Poloniex「Symbolのエアドロップ」サポートへ|公開後はXYM取扱いも予定

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Poloniex(ポロニエックス)」は2020年12月15日に、ネム(NEM/XEM)保有者を対象として実施される予定となっている「シンボル(Symbol/XYM)のエアドロップ」をサポートする方針を発表しました。Poloniexは今回の発表の中で、2021年1月14日のSymbolメインネット公開後にXYMを上場させる予定であることも明かしています。

(追記:2021年2月24日)Symbolのメインネット公開日・スナップショット実施日が確定しました。詳しくは「こちらの記事」をご覧ください。

こちらから読む:Pornhub、決済手段は"仮想通貨のみ"に「暗号資産」関連ニュース

Poloniex「XYMエアドロップ」対応へ

Poloniex(ポロニエックス)は2020年12月15日に、NEM保有者を対象として実施される予定となっている「シンボル(Symbol/XYM)のエアドロップ」に対応する方針を明らかにしました。

シンボル(Symbol/XYM)のエアドロップでは、日本時間2021年1月14日20時07分にXEM保有量を記録するためのスナップショットが実施され、オプトイン申請を行ったウォレット保有者に対してXYMが付与される予定となっていますが、PoloniexはXYM受け取りに必要なオプトインなどの手続きを代行するため『現時点でXEM保有者は何もする必要ない』と説明しています。

ただし、スナップショットの実施に向けた準備を整えるために日本時間2021年1月14日19時00分には「XEM取引・入金・出金」が一時的に無効になると説明されています。

また、Poloniexは今回の発表の中で「2021年1月14日のSymbolメインネット公開後にXYMを上場させる予定であること」も発表しており、エアドロップ対象者へのXYM付与は"XYM上場後"に行うと説明されています。なお、シンボル(Symbol/XYM)上場に関する詳細情報については後日改めて発表すると説明されています。

Symbol公開に向けて「XEMの価格上昇」続く

今月12日には「XRP保有者に対するSparkトークン付与」のためのスナップショットが実施されたため12日頃までは"XRP買い"の動きが強まっていましたが、現在は「XEM保有者に対するXYM付与」に注目が集まっており、価格面でもXEMに資金が流れている動きが観測されています。

12日にスナップショットを完了したXRPの価格はスナップショット撮影後から50円付近で停滞を続けているものの、XEMの価格は12日に再び急騰して一時的に28.45円付近まで回復しているため、現在はXRPに流れていた資金がXEMに集まってきていると予想されます。

2020年12月1日〜2020年12月15日 XEMの価格チャート(画像:CoinGecko)2020年12月1日〜2020年12月15日 XEMの価格チャート(画像:CoinGecko)

XYMのエアドロップには大手暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」も対応する方針を発表しているため、今後もスナップショット撮影・メインネット公開に向けて"XEM買い"の動きが強まっていくことになると予想されます。

>>「Poloniex」の公式発表はこちら

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

Twitter:Tron関連の「絵文字表示機能」追加|Apple製品が当たるキャンペーンも開催

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

日本政府、仮想通貨による「国税納付」について閣議決定

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

注目度の高い仮想通貨ニュース

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

Enjin:SDGs実現に向け「国連グローバル・コンパクト」に参加【NFT関連企業初】

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す