イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

by BITTIMES   

イーサリアム開発チームがハードフォーク「 Metropolis(メトロポリス)」を 9月中に行うことを発表した。
ただしハードフォークと言ってもBitcoin と Bitcoin Cash のような新コインの誕生ではない。
Metropolis 自体は今年の初めに、イーサリアム財団のソフトウェア開発社のハドソン・ジェイムソン氏が、

「 2017年の 6月〜 9月にイーサリアムの全く新しいビジネスプラットフォームがリリースされる」

と宣言していた。
イーサリアムは Metropolis 導入で「匿名性の向上」「スマートコントラクトの簡略化」「ネットワークセキュリティの向上」などを掲げており、リリースされることでより大規模なビジネス分散アプリケーションが開発できると期待されている。
特に注目されているのは Zcash の匿名技術で使用されている「 zk-SNARK(ジーケー・スナーク)」の導入と「 PoW から PoS への移行」の中間段階へ進む部分だろう。

イーサリアム・ロードマップ

3年前、財団と開発者はイーサリアムブロックチェーンネットワークの柔軟性と機能性の向上を考えていた。
そして、解決策として 2015年7月に初期ネットワーク「 Frontier(フロンティア)」をリリースした。
これによってイーサリアムとアプリケーションとの適合性をテストできるようになった。
次にリリースされた「 Homestead(ホームステッド)」は、マイクロソフトや三菱UFJも参加している
Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)」を設立するのに大きく役立つプラットフォームに関するアップグレードだった。
これによってトランザクション(取引)の高速化が可能になり、大企業レベルでイーサリアムが使用できるようになった。これが 2016年3月の出来事である。
そして、今回の「 Metropolis(メトロポリス)」のリリースによりスマートコントラクトが強化され、イーサリアム内だけで、より大規模なビジネスが展開できるようになる。
イーサリアム財団の最終的な目的は「 Serenity(セレニティ)」をリリースすることである。
Serenity が導入されるとイーサリアムは PoS への移行が完了し、マイニングの必要性がなくなりネットワーク効率は最も高くなる。

イーサリアム価格は高騰するのか?

ビットコインの「 Segwit 」ように、ネットワークアップグレードが即「価格高騰」に繋がるかどうかは現状不明だ。
イーサリアム・ハードフォークの話はやや専門性が高くビットコインほど話題になっていないためである。
ただ、Enterprise Ethereum Alliance の発表時はその期待度の高さから価格が高騰したので、今回の Metropolis と最終アップグレードの Serenity導入まで 2段階で価格高騰が起きる可能性はある。
9月下旬のリリースによってイーサリアム価格がどう変動するのか注目が集まっている。
記事の前提知識
→「イーサリアム高騰はエンタープライズ・イーサリアムが原因
→「イーサリアムとはワールドコンピューターである
→「 Proof-of-Stake( PoS )の解説(記事中段より)
 
追記記事
→「イーサリアムハードフォーク「Metropolis」延期へ「価格高騰のタイミングは?」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

パラグアイの大学:授業料支払いで「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

パラグアイの大学:授業料支払いで「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

フィスコ仮想通貨取引所:ハードフォークで生じたBSV「日本円」で付与へ

フィスコ仮想通貨取引所:ハードフォークで生じたBSV「日本円」で付与へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

IEO開催中のブリリアンクリプト「世界展開に向けた資本業務提携・パブリッシング契約」を発表

IEO開催中のブリリアンクリプト「世界展開に向けた資本業務提携・パブリッシング契約」を発表

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

モッピーポイント「SOL・ZPGなど仮想通貨4銘柄」と交換可能に

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

Shibariumエアドロップは第4四半期に予定?K9 Finance(KNINE)共同創設者から続報

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

最新SolanaコインSEALがプレセールで300万ドル達成間近、次のBOMEになれるか

最新SolanaコインSEALがプレセールで300万ドル達成間近、次のBOMEになれるか

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Hashdex「ビットコイン・イーサリアム混合型の現物ETF」を申請

Hashdex「ビットコイン・イーサリアム混合型の現物ETF」を申請

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

仮想通貨の下落が続く中、新しい犬キャラクターのミームコインがプレセールで大躍進

仮想通貨の下落が続く中、新しい犬キャラクターのミームコインがプレセールで大躍進

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す