テックビューロ「AWS Marketplace」の登録完了|mijin Catapult(2.0)提供へ

by BITTIMES

テックビューロホールディングス株式会社は2020年9月30日に、Amazon(アマゾン)が提供しているクラウドサービス「AWS Marketplace」に、日本法人として初めてパートナー登録を完了した1社になったことを発表しました。テックビューロはこの発表にあわせて大幅なアップグレードを実現した「mijin Catapult(2.0)」の提供を開始したことも報告しています。

こちらから読む:CoinBest、新規口座開設の申込受付を開始「国内ニュース」

「AWS Marketplace」のパートナー登録を完了

Amazon(アマゾン)が提供する「AWS Marketplace」は、Amazon Web Services(AWS)上で実行されるソフトウェアやサービスを見つけて購入し、すぐに使用することができるオンラインソフトウェアストアであり、ユーザーがソリューションを構築してビジネスを運営するために必要なサードパーティーのソフトウェア・データ・サービスを簡単に検索・購入・デプロイ・管理することができるように設計されています。

アマゾンジャパン合同会社は本日2020年9月30日に「AWS Marketplace」が日本法人のソフトウェアベンダー登録を開始したことを発表していましたが、テックビューロホールディングス株式会社は今回の発表で"同社がAWS Marketplaceに日本法人として初めてパートナー登録を完了した1社になったこと"を報告しています。

テックビューロホールディングスは「AWS Marketplace」の登録を完了したソフトウェアベンダーの1社として、汎用プライベートブロックチェーンソフトウェアである「mijin Catapult(v.2)」の提供を開始したため、「AWS Marketplace」の利用者はAWS上で同社のソフトウェアを簡単に検索・テスト・調達・導入することができるようになったとされています。

mijin Catapult(v.2)について

mijin-Catapult-Logo

テックビューロが提供する「mijinブロックチェーン」は、ネム(NEM/XEM)のプロトコルを採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品であり、クラウド上や自社データセンター内に企業内や企業間で利用可能なプライベートブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアとして機能します。

このソフトウェアは、既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境の構築と実質的なゼロダウンタイム環境を実現できるように設計されており、金融機関・電子マネー・認証システム・登記システム・ロジスティクスのトラッキングなどといった幅広い分野で活用することができるようになっています。

新たに提供が開始された「mijin Catapult(v.2)」は、従来のバージョンである「mijin(v.1)」に機能・性能・仕様のすべての面でバージョンアップを施した製品となっており、『異なるブロックチェーン間でのトークン交換や複数トランザクションの一括処理を可能にするなど、課題であった処理速度・スケーラビリティの両面で大幅なグレードアップを実現している』と説明されています。

「制限付きトライアル版の無料提供」も開始

テックビューロホールディングスは今回の発表の中で、ブロックチェーン技術の導入促進を目的として「mijin Catapult(2.0)」の設計・開発イメージをより多くのAWSユーザーに体験してもらうために、一部機能を制限した"無料トライアル版"の提供を開始したことも報告しています。

無料トライアル版の「概要」と「制限事項」に関しては以下のように説明されています。

【無料トライアル版の概要】
ノード:1台のみ(DUALモード/APIノードにHarvestを有効)
デプロイ:およそ15分程度で下記構成が完成
ライセンス費:無料
インフラ費:AWS使用料として、Amazon EC2、Amazon EBS、Amazon Route53、パラメータストアの費用は発生
リージョン:世界16リージョンに提供

【無料トライアル版の制限事項】
配置:公開ネットワークのみ(IPアドレス制限は可能)
基軸通貨発行数:2,000 cat.curency
手数料:必要
バージョン:mijin Catapult(2.0)(0.9.6.4) 固定
インストール手順:https://aws.amazon.com/marketplace/pp/B08HDPWV4L

(画像:テックビューロホールディングス株式会社)(画像:テックビューロホールディングス株式会社)

「有料エンタープライズ版」の追加ローンチも予定

今回の発表では、2020年12月に予定されているシンボル(Symbol/XYM)正式版のリリースにあわせて「有料エンタープライズ版」の追加ローンチを予定していることも報告されています。

テックビューロホールディングス株式会社のCEOである朝山 貴生(あさやま たかお)氏は「AWS Marketplace」への登録や「mijin Catapult(v.2)」の提供開始について次のようにコメントしています。

AWS Marketplaceに日本法人として初めて登録するソフトウェアベンダーの1社として、汎用プライベートブロックチェーンソフトウェア「mijin Catapult(v.2)」を提供開始できることを大変嬉しく思います。

「mijin Catapult(v.2)」はプライベートブロックチェーン環境をサポートするため、お客様は認証、通信、資産管理、サプライチェーン、金融サービス、所有権などの分野における機密性の問題を解決することができます。

AWS Marketplaceを利用することで、お客様はAWS上で当社のソフトウェアを簡単に検索、テスト、調達、導入することができます。より多くのAWSのお客様にリーチし、ビジネスを成長させることを楽しみにしています。

>>「テックビューロホールディングス」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

ビットポイント:流出した仮想通貨の調達を完了「海外取引所」での被害報告も

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

20代若者の「暗号資産投資」増加傾向|将来への期待高まる【bitFlyerアンケート調査】

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

日銀・黒田総裁の「暗号資産」に対する見解はいかに?|藤巻議員の質疑に応答

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月27日〜2021年1月2日

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す