DAG(有向非巡回グラフ)とは?

by BITTIMES

DAG(有向非巡回グラフ)とは、次世代のブロックチェーン技術とも言われる、理論や考え方のようなものです。ビットコインなどのブロックチェーン技術とは少し違う仕組みになっており、最近話題の「IOTA」などの仮想通貨に使われています。

「Directed Acyclic Graph」

DAGとは「Directed Acyclic Graph」の略で、直訳すると
「Directed」ー 方向が定められた(有向)
「Acyclic」直線で環が一つもない(非巡回)
「Graph」グラフ(グラフ)

という意味になります。つまり、一方通行で巡回しないグラフということになります。

下記の図を見るとブロックチェーンのようなイメージは伝わるのではないでしょうか?このように決められた方向に進むことで元の場所には戻らない設計になっています。

Directed Acyclic GraphDirected Acyclic Graph

ビットコインブロックチェーンとの違い

今までのブロックチェーンは、取引情報を一つのブロックにまとめて、ブロックを一つに対して一つのブロックを繋いでいく仕組みで出来ており、繋がらなかったブロックは切り捨てられる事で無効となり、最終的には1本の長いブロックチェーンが出来上がるようになっています。

一方DAGは、ブロックは作らずに一つ一つ処理していき、取引情報一つに対して複数の取引情報が繋がっている形になります。

従来のブロックチェーンでブロックが繋がるためには、取引をしている人以外の、第三者からの承認(マイニング)が必要でそれによってマイナーは報酬を貰い、繋がらなかったブロックは無効になるという仕組みで動いていました。

しかしDAGには、マイナーや報酬といったものがありません。
具体的には、取引を実際に行った人が過去に行われた複数の未承認取引を承認していきます。つまり、自分の取引を行うために、過去の取引を一定の数だけ見直す作業をする事になるため、報酬がなくても承認作業をすることになります。

それにより一つの取引に対して、将来的には複数の承認が付いていることにもなるので、より信頼できる取引にもなります。
逆を言えば、誰かがデータを改ざんした場合はその後の承認は行われないため、早い段階で未承認の取引が広がってしまうので、流れがとまる事によってすぐに改ざんした犯人がわかるようにもなります。

要点をまとめると

DAGは、
自分の取引を行う代わりに、以前の取引記録をいくつか再確認する必要があるため、一つ一つの取引記録にはたくさんの承認がついていることになるため、信頼できる一つの太いチェーンが出来上がる仕組みとなっている理論のことです。

具体的な特徴としては、データの改ざんが見つけやすい事や、マイニングや報酬のようなものが無いこと、取引の承認が早い事、スケーラビリティがあること、などが挙げられます。

このように素晴らしい特徴をもったDAGの理論は、 Byteball / Aidos Kuneen / DogCoin / IOTA など複数の仮想通貨で使われています。各通貨の理解を深めて頂けたら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

ブロックチェーンで輸入品の検証作業を効率化|米国税関・国境警備局(CBP)

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

ヘルスケア分野に「ブロックチェーン情報共有システム」を導入:UAE保健・予防省

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

仮想通貨Gram専用ウォレットが「iOS端末」でテスト可能に

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

Ripple投資部門「BRD」に出資|人気のウォレットアプリで「XRP」が保管可能に

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す