テックビューロ:事業譲渡契約を「正式」に締結 ー 11月22日までに確認を

by BITTIMES

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)を運営しているテックビューロは、2018年10月19日に開催した臨時株主総会で「フィスコ仮想通貨取引所」への事業譲渡を承認したことを10月22日に発表しました。正式な事業譲渡は2018年11月22日付で行われることになります。

こちらから読む:正式な事業譲渡が決定「Zaif」これまでの経緯

Zaifユーザーは契約内容継承の「承諾」が必要

contract

テックビューロが「フィスコ仮想通貨取引所」への事業譲渡を承認したことを2018年10月22日に発表しました。これにより仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)のサービスは、10月10日付の事業譲渡契約に基づいて2018年11月22日(木)にフィスコ仮想通貨取引所へと譲渡されることとなります。

この事業譲渡が完了した後、テックビューロは仮想通貨交換業の登録を廃止し、解散の手続きを行うと発表されています。

Zaifのサービスを利用しているユーザーは、10月22日〜11月21日までの間にテックビューロとの契約、両者間の権利義務を「フィスコ仮想通貨取引所」に継承することを承諾する必要があります。この承諾作業は22日からZaifの公式サイトで行うことができるようになっています。

承諾を行わなかった場合には、債権債務関係や契約関係はテックビューロとの間で残存することとなります。同社は同意画面の中で「承諾を行わなかった場合」について次のように説明しています。

当社は、本件譲渡後、仮想通貨交換業の登録を廃止した上で解散の手続を行う予定ですので、今後もこれまで同様に Zaif事業に関するサービスを皆様にご提供できない可能性が高いと考えております。

また、現在の当社の財務状態に鑑みますと、本件譲渡を承諾されなかった皆様が、当社に対して、当社に預託している仮想通貨の返還請求その他の請求を行ったとしても、当社がこれらの請求に対応できない可能性があることについてあらかじめご了承いただければ幸いです。

公式発表の内容は以下のリンクからどうぞ
>事業譲渡に関する株主決議について(Zaif公式)

流出した仮想通貨の返還について

coin

Zaifから流出したビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)は、現物で変換される予定となっていますが、「仮想通貨の入出金サービスがいつ再開されるか」に関する具体的な日付はまだ決定していません。

モナコイン(MONA)に関しては、預かっていたうちの39.7%が現物で、60.3%が日本円で返還されることになります。換金する際に使用されるレートとしては「1MONA=144.548円」で変換されることも発表されています。

変換レートなどに関する詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

コインチェック:貸仮想通貨サービスに「180日間(年率4.0%)」プランを追加

ビットフライヤー「一般向けのBraveブラウザ連携機能」提供開始|BAT受取・換金が可能に

ビットフライヤー「一般向けのBraveブラウザ連携機能」提供開始|BAT受取・換金が可能に

LISK & Zcashなど10銘柄上場!オーストラリアの仮想通貨取引所「Cointree」で取引開始

LISK & Zcashなど10銘柄上場!オーストラリアの仮想通貨取引所「Cointree」で取引開始

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

SEBC:ビットコインの相談窓口「実店舗」を渋谷道玄坂に8月オープン【日本初】

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

BINANCE:カルダノ大型アップグレードに伴い「ADAの入出金」一時停止へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

コイントレード「好きな仮想通貨が1,000円分もらえるキャンペーン」開始

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す