BINANCE独自のブロックチェーン「バイナンスチェーン」始動|BNBは最高値を更新

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、独自のブロックチェーンである「Binancechain(バイナンスチェーン)」のメインネットを2019年4月18日に公開しました。これに伴い、分散型ソーシャルメディアプラットフォームである「ミスリル(Mithril/MITH)」がバイナンスチェーンを採用する初のプロジェクトとなったことを発表しています。

こちらから読む:国内取引所からの発表が多数「仮想通貨取引所」関連ニュース

Binancechain「メインネット正式稼働」

Binancechain(バイナンスチェーン)は、大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が提供する独自のブロックチェーンです。2018年12月に立ち上げが発表されて以降、世界中で注目を集めていたこのブロックチェーンは、2019年4月18日に正式にメインネットを稼働しています。

バイナンスチェーンは「新しい仮想通貨」や「ICOトークン」などを発行するための基盤として機能するブロックチェーンであり、2019年4月23日にはバイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)のスワップ(交換)が実行される予定となっています。

また、バイナンスチェーンでの取引を確認するためのツールである「バイナンスチェーンエクスプローラ(Binance Chain Explorer)」や「ウェブウォレット(Web Wallet)」は、現在限られたパートナーの間でベータ版を用いたテストが行われており、こちらも4月23日頃には一般向けに公開される予定となっています。

なお、メインネットの公開に伴い、バイナンスコインは「ERC20 BNB」ではなく「BEP2 BNB」として発行されることになります。これまで利用されていたイーサリアムベースのバイナンスコイン(ERC20 BNB)はバーン(焼却)されることになっており「ERC20 BNB」を保有しているユーザーには保有量に相当する量の「BEP2 BNB」が提供されるとのことです。また、最初の交換が行われるまでは、いかなる取引ペアも取り扱われないと説明されています。

ミスリル(MITH)が「バイナンスチェーン」に移行

ミスリル(Mithril/MITH)は、全てのコンテンツ製作者に適切な報酬を与える分散型ソーシャルメディアプラットフォームです。同プロジェクトは、仮想通貨MITHを中心に展開する包括的なエコシステムを構築しています。

Mithrilのマイニングを通じて取得できる「MITH」は、同社のプラットフォーム「VAULT」で管理することができ、提供されている様々なアプリケーションでそれらのMITHを使用することができます。

ミスリルは元々、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術を活用していましたが、バイナンスチェーンのメインネット公開に合わせてバイナンスチェーンに移行することを発表しています。これによって「MITH」もバイナンスコインと同様に「ERC20トークン」から「BEP2トークン」へと切り替わることになります。

2019年4月20日|バイナンスコイン(BNB)の価格

今回の発表に伴い、BNBとMITHの価格は大きく上昇しています。MITHの価格は一時的に60%ほど上昇しており、5円ほどだった価格は先日19日に10円近くまで回復しました。MITHの価格はその後7円近くまで下落しましたが、バイナンスコインの価格は現在も上昇を続けています。

バイナンスコインの価格は昨年末に500円近くまで下落したものの、現在は過去最高値である「2,794円」にまで回復しているため、今後のさらなる成長に期待が高まります。

2017年9月16日〜2019年4月20日 BNBのチャート(引用:coingecko.com)2017年9月16日〜2019年4月20日 BNBのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新作ブロックチェーンゲーム「BRAVE FRONTIER HEROES/ブレヒロ」公開

新作ブロックチェーンゲーム「BRAVE FRONTIER HEROES/ブレヒロ」公開

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

NEM:シンボル(Symbol/XYM)の「公開日延期」を発表

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

フランスの小売大手カジノグループ「テゾス基盤のステーブルコイン」導入か

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

【Chiliz Exchange】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン本日取引開始

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

ビットバンク「Basic Attention Token/BAT」取扱い開始|取引手数料無料キャンペーンも

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す