Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

by BITTIMES   

Ripple(リップル)は2020年6月18日に、暗号資産・ブロックチェーン業界をリードする複数の大手企業や金融機関・非営利団体が参加する「Open Payments Coalition」と協力して構築された世界共通の送金ID「PayID」を発表しました。「PayID」は異なるサービス間でも手軽に送金できる仕組みを実現する送金IDであり、送受金サービスを手掛ける全ての企業が簡単に導入できるように設計されています。

こちらから読む:Ripple社CEO、ブラジル中銀総裁と非公開会議「Ripple」関連ニュース

「PayID」とは

PayID-logo

PayIDは「Ripple(リップル)社」や暗号資産・ブロックチェーン業界を代表する大手企業や金融機関・非営利団体などが参加する「Open Payments Coalition」が協力して立ち上げたオープンソースの支払い識別子であり「異なる企業のサービス間などでも手軽に送金することができる世界共通の送金ID」として機能します。

Eメールなどのサービスではメールサービスを提供する企業が違う場合でも相互にメッセージを送信することができますが、送金・決済などの分野では対応している特定のサービス間でしかお金を送金することができませんでした。

「PayID」はこのような問題を解決するための送金IDであり「銀行口座・銀行支店コード・クレジットカード番号」などといった"複雑なアカウント番号"を「理解しやすく、覚えやすく、入力さえしやすい単純な名前(ID)」に置き換えることによって、あらゆる送金ネットワークでの送受金を可能にします。

また「PayID」は、リップル社のグローバル決済ネットワークである「RippleNet(リップルネット)」にも統合されており、RippleNetを用いたクロスボーダー決済にさらなる相互運用性をもたらしています。

現在は多くの人々が、異なる銀行口座や送金アプリ間で送金を行う際にストレスや不便さを経験していますが、「PayID」を使用すれば利用するプロバイダーを問わずに家族や友人にメールを送るのと同じように簡単に送金することができると説明されています。

「PayID」の使い方「PayID」の使い方

ユニバーサルな送金ID「PayID」ユニバーサルな送金ID「PayID」

「PayID」のデモ「PayID」のデモ

「Open Payments Coalition」とは

「PayID」の開発に取り組んでいる「Open Payments Coalition」は、送金分野における独自規格やサイロ化した現状を打破し、デジタル決済の採用を加速させて世界中の送金方法を変革すること目指している団体であり、全世界で1億人以上の利用者にサービスを提供している40以上のグローバル企業と非営利団体が参加しています。

「Open Payments Coalition」の創設メンバーには「BitGoBitPayBraveCoilHuobi」などといった大手暗号資産取引所・カストディアン・ウォレットプロバイダーなどを含む合計44の企業・団体が含まれています。「Open Payments Coalition」の創設メンバーリストは以下のようになっています。

【Open Payments Coalitionの創設メンバー】
BitBNS、BitGo、BitPay、Bitrue、Bitso、Bitstamp、Blockchain.com、Brave、BRD、BTC Markets、CARE、CipherTrace、Coil、CoinField、Coinme、Coinone、Coins.ph、Crypto.com、DeeMoney、Dharma、Dwolla、FlashFX、Flutterwave、Forte、GateHub、GiveDirectly、The Giving Block、globaliD、GoPay、Huobi、Independent Reserve、Liquid、Mercury FX、Mercy Corps、ModusBox、PolySign、Standard Chartered Ventures、Sygnum、Tangem、TRISA、Unstoppable Domains、Uphold、Wyre、XUMM

「世界初のグローバル統一規格」として注目

金融業界では国際標準となる送金・決済サービスの開発が常に続けられており、ネットワークを超えた個々のサービスとの連携が図られていますが、世界的に普及・採用されている標準的なサービスはまだ確立されていません。

PayIDは、従来の閉鎖的な送金ネットワークを統合することによって送金分野最大の課題を解決する「初のグローバル統一規格」として、様々な業界の企業から支持されているため、「PayID」が広く普及することによって、世界中で提供されている様々な送金・決済サービスに相互運用性がもたらされ、より気軽に様々な資産を送金できる環境が構築されると期待されます。

Ripple社は『PayIDは銀行・決済サービスプロバイダー/プロセッサー・デジタルウォレット・送金サービスプロバイダーなどといった"送受金サービスを手掛ける全ての企業向け"に設計されているため、企業は簡単にPayIDを導入することができ、より多くのネットワーク・利用者・通貨にアクセスして、事業をグローバルに拡大することができる』と説明しています。

また『PayIDは大手金融機関・グローバルな非営利団体・配車アプリ・ネオバンクなどといったあらゆる業種・業界での利用を想定して開発されており、セキュリティとプライバシーのニーズに応えるオープンソースかつ無償の規格である』とされている他『米FinCEN(金融犯罪捜査網)の要件とFATF(金融活動作業部会)の勧告の両方を満たすため、包括的なトラベルルールに準拠するソリューションも提供する』と説明されているため、今後は世界中の様々なサービスで採用されていく可能性があると予想されます。

「PayIDの詳細情報・利用方法」などは以下の公式サイトから確認することができます。
>>「PayID」の公式サイトはこちら
>>「Ripple社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

ブロックチェーン電子署名用いた「携帯電話の保険補償サービス」提供へ:SKテレコム

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

エルサルバドル政府:2021年12月21日21時21分21秒に「21BTC」を追加購入

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

Mastercard「初のNFT作品」を発行|ASローマ・モウリーニョ監督のサイン入り

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

北京警察:中国の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖|関係者10名以上を逮捕

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

OpenSea(オープンシー)の「登録・初期設定方法」画像付きでわかりやすく解説

OpenSea(オープンシー)の「登録・初期設定方法」画像付きでわかりやすく解説

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

eToro:メタバース関連の暗号資産・株式ポートフォリオ「MetaverseLife」を発表

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

米中小銀行のビットコイン取引サービス「2022年上半期」に提供開始か=報道

パ・リーグ Exciting Moments β「第2弾ラインナップ」2021年1月1日に発売へ

パ・リーグ Exciting Moments β「第2弾ラインナップ」2021年1月1日に発売へ

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Walmart「NFT・メタバースなどに関する商標登録」を申請|暗号資産発行の可能性も

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

Enjin:高層ビル型メタバース「Bloktopia(BLOK)」に新本部開設へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す