イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

by BITTIMES   

イーサリアム開発チームがハードフォーク「 Metropolis(メトロポリス)」を 9月中に行うことを発表した。
ただしハードフォークと言ってもBitcoin と Bitcoin Cash のような新コインの誕生ではない。
Metropolis 自体は今年の初めに、イーサリアム財団のソフトウェア開発社のハドソン・ジェイムソン氏が、

「 2017年の 6月〜 9月にイーサリアムの全く新しいビジネスプラットフォームがリリースされる」

と宣言していた。
イーサリアムは Metropolis 導入で「匿名性の向上」「スマートコントラクトの簡略化」「ネットワークセキュリティの向上」などを掲げており、リリースされることでより大規模なビジネス分散アプリケーションが開発できると期待されている。
特に注目されているのは Zcash の匿名技術で使用されている「 zk-SNARK(ジーケー・スナーク)」の導入と「 PoW から PoS への移行」の中間段階へ進む部分だろう。

イーサリアム・ロードマップ

3年前、財団と開発者はイーサリアムブロックチェーンネットワークの柔軟性と機能性の向上を考えていた。
そして、解決策として 2015年7月に初期ネットワーク「 Frontier(フロンティア)」をリリースした。
これによってイーサリアムとアプリケーションとの適合性をテストできるようになった。
次にリリースされた「 Homestead(ホームステッド)」は、マイクロソフトや三菱UFJも参加している
Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)」を設立するのに大きく役立つプラットフォームに関するアップグレードだった。
これによってトランザクション(取引)の高速化が可能になり、大企業レベルでイーサリアムが使用できるようになった。これが 2016年3月の出来事である。
そして、今回の「 Metropolis(メトロポリス)」のリリースによりスマートコントラクトが強化され、イーサリアム内だけで、より大規模なビジネスが展開できるようになる。
イーサリアム財団の最終的な目的は「 Serenity(セレニティ)」をリリースすることである。
Serenity が導入されるとイーサリアムは PoS への移行が完了し、マイニングの必要性がなくなりネットワーク効率は最も高くなる。

イーサリアム価格は高騰するのか?

ビットコインの「 Segwit 」ように、ネットワークアップグレードが即「価格高騰」に繋がるかどうかは現状不明だ。
イーサリアム・ハードフォークの話はやや専門性が高くビットコインほど話題になっていないためである。
ただ、Enterprise Ethereum Alliance の発表時はその期待度の高さから価格が高騰したので、今回の Metropolis と最終アップグレードの Serenity導入まで 2段階で価格高騰が起きる可能性はある。
9月下旬のリリースによってイーサリアム価格がどう変動するのか注目が集まっている。
記事の前提知識
→「イーサリアム高騰はエンタープライズ・イーサリアムが原因
→「イーサリアムとはワールドコンピューターである
→「 Proof-of-Stake( PoS )の解説(記事中段より)
 
追記記事
→「イーサリアムハードフォーク「Metropolis」延期へ「価格高騰のタイミングは?」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

仮想通貨に魅了された海外の有名人たち

仮想通貨に魅了された海外の有名人たち

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

IEOやICOなど「新規仮想通貨販売に関する自主規制規則」を施行:JVCEA

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

ビットコイン:過去50年間で最も影響力のあるプロジェクト「TOP50」にランクイン

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

テックビューロ:ICO総合プラットフォームの「COMSA CORE製品版」を公開

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

総務省:仮想通貨用いた政治家個人への献金「違法ではない」と判断

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す