カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

by BITTIMES

アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校は、同校初となる正式に認可された「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を2019年1月から開始することを発表しました。このコースではBlockchain技術の基本的な知識やイーサリアム(Ethereum/ETH)などに関連する専門的な内容も提供される予定となっています。

こちらから読む:米空軍工科大学は"学習支援ツール"を公開「大学」関連ニュース

DApps・トークン開発など幅広い分野をカバー

programmers

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)は、ブロックチェーンプロジェクトやスタートアップ企業を支援している「MouseBelt Blockchain Accelerator」からの大規模な寄付を受けて、同校初の「ブロックチェーン・エンジニアリングコース」の提供を開始します。

このコースは、電気・コンピュータ工学とコンピュータサイエンスの学生向けに提供される上級課程の選択科目となる4単位の特別コースとして提供され、
・ブロックチェーン関連の概念
イーサリアム(Ethereum/ETH)
分散アプリケーション(DApp)
トークン
スマートコントラクト
・ハッシュ関数
などの分野をカバーしていると伝えられています。

これらの授業は、UCLAで工学、公共政策、経営学の教授を務めているJohn D. Villasenor(ジョン・D・ヴィラセナー)氏が担当します。同氏はUCLAの学生が運営しているブロックチェーンコミュニティーを通じて様々なワークショップの運営を行なっている人物でもあります。

ブロックチェーン業界の「明るい未来」のために

education

MouseBelt Blockchain Acceleratorは、ブロックチェーンをベースとしたプロジェクトや新興企業に投資を行なっていることで知られており、暗号化技術関連のエンジニアや開発者がプロジェクトに取り組むための入り口を提供するだけでなく、マーケティング・オフィサーやビジネス管理担当者と協力して、それらのプロジェクトのサポートを行なっています。

さらに同社は、2019年にはこれらのプロジェクトをさらに拡大していく計画を立てており、国際的に展開していくための取り組みもすでに進められていると述べています。

MouseBeltのチーフオペレーションオフィサーであるPatrick McLain(パトリック・マクレーン)氏は、仮想通貨市場で続く価格下落にも楽観的な見方をしており、海外の仮想通貨メディアである「CCN」に対して、ブロックチェーン業界の未来は明るいと語っています。

現在の市場は恐ろしいですが、将来は明るいと私たちは考えています。将来のために投資を行うのであれば、青少年への投資に勝るものはありません。私たちにとって今回の投資は、大学プログラムを通じて明るい未来を構築するための始まりにすぎません。

MouseBeltの担当者は、ブロックチェーン技術者の育成コースは登録募集開始からわずか数日しかたっていないにもかかわらず、すでに埋まっていると報告しています。

日本でも進む「ブロックチェーン人材育成」

NEM-JAPAN

ブロックチェーン技術を扱う大学は現在世界中で増加しており、先月は東京大学が「ブロックチェーンイノベーション寄付講座」を設立しています。この寄附講座は、
・株式会社グッドラックスリー
・株式会社ジェイ・エス・エス
・株式会社ジッパー
・株式会社ホットリンク
・株式会社マネーフォワード
・株式会社三井住友フィナンシャルグループ
などの企業が支援を行なっており、2018年11月1日〜2021年10月31日まで設置されることになっています。

また先月設立された一般社団法人「NEM JAPAN」は、近畿大学と協力してブロックチェーン関連分野の人材育成を目的としたイベントである「ブロックチェーン101(ワンオーワン)」を2018年12月19日に開催することを発表しています。

これまではブロックチェーン関連の教育は主に海外を中心に進められてきましたが、今後は日本でも急速に進められることになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

【重要】BINANCE DEX:ブロック対象国に「日本」を追加|7月1日から利用不可に

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

Binance JEX:独自仮想通貨の「エアドロップ開催」を発表|合計2億トークンを配布

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

BINANCE:トルコ向けの暗号資産取引所「Binance TR」公開

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

選挙×ブロックチェーン:不正の回避や公約の永久保存・投票システムで激変する世界の政治

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

共通仮想通貨で「米ドル依存」に対処|BRICS、新たな決済システムについて協議

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Gemini:支払う度に仮想通貨が貯まる「ジェミナイ・クレジットカード」リリースへ

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す