Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

by BITTIMES

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨交換業に参入する可能性があることを3月23日に日本経済新聞が報じました。日経新聞によると、Yahooは子会社を通じて4月に金融庁の登録業者であるビットアルゴ取引所東京の株式の40%を取得するとのことです。両社は資本提携で合意しており、すでに金融庁にも通知しているとされています。

ヤフーの100%子会社である、外国為替証拠金(FX)取引業者のワイジェイFXがビットアルゴ社の株式の一部を取得します。
同時にビットアルゴ社がワイジェイ社に第三者割当増資を行い、計40%の株式を保有するとされており、取得額は約20億円とのことです。

仮想通貨の取引に必要なシステム整備などを行なった後、2019年の春に追加出資を検討する予定とのことで、ヤフーのグループ会社が追加で株式を購入する予定となっています。

金融庁に申請して登録が完了するまでには年単位の時間がかかるため、Yahooが実際に仮想通貨市場に参入するのは2019年の4月以降になるとみられています。

今年の4月移行にワイジェイ社からビットアルゴ社に経営幹部やシステムに詳しい人材を複数人送る予定となっており、その後1年程度をかけて仮想通貨交換業に必要なシステムの更新などを行い、顧客管理や内部管理など企業統治の体制を整える予定とされています。

また日経XTECHの報道によると、ヤフーは問い合わせに対して「出資の可能性を含めてビットアルゴ取引所東京と交渉しているのは事実だが、決定した事柄はない」と回答したとのことです。

(引用元:日本経済新聞/日経XTECH

(追記:3月25日)
この報道内容は後にビットアルゴ社が否定しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始時期の延期を発表

SBIバーチャルカレンシーズがサービス開始時期の延期を発表

「Sコインプラットフォーム」とは?

「Sコインプラットフォーム」とは?

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

SBIが大手仮想通貨メディアCoinDeskと業務提携

SBIが大手仮想通貨メディアCoinDeskと業務提携

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

仮想通貨取引所で最もおすすめの1社【初心者専用】

仮想通貨取引所で最もおすすめの1社【初心者専用】

注目度の高い仮想通貨ニュース

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

コインチェックがマネックスの出資を受け入れる

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

コインチェックをマネックスグループが買収?

コインチェックをマネックスグループが買収?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

ファミリーマートと富士通がブロックチェーンを活用した実証実験

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す