仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

by BITTIMES

仮想通貨投資の簡単な始め方の一つである"Zaifコイン積立"の、詳しい説明や利用方法などを初心者にも分かりやすく説明します。

日本の大手仮想通貨取引所である Zaif の利用者は多いですが、中でも特に魅力的なサービスである"Zaifコイン積立"の詳しい内容については意外と知られていません。

様々な投資方法の中でも投資経験の無い人を含めた多くの方々に利用して頂ける投資方法『Zaifコイン積立』について詳しく説明します。

Zaifのコイン積立とは

『Zaifコイン積立』とは、仮想通貨取引所 Zaif が提供する仮想通貨の月額固定積立サービスです。

利用者の銀行口座から毎月固定額を自動で引き落とし、希望した金額を積み立てることができます。
毎月27日に引き落としが行われ、翌月10日~翌々月9日まで、1日ごとに指定した暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。買付けは自動的に行われるため、
買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間がかかりません。

「仮想通貨に興味はあるけど、取引所のやり取りは面倒だしチャートの見方や売買のタイミングもわからない」
「初心者だけど暗号通貨に将来性を感じるので、安心して手軽に始めれる方法が知りたい」
といった方に最適な投資方法が Zaifコイン積立 です。

Zaifコイン積立の大きな特徴としては『ドル・コスト平均法で仮想通貨を買える』という点が挙げれられます。

ドル・コスト平均法のメリットは?

dollar cost averaging

『ドル・コスト平均法』とは、相場が上がっても下がっても一定金額で買付けを続ける投資方法の一種です。

価格が上がったときは高い金額での購入を避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができます。
リスクを抑えつつ長期的・継続的に積み立てることにより、しっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットです。

ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、"長期投資でのリスク軽減"と"安定した収益を目指すためのもの"ですので、銀行などでの積立貯金をしている方や、毎月コツコツと自分で貯金している方向けの投資方法となります。

積立購入について

zaif coin reserve setting

毎月の積み立て額を 1万円とした場合、毎月27日に金融機関から 10,250円(手数料2.5%が適用)が引き落とされ、積み立て用資金として 1万円が準備されます。

設定した積み立て額はいつでも自由に変更できるため、毎月の収入に応じて積み立て額を増やすことも、減らすこともできます。

土日祝日を含む 翌月10日~翌々月9日までの日数で日割りの買い付け金額が決定し、日ごとの買い付けレートで仮想通貨を購入していきます。
積み立てた通貨は、買い付け日の翌日に登録者の Zaifアカウント に加算されるので、そのまま保有するだけでなく、引き出したり売却したりすることもできます。

積立購入のスケジュールの詳細は以下のようになります。

スケジュールの詳細

zaif coin reserve schedule

毎月 8〜10日頃
→翌月分の積み立て申し込みと、積み立て金額の設定変更の締め切り

毎月 27日
→翌月分お客様銀行口座より自動引き落とし

翌月 10日~翌々月9日
→27日に引き落とした分の積み立てを、日ごとに自動的に買い付け、翌日に登録者のアカウントに振替

積立金額と手数料について

zaif coin reserve fee

毎月の『積立金額』は、1,000円〜100万円までの間で 1,000円単位での設定が可能です。

積み立て・買い付けに関する手数料として、毎月の積立額に応じた『積立手数料』が設定されています。
実際の引き落とし額は、設定した積立額に手数料を加えた金額が自動的に引き落とされる形となります。

毎月の積立額と手数料

積立金額 手数料
1千円〜2千円 一律100円
3千円〜9千円 3.5%
1万円〜2万9千円 2.5%
3万円〜4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

取り扱いコイン銘柄

Zaifコイン積立ができる仮想通貨 4種類と、その簡単な特徴を以下にまとめています。
積み立てる際には、1つの通貨に絞る必要はないので、
複数コインに分散投資することで更にリスクを抑えることもできます。

※ここでまとめた時価総額と価格は、2018年2月26日の時点での金額です。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

Bitcoin logo

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は最も有名な仮想通貨です。
2017年の価格は 20倍近く上昇しており、時価総額は最も高い約 17兆円となっています。
現在の価格は、1BTCあたり約 100万円です。

ビットコイン決済を導入する店舗が増えているため実際の支払いにも利用できます。しかし価格が高いので少額の積み立てを希望する方には不向きでもあります。

イーサリアム(Ethereum/ETH)

Ethereum logo

イーサリアム(Ethereum/ETH)は取引だけでなく契約内容も管理できる『スマートコントラクト』という機能を持つ仮想通貨です。
2017年の価格は 100倍近く上昇しており、時価総額は二番目に高い約 9兆円となっています。
現在の価格は、1ETHあたり約 9万円です。

