エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

by BITTIMES

「2024年版のビットコイン教育資料」を公開

ビットコイン(BTC)に関する教育に焦点を当てたエルサルバドルの非営利団体「Mi Primer Bitcoin(My First Bitcoin)」が、ビットコイン教育資料の2024年版を公開したことが明らかになりました。

Mi Primer Bitcoin(初めてのビットコイン)は、オープンソースのビットコイン教育プログラムを展開するエルサルバドルの非営利組織であり、2023年9月には公立学校の教師にビットコインについて教えることを目的として、エルサルバドル教育省ともパートナーシップを締結しています。

エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用した2021年にビットコイン教育を開始した「Mi Primer Bitcoin」は、世界中の開発者がコードやファイルを共有できるサービスである「GitHub」を通じて教育資料を無料公開していますが、今回は「2024年版のビットコイン教育資料」が一般公開されています。

お金・法定通貨・ビットコインについて詳しく説明

Mi Primer Bitcoinが公開した教育資料は「Mi Primer BitcoinのGitHubページ」で見ることが可能で、以下の合計10章にわたってビットコインに関する詳しい説明がなされています。

  • 第1章:なぜお金が必要なのか?
  • 第2章:お金とは何か?
  • 第3章:お金の歴史
  • 第4章:法定通貨とは何か?それを管理するのは誰か?
  • 第5章:問題の解決策
  • 第6章:ビットコインの概要
  • 第7章:ビットコインの使用方法
  • 第8章:Lightning Network|日常生活におけるビットコインの使用
  • 第9章:ビットコインの技術的紹介
  • 第10章:なぜビットコインを選ぶのか?

なお、これらの章はあくまでも大枠であり、各章の中では複数の項目に分けてより詳しい説明がなされています。

日本語・英語などの翻訳版を読める仕組みも

Mi Primer Bitcoinは、世界中の人々がビットコイン教育資料にアクセスできるよう「翻訳リポジトリ」も用意しているため、日本語や英語を含めた世界各国の言語でも資料を閲覧できる仕組みが構築されています。

日本語版の教育資料は「ビットコインはじめの一歩」というファイル名で公開されていますが、記事執筆時点では日本語バージョンの資料は公開されていないため、今後の更新やアップデートなどにも注目です(※GitHubアカウント保有者はファイルの作成・編集が可能)。

ビットコイン(BTC)は価格上昇などが注目を集める一方で、その本質的な魅力や可能性などは一般的には広く理解されていないため、エルサルバドルで進められているようなビットコイン教育が世界中に拡大すれば、仮想通貨の魅力がより多くの人々に伝わり、世界中でのお金のやり取りがより便利になり、新しい魅力的なサービスの開発などにもつながると期待されます。

>>教育関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

ブラウザを選ぶなら「ブロックチェーン基盤のブレイブ」Wikipedia創設者がChromeを批判

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

ディーカレット:国内初「イーサリアム(ETH)のマイニング運用サービス」提供へ

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

BNB Chain「最大報酬100万ドルのミームコインイベント」開催へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す