ブロックチェーンで「ファン参加型」チーム運営へ:West Ham United FC ー ロンドン

by BITTIMES

イギリス・ロンドンを拠点とするサッカークラブ「West Ham United FC(ウェストハム・ユナイテッドFC)」は、ブロックチェーンや仮想通貨を用いた"ファン参加型のチーム運営プラットフォーム"を提供している「Socios.com(ソシオスドットコム)」との提携を結んだことを発表しました。このプラットフォームに参加するチームはウェストハム・ユナイテッドで3チーム目になります。

こちらから読む:ビットコインSVがスポンサー契約「サッカー」関連ニュース

ウェストハム・ユナイテッドFCとは

West Ham United FCの画像

West Ham United FC(ウェストハム・ユナイテッドFC)は、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するロンドンのプロサッカークラブです。Hammers(ハマーズ)やIrons(アイアンズ)とも呼ばれる「ウェストハム・ユナイテッド」は、2000年までは複数の大会で優勝していたものの、2000年以降は成績が安定しておらず、現在はプレミアリーグで11位にランクしています。

以前は「歴代の監督数が最も少ない」という記録で知られていましたが、成績が安定していないためか最近では監督交代が相次いでいました。

しかし2019年4月30日の発表では、ウェストハム・ユナイテッドがファンがトークンを使用してクラブの決定に影響を与えることができるプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」に参加したことが明らかにされました。

ファントークンで「チームの決定」に投票可能

Socios.com(ソシオスドットコム)のプラットフォームは、ファンの人々がトークンを使用してクラブチームに関する様々な決定に投票で参加することができるようになっています。このプラットフォームに参加しているサッカークラブはブロックチェーンで保護された「独自の仮想通貨」を発行することができるようになっているため、ファンの人々はそのトークンを購入することによって投票権を得ることができます。

「Socios.com」の調査によると、英国のサッカーファンの54%が「クラブチームの決定にファンの人々の意見も取り入れられるべき」だと考えていることがわかっています。チームの決定に投票することができる「ファントークン」という仕組みはこのような人々の要望に適切に応えることができるものとなっています。

ウェストハム・ユナイテッドのトークン価格は今のところ正式に決定してはいないものの、すべてのファンが手頃な価格で参加できるようにするために価格も安く設定される予定だと説明されています。またこのファントークンは無料で獲得する方法もあるとのことです。

同社のプラットフォームには、すでに「Juventus FC(ユヴェントスFC)」と「Paris Saint-Germain FC(パリ・サンジェルマン FC)」も参加しているため「West Ham United FC」は3チーム目ということになります。サッカー業界では仮想通貨やブロックチェーン技術が積極的に活用されていますが、その中でも「Socios.com」のプラットフォームは今後もより多くのクラブチームに利用されていくことになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

フィナンシェトークン(FNCT)「ガバナンス機能」提供開始|ステーキングで誰でも参加可能

フィナンシェトークン(FNCT)「ガバナンス機能」提供開始|ステーキングで誰でも参加可能

Huobi:米国向け仮想通貨取引サービスの「停止」を発表|利用者に資金移動求める

Huobi:米国向け仮想通貨取引サービスの「停止」を発表|利用者に資金移動求める

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

adidas:メタバース事業参入を示唆|NFTバッジ「POAP」を無料配布

ネットマーブル:独自のブロックチェーンエコシステム「MBX(MARBLEX)」を発表

ネットマーブル:独自のブロックチェーンエコシステム「MBX(MARBLEX)」を発表

Bloktopia「Chainlink・Chiliz・Algorand」と提携|月末にはアルファ版も公開

Bloktopia「Chainlink・Chiliz・Algorand」と提携|月末にはアルファ版も公開

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

注目度の高い仮想通貨ニュース

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

シバイヌ提携のD3「*SHIB Name Token」ローンチ日を発表|ShibArmy限定割引も

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

Shib Dreamの柴犬専門ニュースサイトが「日本語」に対応

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

ビットコインドックが570万ドル達成:次の一手は?

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

Astar zkEVM「デロイトトーマツ・スポーツ庁」でも技術活用|NFT開発ツールを拡張

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す