DAG(有向非巡回グラフ)とは?

by BITTIMES

DAG(有向非巡回グラフ)とは、次世代のブロックチェーン技術とも言われる、理論や考え方のようなものです。ビットコインなどのブロックチェーン技術とは少し違う仕組みになっており、最近話題の「IOTA」などの仮想通貨に使われています。

「Directed Acyclic Graph」

DAGとは「Directed Acyclic Graph」の略で、直訳すると
「Directed」ー 方向が定められた(有向)
「Acyclic」直線で環が一つもない(非巡回)
「Graph」グラフ(グラフ)

という意味になります。つまり、一方通行で巡回しないグラフということになります。

下記の図を見るとブロックチェーンのようなイメージは伝わるのではないでしょうか?このように決められた方向に進むことで元の場所には戻らない設計になっています。

Directed Acyclic GraphDirected Acyclic Graph

ビットコインブロックチェーンとの違い

今までのブロックチェーンは、取引情報を一つのブロックにまとめて、ブロックを一つに対して一つのブロックを繋いでいく仕組みで出来ており、繋がらなかったブロックは切り捨てられる事で無効となり、最終的には1本の長いブロックチェーンが出来上がるようになっています。

一方DAGは、ブロックは作らずに一つ一つ処理していき、取引情報一つに対して複数の取引情報が繋がっている形になります。

従来のブロックチェーンでブロックが繋がるためには、取引をしている人以外の、第三者からの承認(マイニング)が必要でそれによってマイナーは報酬を貰い、繋がらなかったブロックは無効になるという仕組みで動いていました。

しかしDAGには、マイナーや報酬といったものがありません。
具体的には、取引を実際に行った人が過去に行われた複数の未承認取引を承認していきます。つまり、自分の取引を行うために、過去の取引を一定の数だけ見直す作業をする事になるため、報酬がなくても承認作業をすることになります。

それにより一つの取引に対して、将来的には複数の承認が付いていることにもなるので、より信頼できる取引にもなります。
逆を言えば、誰かがデータを改ざんした場合はその後の承認は行われないため、早い段階で未承認の取引が広がってしまうので、流れがとまる事によってすぐに改ざんした犯人がわかるようにもなります。

要点をまとめると

DAGは、
自分の取引を行う代わりに、以前の取引記録をいくつか再確認する必要があるため、一つ一つの取引記録にはたくさんの承認がついていることになるため、信頼できる一つの太いチェーンが出来上がる仕組みとなっている理論のことです。

具体的な特徴としては、データの改ざんが見つけやすい事や、マイニングや報酬のようなものが無いこと、取引の承認が早い事、スケーラビリティがあること、などが挙げられます。

このように素晴らしい特徴をもったDAGの理論は、 Byteball / Aidos Kuneen / DogCoin / IOTA など複数の仮想通貨で使われています。各通貨の理解を深めて頂けたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

NEMブロックチェーン活用した投げ銭サービス「エンゲート」iOS版アプリをリリース

EUブロックチェーンパートナーシップに「イタリア」が参加|加盟国は27カ国に

EUブロックチェーンパートナーシップに「イタリア」が参加|加盟国は27カ国に

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

AKONが仮想通貨

AKONが仮想通貨"未来都市"を建設「エイコイン」がアフリカの救世主に

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

リップル:中国・清華大学と提携「ブロックチェーン技術研究」奨学金プログラムを開始

Justin Sun:トロン(TRON)仮想マシンで「世界一のパブリックチェーン」へ

Justin Sun:トロン(TRON)仮想マシンで「世界一のパブリックチェーン」へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月7日〜13日

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

日本発の暗号資産「Dev」Monex Venturesなどから資金調達|開発者の収益化を支援

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

トロン財団:大型アップデート「TRON 4.0」の公開予定日を発表

GMOコイン:現金がもらえる「暗号資産FXデビューキャンペーン」開催

GMOコイン:現金がもらえる「暗号資産FXデビューキャンペーン」開催

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

ファイルコイン(FIL)メインネット「2020年夏」にも公開へ|Q&Aセッションも開催予定

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

Crypto.comなどの暗号資産デビットカード「利用不可」に|Wirecardの会計問題が影響

Crypto.comなどの暗号資産デビットカード「利用不可」に|Wirecardの会計問題が影響

送金ミスした暗号資産を回収できる「取引キャンセル技術」開発:イスラエル企業Kirobo

送金ミスした暗号資産を回収できる「取引キャンセル技術」開発:イスラエル企業Kirobo

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

PayPal(ペイパル)で「暗号資産の売買」が可能に?公式サイトには求人募集も掲載

女優・タレントの西谷麻糸呂「FiNANCiE」でトークン&コレクションカードの販売開始

女優・タレントの西谷麻糸呂「FiNANCiE」でトークン&コレクションカードの販売開始

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す