仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、米国の規制を遵守するために「Binance.com」におけるアメリカユーザー向けのサービスを2019年9月12日から停止することを発表しました。これにより、同取引所の米国ユーザーは本日発表された新しい仮想通貨取引所「Binance US」に移行していくことになると考えられますが、場合によっては仮想通貨の価格にも影響が出る可能性があるため注意が必要です。

こちらから読む:米国向けの新たな取引所を発表「BINANCE」関連ニュース

Binance.com:米国ユーザー向けのサービス停止へ

BINANCE(バイナンス)は、2019年6月14日に"BINANCEのユーザー利用規約"を更新し「米国ユーザー向けのサービスを停止する」という新しい制限を追加しました。

これにより、米国のBINANCEユーザーは、2019年9月12日から仮想通貨取引所「Binance.com」における取引と入金ができなくなります。入金と取引はできないものの、自分のアカウントで保有している仮想通貨へのアクセスと出金はできるようになっているため、徐々に米国ユーザー向けのサービスが停止されていくことになります。

バイナンスは本日14日に、複数のメディア向けにプレスリリースを送り、米国向けの仮想通貨取引所「Binance US」を新しく開設することを発表しました。今回の利用規約更新はこの「Binance US」の立ち上げに関連したものであり、米国の規制を遵守した上で仮想通貨取引サービスを提供していくために従来の「Binance.com」での米国向けサービスを停止して、新しい「Binance US」でのサービスにユーザーを移していく計画だと考えられます。

サービス停止に伴う「価格変動」にも注意?

仮想通貨取引所「Binance.com」における米国ユーザー取引高は20%〜30%にものぼるため、米国ユーザー向けのサービスが停止された場合には、バイナンスの取引量も大幅に低下すると考えられます。しかしそのタイミングで「Binance US」が立ち上げられていれば、バイナンスが提供するサービス全体では取引量の低下を抑えることができると考えられます。

この決定によって米国のバイナンスユーザーは「Binance US」へと移行していくことになると考えられますが、「Binance US」で取り扱われる仮想通貨がどれほどあるのか?は今のところ明らかになっていないため、もしも「Binance US」での取り扱い通貨が非常に限られていた場合には、それ以外の仮想通貨が9月12日までに大量に売却されることになる可能性があります。

「Binance.com」の大きな特徴の一つは、"取り扱う仮想通貨の豊富さ"でもあるため、既存のバイナンスユーザーは多くのアルトコインを「Binance.com」で保有していると予想されます。それらのコインが取引できなくなるのであれば、多くのユーザーは事前にコインを売却することになるでしょう。もしそうなった場合には仮想通貨の価格にも影響が出ると予想されるため、アルトコインを保有している方は注意が必要です。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は今回の発表についてTwitter上で「長期的利益のためには短期的な痛みも必要だ」と説明し、「我々は長期的利益のために常に短期的な痛みを振り返る」と語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーンで「運転免許証」をデジタル化:豪ニューサウスウェールズ州

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ブロックチェーン・仮想通貨を用いたベーシックインカムアプリ「Circles」公開

ビットコインSVの「半減期」到来|BSV価格への影響は?

ビットコインSVの「半減期」到来|BSV価格への影響は?

チェーンリンク:時価総額ランキング「5位」に浮上|LINK価格も高騰中

チェーンリンク:時価総額ランキング「5位」に浮上|LINK価格も高騰中

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

カンボジア中央銀行:CBDC「Bakong(バコン)」運用開始|日本企業が共同開発

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す