階から、実際に消費者の元に届くまでの様々な情報を確認することができるようになっているため、ユーザーはコーヒー豆の様々な情報を追跡することができ、農家の人々も自分たちのコーヒー豆がどのように消費者へと届けられているかを知ることができると伝えられています。

このトレーサビリティツールが利用できるのは「米国の店舗で販売されている袋売りのコーヒー豆」だとされており、現時点ではスターバックスの店舗外で購入したものや、カップで購入したコーヒーなどの情報は確認することはできないとされていますが、スターバックスのMichelle Burns(ミシェル・バーンズ)氏は「Bloomberg」に対して『このサービスはまだ始めたばかり』だと語っているため、今後のサービス拡大にも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日NEW

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月20日〜26日

ブロックチェーン技術を「国際宇宙ステーション」に打ち上げ:SpaceChain(SPC)

ブロックチェーン技術を「国際宇宙ステーション」に打ち上げ:SpaceChain(SPC)

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

クジラが保有する仮想通貨「約50億円相当」が流出|個人がハッキング被害に

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)の先物取引が可能に|英国仮想通貨取引所

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

コインチェック:イーサリアムクラシック(ETC)の取扱い「一時停止」を発表

コインチェック:イーサリアムクラシック(ETC)の取扱い「一時停止」を発表

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

Coinbase Pro:Libraのライバル「CELO」取扱いへ|上場発表で価格は約2倍に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す