ブロックチェーンでサッカーファンとの交流強化|パリ・サンジェルマンFC ー フランス

by BITTIMES   

ブロックチェーン技術と暗号通貨(Cryptocurrency)を利用してサッカーファンとフットボールクラブの交流をさらに深めることができるプロジェクトが開始されています。フランスを拠点とする「Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)」は、Blockchain企業である「Socios.com」と協力して、チリーズ(ChiliZ/CHZ)トークンを使用した「仮想通貨投票プラットフォーム」の活用に取り組んでいます。

こちらから読む:ブロックチェーンや仮想通貨の普及が進む「スポーツ業界」

仮想通貨投票プラットフォームでファン交流|パリ・サンジェルマン FC

Paris-Saint-Germain-FC

フランス・パリに本拠地を置くプロサッカークラブ「Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC/PSG)」は、マルタを拠点とするブロックチェーン企業「Socios.com」とパートナーシップを結び、仮想通貨を用いた「トークン化投票プラットフォーム」を通じてファンとの交流を強化しています。

このプラットフォームでは、Sociosの創設者であるAlexandre Dreyfus(アレクサンダー・ドレイファス)によって開発された「チリーズ(ChiliZ/CHZ)」トークンが使用されます。

「Socios.com」が提供するサービスは、パリ・サンジェルマン FCと世界中のファンの間に新しい交流の機会を作ることによってPSGを支援しています。PSGファンの人々は「Socios」のサービスを通じてクラブが今後展開していく様々なプロジェクトの内容や計画に投票することができるようになります。

PSGは、このプラットフォームを活用することによって、シーズン中にファンの人々から寄せられるより多くの意見に耳を傾けることができるため、これらの意見を実際に取り入れていくことによってより良いサービスを提供し、今後のビジネスを大きく発展させることができると期待されています。

パリ・サンジェルマン FCのCEOであるMarc Armstrong(マーク・アームストロング)氏は、今回のパートナーシップについて次のようにコメントしています。

常にデジタル革新の最前線に立つパリ・サンジェルマンは、仮想通貨がもたらす可能性をこの機会に活用することを決めました。この画期的な技術は、クラブ全体のビジネス戦略に重要な影響を与え、私たちがファンとの関わりを持つための方法となります。

Socios.comをパリ・サンジェルマンの家族に迎え入れることを大変うれしく思います。

ブロックチェーンで「40億人」のサッカーファンを結ぶ|Socios.com

socios

Socios.comのサービスに参加するクラブチームは「パリ・サンジェルマン FC」が初となりますが、今後はさらに多くのクラブチームがこのサービスに参加することになると予想されています。

「Socios.com」はこのサービスを通じて、世界中に点在する40億人のサッカーファンを「1,000以上のUEFAクラブ」及び「2,000以上のプロサッカーチーム」と結びつけることを目指しています。Socios.comのプラットフォームを使用することによって、世界中のクラブチームはファンから寄せられる要望やニーズを効率的に管理することができます。

Real Madrid C.F.(レアル・マドリード C.F.)は「90,000人」
FC Barcelona(FC バルセロナ)は「145,000人」のファンを持っており
FC Bayern Munich(FC バイエルン・ミュンヘン)は「290,000人」ものファンを持っています。

「Socios.com」のサービスはこのような大規模なサッカークラブにも非常に魅力的なサービスでもあるため、今後もそれらのクラブチームとのパートナーシップが発表される可能性も考えられます。
サッカー業界のビジネスに革命をもたらす可能性のあるSocios.comのプロジェクトには今後も大きな注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

イーサリアムのP2P取引所が「LocalCryptos」に改名|交換可能な仮想通貨を拡大

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

イギリスのEU離脱で「ビットコイン急騰」の可能性|主要法定通貨から大規模資金流入か

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

JPモルガンのCEO「仮想通貨について私は何も言わない方がいいだろう」

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所OKEx「Settle Network」と提携|新たに3つの法定通貨をサポート

暗号資産取引所OKEx「Settle Network」と提携|新たに3つの法定通貨をサポート

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

Cardano:残高確認用の新たな「Daedalus Shelleyウォレット」公開|開発も順調に進行中

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

NFTオークションに特化したマーケットプレイス「Los Dorados」β版公開:Factory

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

bitFlyer:毎日ビットコインが当たる「アプリ限定ログインボーナスプログラム」開始

Twitter上の暗号資産ギブアウェイ詐欺「急速に拡大」公式アカウントの乗っ取り相次ぐ

Twitter上の暗号資産ギブアウェイ詐欺「急速に拡大」公式アカウントの乗っ取り相次ぐ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

野村×Ledger×CoinShares:デジタル資産のカストディサービス「Komainu」立ち上げ

野村×Ledger×CoinShares:デジタル資産のカストディサービス「Komainu」立ち上げ

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

暗号資産取引「イスラム法の範囲内」でも容認する方針:マレーシア証券取引委員会

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

ヴィッツ×ジャスミー「地域密着型MaaS」へのブロックチェーン技術活用で提携

マネックス証券:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の「第一種会員」に入会

マネックス証券:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の「第一種会員」に入会

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す