「Satoshi Nakamoto」の正体を追え!ロシアで捜索プロジェクトが発足

by BITTIMES

Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)の正体を暴くことを目的とした捜索プロジェクトが開始されようとしています。仮想通貨愛好家の国際グループ「Findsatoshi」は、ロシアのクラウド・ファウンディングサービスである「BOOM STARTER(ブームスターター)」で調査のための資金調達を行なっています。

こちらから読む:サトシ・ナカモトとは?現時点での情報と関連ニュース

仮想通貨業界における最大の謎

仮想通貨業界で最も長い間議論が交わされている最大の謎が「サトシ・ナカモト」の正体です。
ビットコインの発明した人物として世界中で知られているものの、未だにその多くが謎に包まれているサトシ・ナカモトの人物像については、依然としてはっきりとした情報の特定はできていません。

サトシ・ナカモトを自称する人物はこれまでにも複数人報告されていますが、それらの情報が真実であるのかどうかについては今のところ誰も証明できていません。

Findsatoshiはこの世界に革命を巻き起こすきっかけとなった、仮想通貨業界で最も謎の多い人物『サトシ・ナカモト』正体を暴くための活動を行なっています。

Findsatoshiとは?

Findsatoshiは、仮想通貨の愛好家たちによって構成されている国際的なグループだと説明されています。

彼らはロシアのクラウド・ファウンディングサービスである「BOOM STARTER(ブームスターター)」でこのプロジェクトの資金調達を行なっています。

目標金額は、1500万ルーブル(約2400万円)に設定されており、2018年8月13日の時点ではおよそ半分の額にあたる約710万ルーブル(約1,136万円)の資金が集まっています。

彼らは集められた資金で、日本アメリカイギリスの探偵会社に調査を依頼すると説明しており、探偵機関には言語学者やIT関連のプロフェッショナルなどのような多くの要件が提出されると説明されています。

Findsatoshiは、サトシ本人を見つけようとする試みは単なる好奇心だけではないことを語っています。彼らはこれから仮想通貨がさらに発展していくためには、サトシの存在が必要であると考えており、サトシ・ナカモト氏が一体どのような目的でビットコインを生み出したのかを明らかにすることが仮想通貨の信頼性や可能性を確実なものにするために重要なことであると説明しています。

デジタル通貨の理念を忠実に信じている仮想通貨のファンたちは、誰が100万以上のコインを保有しているのかを知るべきです。

新しい経済パラダイムのリスクはあまりにも高すぎます。

日本のナカモトさん

実際にプロジェクトが開始された場合、それらの調査はグローバルに行われることになります。そしてもちろんその重要な調査対象の中には日本も含まれています。

サトシ・ナカモト氏の名前が日本名であるため特に注目を向けられると考えられる、日本の『ナカモトさん』は捜査の対象となる可能性があることも理解しておく必要があるでしょう。

名字世帯数
中本氏10094
中元氏2477
沖本氏2162
仲本氏1788
仲元氏90
名嘉元氏15
中許氏6
入仲本氏3
中本谷氏2
仲求氏2
中夲氏1
名嘉本氏1

biglobe.ne.jpのデータによると、現在の日本には約1万6,000世帯のナカモト氏が存在しているといわれています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

イングランド:サッカークラブ「Derby County FC」がブロックチェーン企業と提携

イングランド:サッカークラブ「Derby County FC」がブロックチェーン企業と提携

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

Binance KR:取引手数料「無料」で公開へ|市場活性化なるか

トランプ大統領:ブロックチェーン推進派Mick Mulvaney氏を「首席補佐官代行」に任命

トランプ大統領:ブロックチェーン推進派Mick Mulvaney氏を「首席補佐官代行」に任命

Netflixで「アルトコイン」のドキュメンタリー番組放送か|仮想通貨業界の著名人が多数出演

Netflixで「アルトコイン」のドキュメンタリー番組放送か|仮想通貨業界の著名人が多数出演

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

bitFlyer Europe:PayPal(ペイパル)を介した「ユーロ入金」に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

暗号資産使用した「オンラインスポーツ賭博」合法化へ:米ワイオミング州

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す