リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

by BITTIMES

Ripple(リップル)社が慈善財団サービスや電子金融サービスに関連した商標として「RIPPLE IMPACT(リップル・インパクト)」および「RIPPLEX」という2つの商標を米国特許商標庁(USPTO)に申請していることが明らかになりました。

こちらから読む:コインチェック、国内初の"IEO"実施へ「暗号資産」関連ニュース

「RIPPLEX™」と「RIPPLE IMPACT™」の商標申請

Ripple(リップル)社は仮想通貨XRPや分散型台帳技術を用いた国際送金サービスを提供している米国のフィンテック企業として知られており、すでに「RippleNet(リップルネット)」や「PayID」などといった様々な商標を申請しています。

これらの商標の多くは既に仮想通貨業界でも広く知られていますが、米国で特許・商標の権利を付与する権限を有している機関である「米国特許商標庁(USPTO)」が公開している情報によると、Ripple社は2020年8月に新しく「RIPPLE IMPACT™」と「RIPPLEX™」と呼ばれる商標を申請していると報告されています。

電子金融サービスに関連する「RIPPLEX™」

(画像:USPTO)(画像:USPTO)

「RIPPLEX™」は2020年8月11日に提出された商標であり、「電子金融サービス」のカテゴリーに関連するサービスの商標であるとされています。この商標は「コンピューターネットワークを介して法定通貨と仮想通貨で送受金を行う金融サービス」や「コンピューターネットワークを介して法定通貨と仮想通貨を交換するための金融サービス」を対象としていると説明されています。

慈善財団サービスに関連する「RIPPLE IMPACT™」

(画像:USPTO)(画像:USPTO)

「RIPPLE IMPACT™」は2020年8月19日に提出された商標であり、「慈善財団サービス」のカテゴリーに関連するサービスの商標であるとされています。この商標は「資金調達活動・追加資金・資金改善資金・奨学金」や「金融技術分野における他者のプログラムとサービスに対する財政支援を提供すること」に関連していると説明されています。

Ripple社がこれまでに申請した商標は全部で54種類あるとされていますが、これら2つの商標は最も新しいものである報告されています。各商標やサービスに関する詳細情報は明らかにされていないものの、将来的には「RIPPLEX™」と「RIPPLE IMPACT™」に関連する新サービスの発表があると予想されるため、今後の発表にも注目です。

>>「Ripple社の商標一覧」はこちら

2020年8月25日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月2日に34円台まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年8月25日時点では「1XRP=30.42円」で取引されています。

2020年5月27日〜2020年8月25日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月27日〜2020年8月25日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

BINANCE:オプション取引に「ETH・XRP」を新規追加

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

韓国政府:暗号資産の新たな税金制度導入「2022年1月まで延期する」と決定

韓国政府:暗号資産の新たな税金制度導入「2022年1月まで延期する」と決定

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

adidas:ブロックチェーンも扱うデジタル完結型ファッションスタジオ「The Fabricant」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

【Cardano/ADA】資金提供を受ける「11のプロジェクト」が決定|日本関連の提案も多数

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

韓国大手投資会社NXC:暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」買収へ

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す