韓国通信大手KT:ブロックチェーンベースの「カード型デジタル通貨」展開へ

by BITTIMES   

韓国最大の通信事業者である「KT」が、釜山地域で発行されるブロックチェーンベースのデジタル通貨「동백전」の運営代行事業者に選定されたことが地元メディアの報道で明らかになりました。この通貨は"ブロックチェーンベースのカード型デジタル通貨"であるとされており、2019年12月30日に公開される予定だと伝えられています。

こちらから読む:中国詐欺集団、115億円相当のETHを送金「仮想通貨」関連ニュース

デジタル通貨発行で「地域経済を活性化」

韓国のメディア「donga.com」の報道によると、韓国最大の通信事業者「KT」は釜山地域で発行されるデジタル通貨「동백전」の運営代行事業者に選定されたと伝えられています。KTと釜山は2019年12月30日に公式発表を行う予定だとされています。

「동백전」は、釜山の地域経済を活性化し、中小企業の経営負担を軽減するために釜山市が発行する「ブロックチェーンベースのカード型デジタル通貨」だと説明されています。

このデジタル通貨はモバイルアプリやハナ銀行・釜山銀行の窓口で発行手続きなどを行うことができるようになっており、クレジットカード端末がある釜山市内のすべての店舗で使用することができるとのことです。

但し、小規模な地元企業での支払いを促進するために、デパート・大型店舗・企業型スーパーマーケットなどでは使用が制限されると伝えられています。

仮想通貨メディア「Decyrpto」の報道によると、KTと釜山市は今年2月にブロックチェーンの使用を促進するためにデジタル通貨とデジタル決済システムの開発で合意していたと伝えられています。

>>「donga.com」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

暗号資産取引所GMOコイン「法人口座の申込受付」開始

暗号資産取引所GMOコイン「法人口座の申込受付」開始

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

韓国ソウル:ブロックチェーンなどに大規模投資を計画|2022年までに「約1,200億円」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説