イーサリアムをベースとした仮想通貨は多く、様々な仮想通貨の基盤ともなっているため、今後の需要も高く様々な利用方法があります。
信頼度の高い通貨でもあるため比較的安心して積み立てることができます。

ネム(NEM/XEM)

NEM logo

ネム(NEM/XEM)は低コスト・高セキュリティ・処理速度が速いというスペックを持った仮想通貨です。
2017年の価格は 50倍近く上昇しており、時価総額は約 3,600億円です。
現在の価格は、1XEMあたり約 41円です。

価格も安く NEM での支払いが出来る店舗も多いため、日常生活での決済手段としても利用できます。日本でも人気の高い通貨でもあり、NEM を通したコミュニティなども多いため、NEM を通して仮想通貨に関わる仲間を見つけることで楽しく仮想通貨の世界に入ることもできます。

モナコイン(MonaCoin/MONA)

Monacoin logo

モナコイン(MonaCoin/MONA)は 2ちゃんねるのソフトウェア板で、「わたなべ氏」によって日本で開発された仮想通貨です。
2017年の価格は 550倍近く上昇しており、時価総額は約 330億円です。
現在の価格は、1MONAあたり約 572円です。

昨年の価格が 550倍も上昇している点が特徴的です。価格も比較的安いため、今後の価格上昇に期待しつつ手頃な値段で購入したい方はモナコインに挑戦してみるのも良いでしょう。

メリット・デメリット

メリット

  • 少額から仮想通貨投資ができる
  • ハイリスクが避けられる
  • 感情に左右されず、自動で買い付けできる
  • 価格が下落した時の損失が少ない
  • チャートを気にしないで済む
  • ほぼ放置した状態で資産形成ができる

デメリット

  • 自分のタイミングで買い付けできない
  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • 短期間で一攫千金を狙いにくい
  • 急激な価値の暴落には注意が必要

積立を始めるために必要な手続き

『Zaifコイン積立』を利用するためには以下の手続きが必要となります

  1. アカウント作成
  2. 本人確認
  3. 積立銀行口座の手続き

コイン積立の申し込みには、銀行印は必要ありません。
銀行口座からの自動引き落としの申込を含めて、全てインターネット上でオンラインで申込することができます。

利用者の声

「毎月 1万円前後の積立投資をしていて 16ヶ月で約 17万円積み立てた結果、1,000万円を超えるまで増加しました。」

「長期的に投資したいと思える仮想通貨なら、Zaifコイン積立が丁度いい。」

「勝手に買い付けてくれるのでとても楽。しかも安定してそれなりに利益も出ているので、株よりも好き。」

「初めは月 5,000円の積み立てから始めたが、1ヶ月後には 7万円も増えていて驚いた。その後積み立て額を増やした結果、9ヶ月後には 180万円もの利益になりました。」

まとめ

Zaifコイン積立は従来の銀行での預金や積み立て制度などに比べると、資産の増え方が明らかに違う事がはっきりと分かります。また仮想通貨は現在黎明期であり今後もさらに発展していく事が予想されています。
投資や FX などに抵抗がある方は多いですが、将来のために現金を積み立てている方などは多いです。そのような方でも簡単に少額から始める事ができるのが『Zaifコイン積立』です。

チャートを見たりするような難しい手間もなく時間を使う事もないので、少ない金額で気軽に始めることができます。また大きな価格変動のリスクにも対応し易くなっているため、比較的安心してコツコツと利益を出せるのが魅力です。
毎月の貯金の中から 1,000円だけコイン積み立てに当ててみて少しずつ仮想通貨について学んでみるのもいいでしょう。

『Zaifコイン積立』を始めてみたい方はこちらのリンクからどうぞ
仮想通貨取引所 Zaif の画像『Zaifコイン積立』ができる仮想通貨取引所 Zaif はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン手数料100倍問題解決へ、新技術で手数料が安くなる

ビットコイン手数料100倍問題解決へ、新技術で手数料が安くなる

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

ビットコイン今後の動向まとめ【簡易版】

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

仮想通貨74種を格付け!米大手機関Weiss Ratingsが5段階評価

仮想通貨74種を格付け!米大手機関Weiss Ratingsが5段階評価

ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

ビットコインを人工衛星を使って送金するプロジェクトが誕生

注目度の高い仮想通貨ニュース

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

NYダウの急落を受け仮想通貨へ資金流出か

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

イーサリアムの今後にハードフォークは必要か?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す