XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の製品担当ディレクターであるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏は2020年7月25日に、仮想通貨エックスアールピー(XRP)を使用したピアツーピア(P2P)決済プラットフォームである「Payburner(ペイバーナー)」のベータ版が公開されたことを発表しました。

こちらから読む:XRP Ledgerの匿名化に関する研究を支援「Ripple/XRP」関連ニュース

Payburner(ペイバーナー)とは

Payburner(ペイバーナー)は、仮想通貨エックスアールピー(XRP)をブラウザ上で管理することができる自己管理型のXRPウォレットであり、XRPを保管できるだけでなく、ユーザー間で直接XRPを送受金したり、オンラインサービスの支払いでXRPを使用したりすることができるように設計されています。

このウォレットはブラウザ上で利用可能なベータ版の拡張機能として提供されており、記事執筆時点では「Chrome(クローム)」と「Brave(ブレイブ)」向けのバージョンがリリースされています(Firefox・iOS・Android版もリリース予定)。

「Payburner」は、支払い・送金に優れた仮想通貨であるXRPを活用して優れた持続可能な決済プラットフォームを構築することを目標としており、ユーザーがより気軽に安心してXRPを利用できるようにするために、以下のような様々な機能が搭載されています。

暗号資産の送受金・保管

Payburner(ペイバーナー)は一般的な仮想通貨ウォレットのようにXRPを保管・送金・受金することができます。XRPはその他の暗号資産に比べると、送金速度が圧倒的に速く、送金手数料もわずかであるため、世界中の人々に迅速かつ安い手数料でXRPを送金することが可能です。

ワンクリック決済

Payburner(ペイバーナー)はオンラインサイトなどでの決済手段としても利用することができるようになっており、「決済ボタン」はどのWEBサイトでも簡単に設置することができると説明されています。また、支払いは"ワンクリック"で完了するとも説明されています。

PayIDを用いて簡単送金

Payburner(ペイバーナー)で作成したアカウントは、Ripple社が今年6月に発表した世界共通の送金ID「PayID」として自動的に登録されることになっています。

PayIDは"複雑なウォレットアドレス"などを入力せずに、簡単なID情報で資産を送金できる仕組みとなっているため、Payburnerでも「送金先のID」と「送金するXRP数量」を入力して「SEND(送金)」をクリックするだけで簡単にXRPを送金できるようになっています。

(画像:Craig DeWitt氏Medium)(画像:Craig DeWitt氏Medium)

支払い請求機能

Payburner(ペイバーナー)には、相手に支払いをリクエストすることができる「支払い請求機能」も搭載されているため、請求したい相手を選んでメッセージと共に支払い請求を送ることも可能となっています。

また将来的にはこの「支払いリクエスト機能」を拡張して、Payburnerユーザーだけでなく、全てのPayIDにリクエストを送信できるようにする予定だと説明されています。

(画像:Craig DeWitt氏Medium)(画像:Craig DeWitt氏Medium)

PayIDを用いたアカウント検索機能

Payburner(ペイバーナー)には、PayIDを使用して他のユーザーを探すことができる「アカウント検索機能」も搭載されています。現在はこの機能を使用することによって「他のPayburnerユーザー」を見つけることができるようになっていますが、今後はこの機能を拡張することによって、PayIDを使用してTwitterアカウントなどでも検索できるようにする予定だと報告されています。

(画像:Craig DeWitt氏Medium)(画像:Craig DeWitt氏Medium)

自己管理型のノンカストディ・ウォレット

Payburner(ペイバーナー)はユーザーが自分自身で秘密鍵などのアカウント管理情報を管理する「ノン・カストディアル・ウォレット」となっているため、利用者は自分の資産を自己管理することができます。

逆を言えばPayburner側はユーザーのパスワード情報などにアクセスすることができないため、Payburner利用者は自分自身でしっかりと「jsonアカウントファイル」を管理する必要があります。もしもアカウント情報を紛失してしまった場合などには、自分の資産にアクセスできなくなってしまうため、アカウント情報の管理に自信がない場合は利用しない方が良いと考えられます。

仮想通貨XRPがもっと身近な存在に

Payburner(ペイバーナー)は現在ベータ版となっているため、利用できる計画されている全ての機能は提供されていませんが、今後開発が進んで全ての機能が利用できるようになれば、PCブラウザやスマートフォンアプリなどで気軽にXRPを送受金できるようになると期待されます。

XRPは元々送金に適した暗号資産であるため、「Payburner」が普及して、「PayID」の利用者数も増加すれば、日常生活の様々な場面でXRPを使用することができるようになり、送金・支払いがさらに便利になると予想されます。

Payburner(ペイバーナー)の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「Payburner」の公式サイトはこちら
>>「Craig DeWitt氏」の発表はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Jack Dorsey:ブロックチェーンの可能性と「Twitter」への応用について語る

Jack Dorsey:ブロックチェーンの可能性と「Twitter」への応用について語る

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

Walmart:ブロックチェーンを食品の衛生管理に活用|レタスの安全性を向上

Walmart:ブロックチェーンを食品の衛生管理に活用|レタスの安全性を向上

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

タイ銀行:一般消費者向け中央銀行デジタル通貨のテスト「2022年開始」を予定

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

RealPayギフト:選べるギフトに「ビットコイン」を追加|ビットフライヤーと提携

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

カルダノ(Cardano/ADA)開発企業「公式サイトが日本語対応」Input Output

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

c0ban取引所:1万円以上の入金で「2,000円相当のRYO」がもらえるキャンペーン開始

c0ban取引所:1万円以上の入金で「2,000円相当のRYO」がもらえるキャンペーン開始

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す