仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、米国の規制を遵守するために「Binance.com」におけるアメリカユーザー向けのサービスを2019年9月12日から停止することを発表しました。これにより、同取引所の米国ユーザーは本日発表された新しい仮想通貨取引所「Binance US」に移行していくことになると考えられますが、場合によっては仮想通貨の価格にも影響が出る可能性があるため注意が必要です。

こちらから読む:米国向けの新たな取引所を発表「BINANCE」関連ニュース

Binance.com:米国ユーザー向けのサービス停止へ

BINANCE(バイナンス)は、2019年6月14日に"BINANCEのユーザー利用規約"を更新し「米国ユーザー向けのサービスを停止する」という新しい制限を追加しました。

これにより、米国のBINANCEユーザーは、2019年9月12日から仮想通貨取引所「Binance.com」における取引と入金ができなくなります。入金と取引はできないものの、自分のアカウントで保有している仮想通貨へのアクセスと出金はできるようになっているため、徐々に米国ユーザー向けのサービスが停止されていくことになります。

バイナンスは本日14日に、複数のメディア向けにプレスリリースを送り、米国向けの仮想通貨取引所「Binance US」を新しく開設することを発表しました。今回の利用規約更新はこの「Binance US」の立ち上げに関連したものであり、米国の規制を遵守した上で仮想通貨取引サービスを提供していくために従来の「Binance.com」での米国向けサービスを停止して、新しい「Binance US」でのサービスにユーザーを移していく計画だと考えられます。

サービス停止に伴う「価格変動」にも注意?

仮想通貨取引所「Binance.com」における米国ユーザー取引高は20%〜30%にものぼるため、米国ユーザー向けのサービスが停止された場合には、バイナンスの取引量も大幅に低下すると考えられます。しかしそのタイミングで「Binance US」が立ち上げられていれば、バイナンスが提供するサービス全体では取引量の低下を抑えることができると考えられます。

この決定によって米国のバイナンスユーザーは「Binance US」へと移行していくことになると考えられますが、「Binance US」で取り扱われる仮想通貨がどれほどあるのか?は今のところ明らかになっていないため、もしも「Binance US」での取り扱い通貨が非常に限られていた場合には、それ以外の仮想通貨が9月12日までに大量に売却されることになる可能性があります。

「Binance.com」の大きな特徴の一つは、"取り扱う仮想通貨の豊富さ"でもあるため、既存のバイナンスユーザーは多くのアルトコインを「Binance.com」で保有していると予想されます。それらのコインが取引できなくなるのであれば、多くのユーザーは事前にコインを売却することになるでしょう。もしそうなった場合には仮想通貨の価格にも影響が出ると予想されるため、アルトコインを保有している方は注意が必要です。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は今回の発表についてTwitter上で「長期的利益のためには短期的な痛みも必要だ」と説明し、「我々は長期的利益のために常に短期的な痛みを振り返る」と語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

チリーズ(Chiliz/CHZ)トルコに「Sociosの子会社」設立|市場開拓を加速

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

次世代型「STO取引所システム」共同開発へ:アーリーワークス×スタンダードキャピタル

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

XRPL Labs創設者:XRP Ledger用いた「NFT(Non-Fungible Token)」を提案

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

Coincheck IEO開始記念:1万円相当のPLTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

Coincheck IEO開始記念:1万円相当のPLTが当たる「フォロー&リツイートキャンペーン」開始

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

Coinbase Commerce「ドージコイン(DOGE)」をサポート|合計7銘柄に対応

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

コインチェック「購入申込みで1万円相当のPLTが当たるキャンペーン」開始

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す