IOTAと台北市が提携 「スマートシティ」を目指す

by BITTIMES   

台湾の首都である台北市は、IOTA財団と提携し、『スマートシティ』を目指して多数のプロジェクトを進めていることを発表しました。IOTA の革新的なブロックチェーンの技術を幅広い分野に応用する事で、スマートな社会を目指します。

IOTAによると、公的サービスや他の領域におけるデータの整合性と真正性の懸念を改善するために、多数のプロジェクトを通じて台北のニーズに合致する IOTA のブロックチェーン技術を適用する可能性を探るとのことです。

『デジタル市民カード』と『Airbox』

最初のプロジェクトとなるのが、IOTAのブロックチェーン技術である「TangleID」が組み込まれた『デジタル市民カード』です。このデジタル市民カードは不正開封防止機能を備えたシステムとして動作するもので、個人情報の盗難防止などに役立つようです。

すでに進行中であると言われているプロジェクトは、Edimax、Realtek、Asus、Academia Sinica、LASS、Taipei Cityの共同作業で、気温、湿度、光、汚染を検出する、手のひらサイズの空気センサーを作成する『Airbox』です。
これは既に市民の家庭や台北市の 150 の小学校に設置されています。
Airboxは、エアデータをオンラインで収集して共有しているため、包括的な環境センサネットワークになっています

今回の提携についてのコメント

台北市情報技術局「Wei-bin Lee局長」

台北市情報技術局の Wei-bin Lee局長は、IOTAのパートナーシップについて以下のようにコメントしました。

「IOTAは、独自の技術のおかげで、暗号通貨の世界で革新的なプレーヤーの1つです。台北市は常に IOTA の技術を考えており、このパートナーシップは台北市民を『スマートシティの時代』に導く戦略的な動きです。我々は台北市へのIOTA財団を歓迎し、一緒に未来に着手することに興奮しています。」

IOTA財団の共同設立者 「Dominik Schiener氏」

また、IOTA財団の共同設立者 Dominik Schiener氏はこのように述べました。

「台北市との提携は、ビジネスモデルのための新しい基盤と私たちの技術の実際の実装を提供しています。IOTAの技術が真の価値を提供するさまざまなシナリオで実装され、投票詐欺に影響を与えることさえ知っていることは素晴らしいことです。」

今後のプロジェクトの詳細についてはまだ議論中ですが、将来のプロジェクトを促進するために、台北市に事務所を開設するように IOTA に勧めているようです。

ドイツに本拠を置く IOTA は、これまでにも多くのパートナーシップを発表しており、今後もさらに多くの発表を予定していますので、発表があり次第報告していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

HashPalette「De:LitheΦ」のNFT購入者に返金対応|開発元enishは納期超過を否定

HashPalette「De:LitheΦ」のNFT購入者に返金対応|開発元enishは納期超過を否定

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

米マーベル「Marvel公式NFTデジタルグッズ」リリースへ|収集品アプリVeVeと協力

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

Moonstake「FIOプロトコル」と提携|FIOステーキング機能実装へ

Moonstake「FIOプロトコル」と提携|FIOステーキング機能実装へ

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノウォレット「Eternl v1.12.0」リリース|詐欺警告機能などを搭載

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

カルダノ初:法定通貨裏付けステーブルコイン「USDM」ローンチ

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

著名アナリストの「DOGE・WIF」価格予想|短期的な下落にも要注意?

ビットコインはエルサルバドルを「最も裕福な国の1つ」に変える:ティム・ドレイパー氏

ビットコインはエルサルバドルを「最も裕福な国の1つ」に変える:ティム・ドレイパー氏

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

シバイヌ(SHIB)オーストラリアの仮想通貨ATM「Localcoin」でも購入可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す