仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、米国の規制を遵守するために「Binance.com」におけるアメリカユーザー向けのサービスを2019年9月12日から停止することを発表しました。これにより、同取引所の米国ユーザーは本日発表された新しい仮想通貨取引所「Binance US」に移行していくことになると考えられますが、場合によっては仮想通貨の価格にも影響が出る可能性があるため注意が必要です。

こちらから読む:米国向けの新たな取引所を発表「BINANCE」関連ニュース

Binance.com:米国ユーザー向けのサービス停止へ

BINANCE(バイナンス)は、2019年6月14日に"BINANCEのユーザー利用規約"を更新し「米国ユーザー向けのサービスを停止する」という新しい制限を追加しました。

これにより、米国のBINANCEユーザーは、2019年9月12日から仮想通貨取引所「Binance.com」における取引と入金ができなくなります。入金と取引はできないものの、自分のアカウントで保有している仮想通貨へのアクセスと出金はできるようになっているため、徐々に米国ユーザー向けのサービスが停止されていくことになります。

バイナンスは本日14日に、複数のメディア向けにプレスリリースを送り、米国向けの仮想通貨取引所「Binance US」を新しく開設することを発表しました。今回の利用規約更新はこの「Binance US」の立ち上げに関連したものであり、米国の規制を遵守した上で仮想通貨取引サービスを提供していくために従来の「Binance.com」での米国向けサービスを停止して、新しい「Binance US」でのサービスにユーザーを移していく計画だと考えられます。

サービス停止に伴う「価格変動」にも注意?

仮想通貨取引所「Binance.com」における米国ユーザー取引高は20%〜30%にものぼるため、米国ユーザー向けのサービスが停止された場合には、バイナンスの取引量も大幅に低下すると考えられます。しかしそのタイミングで「Binance US」が立ち上げられていれば、バイナンスが提供するサービス全体では取引量の低下を抑えることができると考えられます。

この決定によって米国のバイナンスユーザーは「Binance US」へと移行していくことになると考えられますが、「Binance US」で取り扱われる仮想通貨がどれほどあるのか?は今のところ明らかになっていないため、もしも「Binance US」での取り扱い通貨が非常に限られていた場合には、それ以外の仮想通貨が9月12日までに大量に売却されることになる可能性があります。

「Binance.com」の大きな特徴の一つは、"取り扱う仮想通貨の豊富さ"でもあるため、既存のバイナンスユーザーは多くのアルトコインを「Binance.com」で保有していると予想されます。それらのコインが取引できなくなるのであれば、多くのユーザーは事前にコインを売却することになるでしょう。もしそうなった場合には仮想通貨の価格にも影響が出ると予想されるため、アルトコインを保有している方は注意が必要です。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は今回の発表についてTwitter上で「長期的利益のためには短期的な痛みも必要だ」と説明し、「我々は長期的利益のために常に短期的な痛みを振り返る」と語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

XRP用いた音楽配信プラットフォーム「XSongs」ベータ版公開

XRP用いた音楽配信プラットフォーム「XSongs」ベータ版公開

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

世界初、空港内のショップで仮想通貨決済を導入したオーストラリア

世界初、空港内のショップで仮想通貨決済を導入したオーストラリア

リップル(XRP)が1位獲得 ー 1ドル以下で購入できる「最良の仮想通貨」WeissRatings

リップル(XRP)が1位獲得 ー 1ドル以下で購入できる「最良の仮想通貨」WeissRatings

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

ブロックチェーン基盤の電子署名システム「電子実印」無料提供を開始

Redditのフォートナイト・仮想通貨トークン、早くも「アドレス数10,000」を突破

Redditのフォートナイト・仮想通貨トークン、早くも「アドレス数10,000」を突破

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

eスポーツトーナメントで独自仮想通貨「AFAVC」発行へ:アルゼンチンサッカー協会

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

eスポーツ×ブロックチェーンのTVアプリ「THETA.tv」Galaxyデバイスに搭載へ

eスポーツ×ブロックチェーンのTVアプリ「THETA.tv」Galaxyデバイスに搭載へ

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

BINANCE:中国ドメイン「.cn」のウェブサイト公開

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Telegramは「ビットコイン取引機能」を導入すべき|Michael Novogratz氏が提案

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

ザイフ:スマホ向けアプリ「Zaif Exchange」公開|期間限定キャンペーンも開催

ザイフ:スマホ向けアプリ「Zaif Exchange」公開|期間限定キャンペーンも開催

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

Google:Chrome拡張機能の「仮想通貨関連詐欺アプリ」を一斉削除|新ルールも導入

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

ドイツのブロックチェーン企業「Gapless」ポルシェなどから合計6億円の資金調達

インド市場に春到来か|中央銀行、仮想通貨関連の口座開設「禁止事項はない」と明言

インド市場に春到来か|中央銀行、仮想通貨関連の口座開設「禁止事項はない」と明言

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す