XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の製品担当ディレクターであるCraig DeWitt(クレイグ・デウィット)氏は2020年7月25日に、仮想通貨エックスアールピー(XRP)を使用したピアツーピア(P2P)決済プラットフォームである「Payburner(ペイバーナー)」のベータ版が公開されたことを発表しました。

こちらから読む:XRP Ledgerの匿名化に関する研究を支援「Ripple/XRP」関連ニュース

Payburner(ペイバーナー)とは

Payburner(ペイバーナー)は、仮想通貨エックスアールピー(XRP)をブラウザ上で管理することができる自己管理型のXRPウォレットであり、XRPを保管できるだけでなく、ユーザー間で直接XRPを送受金したり、オンラインサービスの支払いでXRPを使用したりすることができるように設計されています。

このウォレットはブラウザ上で利用可能なベータ版の拡張機能として提供されており、記事執筆時点では「Chrome(クローム)」と「Brave(ブレイブ)」向けのバージョンがリリースされています(Firefox・iOS・Android版もリリース予定)。

「Payburner」は、支払い・送金に優れた仮想通貨であるXRPを活用して優れた持続可能な決済プラットフォームを構築することを目標としており、ユーザーがより気軽に安心してXRPを利用できるようにするために、以下のような様々な機能が搭載されています。

暗号資産の送受金・保管

Payburner(ペイバーナー)は一般的な仮想通貨ウォレットのようにXRPを保管・送金・受金することができます。XRPはその他の暗号資産に比べると、送金速度が圧倒的に速く、送金手数料もわずかであるため、世界中の人々に迅速かつ安い手数料でXRPを送金することが可能です。

ワンクリック決済

Payburner(ペイバーナー)はオンラインサイトなどでの決済手段としても利用することができるようになっており、「決済ボタン」はどのWEBサイトでも簡単に設置することができると説明されています。また、支払いは"ワンクリック"で完了するとも説明されています。

PayIDを用いて簡単送金

Payburner(ペイバーナー)で作成したアカウントは、Ripple社が今年6月に発表した世界共通の送金ID「PayID」として自動的に登録されることになっています。

PayIDは"複雑なウォレットアドレス"などを入力せずに、簡単なID情報で資産を送金できる仕組みとなっているため、Payburnerでも「送金先のID」と「送金するXRP数量」を入力して「SEND(送金)」をクリックするだけで簡単にXRPを送金できるようになっています。

(画像:Craig DeWitt氏Medium)(画像:Craig DeWitt氏Medium)

支払い請求機能

Payburner(ペイバーナー)には、相手に支払いをリクエストすることができる「支払い請求機能」も搭載されているため、請求したい相手を選んでメッセージと共に支払い請求を送ることも可能となっています。

また将来的にはこの「支払いリクエスト機能」を拡張して、Payburnerユーザーだけでなく、全てのPayIDにリクエストを送信できるようにする予定だと説明されています。

(画像:Craig DeWitt氏Medium)(画像:Craig DeWitt氏Medium)

PayIDを用いたアカウント検索機能

Payburner(ペイバーナー)には、PayIDを使用して他のユーザーを探すことができる「アカウント検索機能」も搭載されています。現在はこの機能を使用することによって「他のPayburnerユーザー」を見つけることができるようになっていますが、今後はこの機能を拡張することによって、PayIDを使用してTwitterアカウントなどでも検索できるようにする予定だと報告されています。

(画像:Craig DeWitt氏Medium)(画像:Craig DeWitt氏Medium)

自己管理型のノンカストディ・ウォレット

Payburner(ペイバーナー)はユーザーが自分自身で秘密鍵などのアカウント管理情報を管理する「ノン・カストディアル・ウォレット」となっているため、利用者は自分の資産を自己管理することができます。

逆を言えばPayburner側はユーザーのパスワード情報などにアクセスすることができないため、Payburner利用者は自分自身でしっかりと「jsonアカウントファイル」を管理する必要があります。もしもアカウント情報を紛失してしまった場合などには、自分の資産にアクセスできなくなってしまうため、アカウント情報の管理に自信がない場合は利用しない方が良いと考えられます。

仮想通貨XRPがもっと身近な存在に

Payburner(ペイバーナー)は現在ベータ版となっているため、利用できる計画されている全ての機能は提供されていませんが、今後開発が進んで全ての機能が利用できるようになれば、PCブラウザやスマートフォンアプリなどで気軽にXRPを送受金できるようになると期待されます。

XRPは元々送金に適した暗号資産であるため、「Payburner」が普及して、「PayID」の利用者数も増加すれば、日常生活の様々な場面でXRPを使用することができるようになり、送金・支払いがさらに便利になると予想されます。

Payburner(ペイバーナー)の詳細は以下の公式サイトで確認することができます。
>>「Payburner」の公式サイトはこちら
>>「Craig DeWitt氏」の発表はこちら

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinBest(コインベスト)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

Justin Sun:Tesla車のプレゼント企画を発表「22億円現金エアドロップ」も予定

ビットコインで宇宙旅行できる日も遠くない「Virgin Galactic」が有人飛行テストに成功

ビットコインで宇宙旅行できる日も遠くない「Virgin Galactic」が有人飛行テストに成功

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

ビットコインで不動産購入「イエリーチBTC決済」公開へ:ネクサスエージェント

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

CoinMarketCap「Chiliz関連ファントークンのカテゴリ」を追加|一覧表示が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す