シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

by BITTIMES

SHIB提携のZAMAが「HTTPZ」を推進

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)と提携していることでも知られる暗号化企業「ZAMA」が、インターネット上のプライバシー問題を変革する安全性の高い新たな通信プロトコル「httpz」の構築を進めていることが明らかになりました。

SHIB関連の情報を定期的に発信しているウェブマガジン「The Shib Magazine」は、2024年3月28日に公開された最新刊「Edition 18」の中で、ZAMAが推進する「httpz」について詳しく説明しています。

ZAMAと完全準同型暗号(FHE)について

Zama(ザマ)は、ブロックチェーン・AI向けの完全準同型暗号(FHE)ソリューションを開発しているオープンソースの暗号化企業であり、クラウドサービスやブロックチェーンなどにおけるプライバシーとセキュリティの課題を解決するためのソリューションを開発しています。

完全準同型暗号(FHE)は、データを復号化することなく暗号化したまま処理できる暗号化技術の一種であり、暗号化されたデータを元のデータに戻すことなく分析・修正・作業することができるようになっています。

FHEを利用すれば機密情報を完全に隠した状態でデータを処理できるため、プライバシーとセキュリティを大幅に強化できると期待されていますが、ZAMAはこの技術をWeb情報をやりとりするためのプロトコル(通信規約)である「http」に応用しているとのことです。

「HTTP」と「HTTPS」について

HTTP(Hypertext Transfer Protocol)とは、WebサーバーとWebブラウザ間でデータをやり取りして、ウェブブラウザでホームページの内容を表示させるためプロトコルであり、現在はHTTPのセキュリティを強化した「HTTPS」が主流になっています。

ウェブサイトのURLの頭には「https://bittimes.net」といったように「https」などの文字が記載されていますが、これはそのサイトがデータのやり取りで「http」や「https」を導入していることを示しています。

「http」はウェブサイトから送信されたデータが平文のままのため盗聴や改竄のリスクがありますが、「https」ではウェブサイトから送信されるデータでSSL/TLS暗号化通信がされているため、第三者による情報の盗聴や改ざんのリスクを防止することができます。

ZAMAが推進する新規格「HTTPZ」とは?

HTTPZのイメージ画像

インターネット通信にはプライバシー関連の懸念が付き纏っており、個人情報が収集・分析・悪用される可能性がありますが、ZAMAは完全準同型暗号(FHE)を用いた根本的な解決策となる「HTTPZ」を提案しています。

「HTTPZ」は、デフォルトでエンドツーエンド(端から端までの意味)の暗号化を保証する新しいインターネットプロトコルであるとのことで、"データが目的地に到着するまでの安全性が保たれ、オンライン世界との関わり方が根本的に変わる"と説明されています。

完全準同型暗号(FHE)を使用すると、暗号化されたデータを一度元に戻すことなく直接計算できるため、プロセス全体を通じて機密情報の機密性を確保することができます。

HTTPZを採用した通信では、FHEを使用してデフォルトで全てのデータ転送が暗号化されるため、ユーザーはプライバシー設定を積極的に管理する必要がなくなるとのことです。

HTTPZがもたらす影響

ZAMAが提唱する新たな通信プロトコル「httpz」がもたらす影響としては以下のようなものが挙げられています。

  • 世界中の人々に自動暗号化機能を提供
    HTTPZを使用すると、暗号化はインターネット固有の機能となり、ユーザーがプライバシー設定を手動で構成する必要がなくなる。これにより、技術的な専門知識に関係なく、全ての人に一貫した保護が保証される。
  • プライバシー重視のデザイン
    HTTPZはプロトコルレベルで暗号化を組み込むことによって、根本からプライバシーを優先する。セキュリティの脆弱性を修正する従来のアプローチから、セキュリティを構築する積極的なアプローチへ移行することによって、オンラインプライバシーを大幅に強化する。
  • ユーザー負担の軽減
    HTTPZによって、ユーザーはプライバシー設定を常に意識して管理する必要がなくなる。暗号化はバックグラウンドでシームレスに行われるため、ユーザーはオンライン活動に集中できる。

HTTPZの課題と今後の道のり

The Shib Magazineでは「HTTPZの概念は画期的ではあるが、克服すべき課題もある」と説明されています。

完全準同型暗号(FHE)は、複雑な計算処理を数多く必要とする「計算集約型」のテクノロジーであるため、現実世界のアプリケーション向けにそのパフォーマンスを最適化することが重要になるとのことです。

また「広く普及するためには既存のインターネットインフラとユーザーの行動を大幅に変更する必要がある」とも説明されています。

しかし、ZAMAはこれらの課題にも積極的に取り組んでいるとのことで、具体的には以下のような方法で課題に取り組んでいると説明されています。

  • より効率的なFHEアルゴリズムの開発
  • 業界リーダーと協力して、FHEをウェブサービス&アプリケーションに統合
  • プライバシー保護技術の重要性に関する意識を高める活動

SHIBとZAMAの協力について

SHIBとZAMAは画期的なプライバシー標準を確立するために協力を続けているとのことで、SHIB×ZAMAのパートナーシップは「SHIBエコシステム内でデータセキュリティを強化して、ユーザーのプライバシーを保護すること」を目的としていると説明されています。

以前の報告では、ZAMAが提供する暗号化ソリューションは、SHIBエコシステムで今後リリース予定の報酬トークン「$TREAT」で活用されるとも報告されていたため、今後の正式リリースやさらなる技術活用報告にも注目です。

なお、今回公開された「The Shib Magazine:Edition 18」では「話題のミームコイン$DAMN、マニー・パッキャオ財団との取り組み、ロボットNFTコレクションLumiBots、MantraにおけるDAMN採用、Bad Idea AI($BAD)の採用拡大」などといった様々な話題が取り上げられています。

>>「The Shib Magazine:Edition 18」はこちら
>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術「学習コース」の提供開始|カナダ公立・マギル大学

ブロックチェーン技術「学習コース」の提供開始|カナダ公立・マギル大学

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

【JBA×BCA×BCCC】ブロックチェーン関連3団体が「NFT分科会」設立|勉強会も開催

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

Linkin Parkのマイク・シノダ氏「NFT形式の音楽作品」をリリース

楽天ウォレット「Oasys」にバリデータとして参画|Web3関連サービスでの連携も検討

楽天ウォレット「Oasys」にバリデータとして参画|Web3関連サービスでの連携も検討

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

ドバイの自由貿易エリアで「仮想通貨決済」が可能に|UAE政府機関で初の対応

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

LINE Pay:暗号資産決済サービス「LINK支払い」提供へ|一部加盟店で試験導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

マイクロストラテジーのBTC保有量「総供給量の1%」を突破|新たな買い増し報告

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す