ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

by BITTIMES

イギリス・ロンドンを拠点とするサッカークラブ「West Ham United FC(ウェストハム・ユナイテッドFC)」は、ブロックチェーンや仮想通貨を用いた"ファン参加型のチーム運営プラットフォーム"を提供している「Socios.com(ソシオスドットコム)」との提携を結んだことを発表しました。このプラットフォームに参加するチームはウェストハム・ユナイテッドで3チーム目になります。

こちらから読む:ビットコインSVがスポンサー契約「サッカー」関連ニュース

ウェストハム・ユナイテッドFCとは

West Ham United FCの画像

West Ham United FC(ウェストハム・ユナイテッドFC)は、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するロンドンのプロサッカークラブです。Hammers(ハマーズ)やIrons(アイアンズ)とも呼ばれる「ウェストハム・ユナイテッド」は、2000年までは複数の大会で優勝していたものの、2000年以降は成績が安定しておらず、現在はプレミアリーグで11位にランクしています。

以前は「歴代の監督数が最も少ない」という記録で知られていましたが、成績が安定していないためか最近では監督交代が相次いでいました。

しかし2019年4月30日の発表では、ウェストハム・ユナイテッドがファンがトークンを使用してクラブの決定に影響を与えることができるプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」に参加したことが明らかにされました。

ファントークンで「チームの決定」に投票可能

Socios.com(ソシオスドットコム)のプラットフォームは、ファンの人々がトークンを使用してクラブチームに関する様々な決定に投票で参加することができるようになっています。このプラットフォームに参加しているサッカークラブはブロックチェーンで保護された「独自の仮想通貨」を発行することができるようになっているため、ファンの人々はそのトークンを購入することによって投票権を得ることができます。

「Socios.com」の調査によると、英国のサッカーファンの54%が「クラブチームの決定にファンの人々の意見も取り入れられるべき」だと考えていることがわかっています。チームの決定に投票することができる「ファントークン」という仕組みはこのような人々の要望に適切に応えることができるものとなっています。

ウェストハム・ユナイテッドのトークン価格は今のところ正式に決定してはいないものの、すべてのファンが手頃な価格で参加できるようにするために価格も安く設定される予定だと説明されています。またこのファントークンは無料で獲得する方法もあるとのことです。

同社のプラットフォームには、すでに「Juventus FC(ユヴェントスFC)」と「Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)」も参加しているため「West Ham United FC」は3チーム目ということになります。サッカー業界では仮想通貨やブロックチェーン技術が積極的に活用されていますが、その中でも「Socios.com」のプラットフォームは今後もより多くのクラブチームに利用されていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

ポルトガル語で「ブロックチェーン技術」が学べるコース提供へ ー Blockchain Academy

ポルトガル語で「ブロックチェーン技術」が学べるコース提供へ ー Blockchain Academy

広告表示で仮想通貨がもらえる「Brave Ads」表示機能を追加|分散型ブラウザ:ブレイブ

広告表示で仮想通貨がもらえる「Brave Ads」表示機能を追加|分散型ブラウザ:ブレイブ

IBM:ブロックチェーン食品追跡ネットワーク「Food Trust」を開始

IBM:ブロックチェーン食品追跡ネットワーク「Food Trust」を開始

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Ripple技術用いた「ステーブルコイン・寄付プラットフォーム」公開:韓国SKグループ

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

Gemini:仮想通貨の保険会社「Nakamoto」を新設|世界最大の補償額を提供

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

独自ポイント「東京ユアコイン」実証実験スタート|Tポイントなどへの交換も

独自ポイント「東京ユアコイン」実証実験スタート|Tポイントなどへの交換も

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

顔認証レンタカーサービスに「ブロックチェーン技術」活用:中国Alipay

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月5日〜11日

Fidelity「ビットコインマイニング」のエンジニアを募集

Fidelity「ビットコインマイニング」のエンジニアを募集

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

仮想通貨都市「AKON CITY」建設が現実的に|著名ラッパー、セネガルでMoU締結

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

IBM「RippleNet・XRPの活用」検討中か?概念実証(PoC)進行中の可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す