BINANCE「NEM保有者に対するSymbol(XYM)の付与」対応へ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2020年12月4日に、既存のネム(NEM/XEM)保有者に対して配布される予定となっているシンボル(Symbol)のネイティブトークン「XYM(ジム)」を、同取引所の対象ユーザーに付与する方針を明らかにしました。

(追記:2021年2月24日)Symbolのメインネット公開日・スナップショット実施日が確定しました。詳しくは「こちらの記事」をご覧ください。
(追記:2021年3月5日)スナップショットに伴う「XEM入出金の一時停止」について、最新のスケジュールが発表されました。詳しくは「こちらの記事」をご覧ください。

こちらから読む:Huobi、ビットコイン恩返しキャンペーン開催へ「暗号資産」関連ニュース

スナップショット前には「XEMの入出金」を一時停止

ネム(NEM/XEM)は2021年1月14日頃に新しいブロックチェーン・仮想通貨である「シンボル(Symbol/XYM)」をリリースすることを予定しており、これに伴い既存のXEM保有者に対して「1XEM=1XYM」の割合でXYMを付与することを予定していますが、BINANCEは今回バイナンスでXEMを保有しているユーザーに対してXYMを付与する方針を明らかにしています。

シンボル(Symbol/XYM)を受け取るためにはXEM保有者が「オプトイン申請」を行う必要がありますが、BINANCEはユーザーのXEMをまとめて管理しているため、今回はBINANCEがユーザーの代わりにオプトインを代行してXYMを受け取った後に各ユーザーにXYMを配布する対応が取られることになっています。

各ユーザーのXEM保有量を記録するための"スナップショット"はブロック高3,025,200に達する日本時間2021年1月14日20時07分頃に実施される予定となっているため、BINANCEでXYM配布を受けるためにはこの時間帯にBINANCEのウォレットでXEMを保有しておく必要があります。

なお、BINANCEはスナップショット撮影に伴い、日本時間2021年1月14日13時00分から「XEMの入出金サービス」を一時停止し、スナップショット撮影後に入出金サービスを再開すると説明しています。ただし、スナップショット時点で入金が保留されているXEMは残高にカウントされないため『入金する場合には時間に十分余裕を持って行うように』と注意喚起がなされています。

BINANCEは今回『XYMを対象者に配布する』と発表しているものの、「XYMの取引と上場」については『他のコイン・トークンに対して行うのと同じ厳格な上場レビュープロセスを取る』と説明しています。

バイナンスで「XYMの取引サービス」が開始されるかは現時点では不明となっていますが、BINANCEにXEMを預けておけばXYMを受け取ることができるため、スナップショットのタイミングが近くと「BINANCEへのXEM移動」や「BINANCEでのXEM買い」の動きが強まる可能性があると予想されます。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら

2020年12月5日|ネム(NEM/XEM)の価格

ネム(NEM/XEM)の価格は今年7月末頃まで5円前後で推移していたものの、その後は順調に回復してきており、2020年12月5日時点では「1XEM=27.43円」で取引されています。

2020年6月9日〜2020年12月5日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)2020年6月9日〜2020年12月5日 XEMのチャート(引用:coingecko.com)

ネム(NEM/XEM)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

仮想通貨は「社会システム」を激変させる|投資家ティム・ドレイパーが重要性を解説

仮想通貨は「社会システム」を激変させる|投資家ティム・ドレイパーが重要性を解説

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

BINANCE:アイオータ(IOTA/MIOTA)の「先物取引」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

Sorare「2021シーズンのJリーグ選手NFTカード」販売開始

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:紹介者・友人両方にBTCプレゼント「お友達紹介キャンペーン」開始

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

メルカリ:暗号資産関連子会社「メルコイン」設立へ|BTC・NFTの活用も計画

【Coincheck NFT】サービス開始記念「CryptoSpellsのレジェンドカード」限定販売へ

【Coincheck NFT】サービス開始記念「CryptoSpellsのレジェンドカード」限定販売へ

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

Moonstakeウォレット「ORBS(オーブス)のステーキング」に正式対応

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

ファイルコイン「チェーンリンク(Chainlink/LINK)の統合」を発表

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

米TIMEマガジン「暗号資産の説明動画制作」でGrayscaleと提携|BTC保有の報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す