イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

by BITTIMES   

イーサリアム開発チームがハードフォーク「 Metropolis(メトロポリス)」を 9月中に行うことを発表した。
ただしハードフォークと言ってもBitcoin と Bitcoin Cash のような新コインの誕生ではない。
Metropolis 自体は今年の初めに、イーサリアム財団のソフトウェア開発社のハドソン・ジェイムソン氏が、

「 2017年の 6月〜 9月にイーサリアムの全く新しいビジネスプラットフォームがリリースされる」

と宣言していた。
イーサリアムは Metropolis 導入で「匿名性の向上」「スマートコントラクトの簡略化」「ネットワークセキュリティの向上」などを掲げており、リリースされることでより大規模なビジネス分散アプリケーションが開発できると期待されている。
特に注目されているのは Zcash の匿名技術で使用されている「 zk-SNARK(ジーケー・スナーク)」の導入と「 PoW から PoS への移行」の中間段階へ進む部分だろう。

イーサリアム・ロードマップ

3年前、財団と開発者はイーサリアムブロックチェーンネットワークの柔軟性と機能性の向上を考えていた。
そして、解決策として 2015年7月に初期ネットワーク「 Frontier(フロンティア)」をリリースした。
これによってイーサリアムとアプリケーションとの適合性をテストできるようになった。
次にリリースされた「 Homestead(ホームステッド)」は、マイクロソフトや三菱UFJも参加している
Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)」を設立するのに大きく役立つプラットフォームに関するアップグレードだった。
これによってトランザクション(取引)の高速化が可能になり、大企業レベルでイーサリアムが使用できるようになった。これが 2016年3月の出来事である。
そして、今回の「 Metropolis(メトロポリス)」のリリースによりスマートコントラクトが強化され、イーサリアム内だけで、より大規模なビジネスが展開できるようになる。
イーサリアム財団の最終的な目的は「 Serenity(セレニティ)」をリリースすることである。
Serenity が導入されるとイーサリアムは PoS への移行が完了し、マイニングの必要性がなくなりネットワーク効率は最も高くなる。

イーサリアム価格は高騰するのか?

ビットコインの「 Segwit 」ように、ネットワークアップグレードが即「価格高騰」に繋がるかどうかは現状不明だ。
イーサリアム・ハードフォークの話はやや専門性が高くビットコインほど話題になっていないためである。
ただ、Enterprise Ethereum Alliance の発表時はその期待度の高さから価格が高騰したので、今回の Metropolis と最終アップグレードの Serenity導入まで 2段階で価格高騰が起きる可能性はある。
9月下旬のリリースによってイーサリアム価格がどう変動するのか注目が集まっている。
記事の前提知識
→「イーサリアム高騰はエンタープライズ・イーサリアムが原因
→「イーサリアムとはワールドコンピューターである
→「 Proof-of-Stake( PoS )の解説(記事中段より)
 
追記記事
→「イーサリアムハードフォーク「Metropolis」延期へ「価格高騰のタイミングは?」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

誰でも自由に利用可能なNFT共通仕様「Oct-Pass」策定へ|国内企業4社が協力

仮想通貨GaloCoin(GLC)を発行|ブラジルのサッカークラブ「アトレチコ・ミネイロ」

仮想通貨GaloCoin(GLC)を発行|ブラジルのサッカークラブ「アトレチコ・ミネイロ」

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

BINANCE:暗号資産3銘柄を「Apple・Amazon・Google」と比較|残された成長の可能性

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

日立:イーサリアム関連のDApps開発基盤「PegaSys Plus」販売へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



Overbitが仮想通貨及び従来市場のトレーダーを対象に、取引決定要因とパターンを調べる為のトレーダー調査を実施



仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す