新たな仮想通貨の登場:ミームネーターがミームコインの夏に向けて準備を開始

by BITTIMES

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

エムイーエックスシー(MEXC)ユニスワップ(Uniswap)にて取引可能なミームネーター(Memeinator)。強力なビジョンを掲げるこの通貨は、新たな仮想通貨として現在大きな注目を浴びている。

仮想通貨業界に散乱する低品質ミームコインを一掃するという使命と共に、2077年から舞い降りた暗黒の戦士ミームネーター。この説得力のあるストーリーは、投資家から賛同を集めているようだ。

ミームネーターは、先日終了したプレセールで770万ドルにも上る資金を集め、市場を大いに沸かせた。この記事では、今年の夏にミームコインの一大センセーションを巻き起こすとも噂されるこの銘柄について深掘りします。

止まらないミームコインの大躍進

仮想通貨業界においてミームコインはもはやただのジョークではない。4年前にはゼロに近かった時価総額は、現在では450億ドルに達する勢いだ。今年の夏、イーサリアムETFが承認されるという噂が飛び交う中、ミームコイン市場は脚光を浴びている。特に、ミームネーターなどのイーサリアムベースのコインはスポットライトに包まれている。

熱狂はイーサリアム以外にも広まっており、ソラナベースのミームコインは目を見張る上昇を見せている。例えば、ドッグウィズハット(WIF)は、2023年12月中旬の立ち上げから2,500%以上の上昇を見せている。また、ベース(Base)ブロックチェーンも人気を集めており、ブレット(Brett)は2月下旬以降に20,000%もの成長を見せた。

インターネット文化と投機的機会がもたらす興奮という強力な組み合わせにより、ミームコイン市場はこの夏、巨額の利益を上げると予想されている。特に、プレセールで770万ドル以上を調達した新仮想通貨、ミームネーターは近いうちに大化けするのではないかと一部で囁かれている。

2024年におけるミームネーターの秘めた可能性

完璧とも言えるタイミングで市場に登場したミームネーター。パンチの効いたストーリーと堅実なファンダメンタルズを好む市場に柔軟にフィットしている。コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)がリストアップしている合計10,000以上に及ぶ通貨のうち2,400以上はミームコインだという。

コピー商品で溢れかえるミームコイン市場。ここで、ミームネーターは低品質ミームコインによる市場の制圧を防ぐため、抵抗運動を開始した。

この野心的なプロジェクトは、レッド・アップル・テック(Red Apple Tech)社と共同開発したゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)を特徴としている。ゲーム内でプレーヤーはミームネーターを操縦し、無秩序と化した戦場でライバルミームコインと血で血を洗う戦いを繰り広げる。

また、プロジェクトチームはデフレトークノミクスと四半期ごとのトークンバーンにより、供給量が確実に減少する仕組みを作り上げている。これにより、需要が高まるにつれて価格の上昇が期待されている。

画期的な取り組みと、X(Twitter)で10万人以上のフォロワー、そしてテレグラム(Telegram)ディスコード(Discord)で3万6,000人以上のメンバーを誇る強力なコミュニティからのサポートも相まって、ミームネーターの成長に注目が集まっている。

投資家は、今後展開していく予定のNFTのローンチに期待を隠しきれない様だ。NFT市場は今年25億ドルの売上を生み出すと予測されているため、NFT立ち上げはMMTRの実用性と価値を大幅に高めるのではないかと期待されている。ミームネーターの市場での地位が高まるにつれて、早期支援者は恩恵を受けられるだろう。

さらに、新しいステーキングプールでは11月まで最高60%のAPYを提供している。トークンロックアップにより流通量が減少すると同時に、通貨保有者はかなりの額の利回りを得ることができる。プロジェクトと通貨保有者の両方に嬉しい仕組みである。

過去1年で成果を遂げた新ミームコインとミームネーターを比較すると、その素晴らしいポテンシャルが浮き彫りとなる。ぺぺ(Pepe)ドッグウィフハット(dogwifhat)ボンク(Bonk)などのトークンは全て、純粋にトレンドによるユーザーのエンゲージメントのみで2023年、2024年にパラボリックな上昇を遂げた。

現時点では、それぞれ45億ドル、15億ドル、12億ドルの時価総額を誇っている。これらを考慮するとミームネーターの飛躍も夢ではないのかもしれない。

ミームネーターの掲げるミッションと手厚いコミュニティサポートは、このプロジェクトが今後数週間から数ヶ月の間に大きく成長する可能性を浮き彫りにしている。同様に、イーサリアムETFを取り巻く最近の強気なセンチメントは、ミームネーターなどのERC-20コインの成長を後押しする可能性がある。

ミームネーターのムーブメントが拡大中?

ミームネーターが取引所に登場したことで、何万人もの投資家がこの新星仮想通貨にアクセスできるようになった。この通貨を取り巻くムーブメントは勢いを増している。ERC-20トークンやミームコインに関する話題の高まりと共に、ミームネーターは着々と飛躍の準備を進めている。

最近の知名度と需要の急増も追い風となり、MMTRは目標である時価総額10億ドル突破への道を歩き始めている。

Memeinator(ミームネーター)の詳細は公式サイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新たなSOLミームコインが日本国内でも注目を集める:わずか72時間で365,000ドルを調達

新たなSOLミームコインが日本国内でも注目を集める:わずか72時間で365,000ドルを調達

イーロン・マスク氏の発表を受けドージコイン急騰|彼の影響力はビッグアイズコインに届くのか?

イーロン・マスク氏の発表を受けドージコイン急騰|彼の影響力はビッグアイズコインに届くのか?

Pepe Unchained($PEPU)プレセールで170万ドル調達!鎖から解き放たれるPepeの誕生なるか

Pepe Unchained($PEPU)プレセールで170万ドル調達!鎖から解き放たれるPepeの誕生なるか

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

ビッグアイズコインとカルダノのクールなNFTを所有することで、環境を保護できることをご存知ですか?

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

2023-2030までの柴ミーム価格予測|AI主導のミームコインを待ち受ける未来とは

2023年から2030年までの価格予測:アルトシグナル・ディセントラランド・ビットコインはポートフォリオ構成の候補?

2023年から2030年までの価格予測:アルトシグナル・ディセントラランド・ビットコインはポートフォリオ構成の候補?

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説