ユニセフ、仮想通貨マイニングでシリア難民を支援

by BITTIMES   

国連児童基金(ユニセフ)はシリア難民1350万人を支援するため、マイニング(採掘)を活用して募金を集めるプロジェクト「ゲームチェンジャーズ」を開始しました。

このプロジェクトは主に仮想通貨マイニングが可能な高スペックなグラフィックカードを持つPCゲーマーに焦点を当てて参加を募っています。
参加するためには、パソコンにマイニング用ソフトウェア「Claymore」をインストールする必要があります。
協力者がパソコンを使っていない時だけソフトが稼働するようになっており、採掘した仮想通貨の報酬をユニセフに送る仕組みとなっています。
協力者はマイニングの電気料金にあたる金額を募金する形となります。

ユニセフは「この20年で最も恐ろしい人道の危機」だと説明しており、採掘される仮想通貨は、ビットコインの次に取引規模が大きいイーサリアムとなっています。集まったイーサリアムは子供たちに提供する水や教育、医療などの費用に充てられるとのことです。

ユニセフのウェブサイトには以下のように書かれています。

「Claymoreをインストールして起動し、好きなときにマイニングしてほしい。あなたは少しの苦労もせず、1ユーロも使わずに、UNICEFのウォレットに振り込まれる資金を生成できる」

このプロジェクトは、2月2日から始まっており3月31日まで受け付けています。
なお22日の時点では、900人以上が参加しており、3,662ユーロ(約48万円)の資金が集まっています。

参加を希望される場合はこちらからどうぞ
>>unicef公式サイト GAME CHAINGERS

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

不正マイニングのマルウェア、4200以上のサイトに発見

不正マイニングのマルウェア、4200以上のサイトに発見

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

Elon Musk「ETH詐欺ボット」の問題解決へ|Dogecoin開発者がサポート

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

GMOコイン:冠協賛試合のMOM小泉佳穂選手に「1ビットコイン」贈呈

GMOコイン:冠協賛試合のMOM小泉佳穂選手に「1ビットコイン」贈呈

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説