リップル社:金融・慈善関連で2つの商標「RIPPLEX・RIPPLE IMPACT」を申請

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社が慈善財団サービスや電子金融サービスに関連した商標として「RIPPLE IMPACT(リップル・インパクト)」および「RIPPLEX」という2つの商標を米国特許商標庁(USPTO)に申請していることが明らかになりました。

「RIPPLEX™」と「RIPPLE IMPACT™」の商標申請

Ripple(リップル)社は仮想通貨XRPや分散型台帳技術を用いた国際送金サービスを提供している米国のフィンテック企業として知られており、すでに「RippleNet(リップルネット)」や「PayID」などといった様々な商標を申請しています。

これらの商標の多くは既に仮想通貨業界でも広く知られていますが、米国で特許・商標の権利を付与する権限を有している機関である「米国特許商標庁(USPTO)」が公開している情報によると、Ripple社は2020年8月に新しく「RIPPLE IMPACT™」と「RIPPLEX™」と呼ばれる商標を申請していると報告されています。

電子金融サービスに関連する「RIPPLEX™」

(画像:USPTO)(画像:USPTO)

「RIPPLEX™」は2020年8月11日に提出された商標であり、「電子金融サービス」のカテゴリーに関連するサービスの商標であるとされています。この商標は「コンピューターネットワークを介して法定通貨と仮想通貨で送受金を行う金融サービス」や「コンピューターネットワークを介して法定通貨と仮想通貨を交換するための金融サービス」を対象としていると説明されています。

慈善財団サービスに関連する「RIPPLE IMPACT™」

(画像:USPTO)(画像:USPTO)

「RIPPLE IMPACT™」は2020年8月19日に提出された商標であり、「慈善財団サービス」のカテゴリーに関連するサービスの商標であるとされています。この商標は「資金調達活動・追加資金・資金改善資金・奨学金」や「金融技術分野における他者のプログラムとサービスに対する財政支援を提供すること」に関連していると説明されています。

Ripple社がこれまでに申請した商標は全部で54種類あるとされていますが、これら2つの商標は最も新しいものである報告されています。各商標やサービスに関する詳細情報は明らかにされていないものの、将来的には「RIPPLEX™」と「RIPPLE IMPACT™」に関連する新サービスの発表があると予想されるため、今後の発表にも注目です。

>>「Ripple社の商標一覧」はこちら

2020年8月25日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月2日に34円台まで回復したものの、その後はやや下落しており、2020年8月25日時点では「1XRP=30.42円」で取引されています。

2020年5月27日〜2020年8月25日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年5月27日〜2020年8月25日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NIKE × RTFKT:最新技術搭載Web3スニーカー「Cryptokicks iRL」を発表

NIKE × RTFKT:最新技術搭載Web3スニーカー「Cryptokicks iRL」を発表

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

ビットコイン「バブル崩壊」は近い?暴落予想を的中させたベテラントレーダーが警告

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

タイ銀行は国際送金サービスにユーロとポンドを追加

タイ銀行は国際送金サービスにユーロとポンドを追加

中国の京東クラウド「JD Cloud」がHuobiとブロックチェーン開発で提携

中国の京東クラウド「JD Cloud」がHuobiとブロックチェーン開発で提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

K9 Finance DAO「4億1,000万KNINEトークンのバーン提案」で投票実施

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

Coinbase:ビットコインの「ライトニングネットワーク」を正式サポート

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

カルダノDEX「SundaeSwap v3」メインネットローンチ迫る|取引処理速度が10倍に

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

バイナンスジャパン「日本円取引ペア」を大幅拡充|4種類の仮想通貨を新規追加

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

カルダノ基盤の分散型取引所「SundaeSwap v3」リリース|指値注文でステーキング報酬も

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す