サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

by BITTIMES   

Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)の名を語る人物が、5月18日にBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)というフレーズの商標を出願していたことが明らかになりました。自分自身を"仮想通貨の生みの親である"と語るハワイ出身の男性が一部で話題となっています。

"Satoshi Nakamoto"が出願した商標

ビットコインキャッシュ(BCH)のコミュニティは、米国特許商標庁(USPTO)に過去1年間で2件出願された『Bitcoin Cash』というフレーズの商標の中の1つに奇妙な名前が関連づけられていることを発見しました。

USPTOが公開している2つの商標出願書類は、コンピュータソフトウェアのライセンス供与やオンラインリアルタイム通貨取引に関連する商品として"Bitcoin Cash"という名前を請求していますが、2018年5月18日に提出された商標の所有者の名前には"Satoshi Nakamoto"の名前が記されていることが判明しました。

発見された最新のファイルは、コンピューターソフトウェアのライセンスに適用されており、ハワイ出身の『ロナルド・ケアラ・クア・マリア(Ronald Keala Kua Maria)氏』によって出願されています。

提出された書類の所有者の欄には『Maria,Ronald Keala Kua』という名前の後に『AKA Satoshi Nakamoto』と記されており、クア・マリア氏がサトシ・ナカモトであるということが示されています。

USPTO-bitcoin-cash(引用:the USPTO TESS)

このクア・マリア氏についてより詳細に調べたビットコインキャッシュコミュニティは、彼がその他の場所でも自分自身がサトシ・ナカモトであると主張していることを発見しています。

仮想通貨関連のウェブドメインと商標権表示

rkmworld(引用:rkm.world)

『@btcfork』というTwitterハンドルによって発見された『Satoshinakamoto.ws』というウェブサイトでは、これらの商標に関する情報がより詳しく記載されています。

ウェブサイトで彼は、「自分自身がビットコイン(BTC)ブロックチェーン技術の発明者である"サトシ・ナカモト"である」ということをはっきりと断言しており、「ピア・ツー・ピア(P2P)の電子決算システムは、すべて自分の著作権である」と主張しています。

ビットコインとブロックチェーン技術の発明者である『サトシ・ナカモト』としても知られる、私『ロナルド・ケアラ・クア・マリア(Ronald Keala Kua Maria)』は、株式に基づく電子貯蓄通貨を含むピア・ツー・ピア(P2P)の電子決算システムは、すべて私の著作権であると断言します。

このウェブサイトには、BTCブロックチェーンから解読された文書のコピーを示す元のホワイト・ペーパーのコピーが掲載されており、クア・マリア氏は「The Coin of All Coins(すべてのコインのコイン)」という論文のタイトルをつけています。

さらに彼は、
・thesatoshinakamoto.com
・bitcoincopyrights.com
・bitcoincashcopyright.com
・bchcopyright.com
などのような、数多くのBCH関連のウェブサイトドメインの所有権も主張しています。

これらのサイト訪問者は、クア・マリア氏のURLである『rkm.world』にリダイレクトされます。このサイトには「無料の基本的な収入計画」などのような複数のサービスや写真ギャラリーが掲載されており、これらのサービスは『Satoshinakamoto.ws』のウェブサイトに再びリダイレクトされるようになっています。

『私は唯一本物のサトシ・ナカモトです』

satoshinakamoto-bch(引用:Satoshinakamoto.ws)

またクア・マリア氏のウェブサイト上には、「私は著作権法上、秘密鍵、ブロックチェーン、アルトコイン、ビットコインをすべて所有している」と記載されているだけでなく、「私の著作権の法的譲受人またはライセンシーは存在しません。譲渡や移転は許可されておらず、不正である可能性があります」とも記載されており、2005年には自身の自宅が連邦政府と州当局の共同タスクフォースに襲われ、複数の所有物が押収されたとも記述されています。

私は譲受人またはライセンシーの許可はしていません。
私はTXu002037698の仕事の一部を2011年8月17日以前に公表しませんでした。
私の自宅は、2005年9月20日に連邦政府と州当局の共同タスクフォースに襲われ、私のコンピュータ、ラップトップ、ファイル、発明、著作権などが押収されました。

さらにクア・マリア氏は「私は唯一本物のサトシ・ナカモトだ」と強調し、著作権法のもとで秘密鍵、ブロックチェーン、アルトコイン、ビットコインをすべて所有しており、それらの使用や取り扱いについても厳しく指摘したのちに、著作権侵害の対象となっている著作物のすべての使用を中止するように求めています。

私は唯一本物のサトシ・ナカモトです。私は著作権法のもとで秘密鍵、ブロックチェーン、アルトコイン、ビットコインをすべて所有しています。私が死亡、無能力、昏睡、誘拐、抑留、または監禁された場合、著作権で保護された作品および関連するすべての作品は、いかなる時や理由があろうと他人が使用することはできず、Ronald Keala Kua Mariaによってのみ、いつでもどこでも予告なく変更されることがあります。私は、著作権侵害の対象となっている著作物のすべての使用を中止することを、著作権で保護された著作物のすべての利用者に通知します。

ロナルド・ケアラ・クア・マリアの過去

ロナルド・ケアラ・クア・マリア氏は、実際に自分こそが「本物のサトシ・ナカモトである」と主張していますが、過去にホノルル地域に住む複数の住民から数百万ドルものお金を騙し取ったとされるハワイ出身の詐欺師である可能性があるとも言われています。

2001年にhonoluluadvertiser.comで投稿された記事では、クア・マリア氏と彼の母親は『複数回に渡る盗難』や『ハワイの住民に対して詐欺行為を行い何百万ドルを騙し取った』疑いで起訴されていると報じられています。

このようなこともあり、ロナルド・ケアラ・クア・マリア氏がサトシ・ナカモト本人である可能性は低いと考えている人が多いようです。その真相がどうなのかを判断するのは難しいですが、詐欺行為などの前科があることを考えると安易な気持ちでそれらのサイトやサービスにアクセスするのは避けておく方がいいでしょう。

サトシ・ナカモトの正体については、かなり前から様々な議論が交わされてきました。すでに本人である可能性が高いとされる人物も数名存在するため、彼が提出した商標やウェブサイト上での主張が、今後実際にどのような評価を受けることになるのかには注目が集まります。

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入はbitbank(ビットバンク)Zaif(ザイフ)などがおすすめです。Zaifでは仮想通貨の積立サービスも提供しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 取引手数料無料の仮想通貨取引所bitbankはこちら

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

Ripple社のライバル「SWIFT」がR3と提携|分散型台帳技術の統合を発表

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

Mastercard:ブロックチェーンで「食品のサプライチェーン」を可視化

企業向け分散型台帳フレームワーク「Hyperledger Fabric 2.0」リリース

企業向け分散型台帳フレームワーク「Hyperledger Fabric 2.0」リリース

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ブロックチェーンで再生可能エネルギーの起源を証明:スペイン・ACCIONA Energy

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

中央銀行デジタル通貨「導入の早さより、正しい対処が重要」パウエルFRB議長

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

Bitcoin.com:Atari Token(ATRI)の「IEO」実施へ|トークン販売後は上場も予定

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

GMOコイン:1万円分のAmazonギフト券が当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

ビットコイン(BTC)マイニング可能数量は「残り10%」に|全体の90%が発行済み

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

中国人民銀行:CBDC導入視野に「法律改正案」公開|人民元のステーブルコインは禁止に

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

BitMEX告発問題で「取引所からのビットコイン出金」続く|2日で4.5万BTC以上が移動

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す