IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

by BITTIMES

家電量販店である「IKEA Iceland(イケア・アイスランド)」で、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術とスマートコントラクトを活用した電子マネーによる商業取引が行われたことが明らかになりました。この支払いは、スタートアップ企業である「Monerium」とクラウドベースのビジネスネットワークを展開している「Tradeshift」の協力によって実現しています。

こちらから読む:公式サイトが日本語に対応「イーサリアム」関連ニュース

スマートコントラクトが使える「次世代型電子マネー」

ConsenSys(コンセンシス)が支援しているスタートアップ企業「Monerium」と、サプライチェーン・マネジメント企業である「Tradeshift」は、アイスランドの小売業者「Nordic Store」がイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを使用して「IKEA」から商品を購入し、Moneriumのプログラム可能な電子マネーで支払うことに成功したと発表しました。

この取引は「Tradeshift」のプラットフォーム上で行われ、「Monerium」の"プログラム可能な電子マネー"を用いて処理されています。「Monerium」は、ブロックチェーン上で電子マネーを発行するライセンスを取得した世界初の企業であり、アイスランドの法定通貨「クローナ(ISK)」建ての電子マネーを発行しています。

Tradeshiftの共同設立者であるGert Sylvest氏は「政府から承認されているブロックチェーンを活用した電子マネーは、スマートコントラクトの技術を使用して取引を自動的に行うことができるため、様々なユースケースを持っている」と説明しています。

欧州では早い時期から電子マネーが使用されていましたが「スマートコントラクトで請求書の支払いを行う」ことは新しい試みであるため、これによって複数の管轄区域での国境を超えた支払いが加速されると期待されています。

MoneriumのCEOであるSveinn Valfells氏は、プレスリリースの中で次のように述べています。

ブロックチェーン上で電子マネーを発行した初の企業として、法的形式のデジタルマネーを使用し、主流のB2Bトランザクションでブロックチェーンの利点を実証できたことを嬉しく思います。

揮発性の暗号通貨とは異なり、電子マネーは現金に代わる実証済みのデジタル代替手段であり、オンデマンドで規制され、償還可能です。スマートコントラクトでプログラム可能な電子マネーを使用することによって、新しいカテゴリの支払いが可能になっていくでしょう。

「Monerium」の電子マネーはすでに規制に準拠しているため、世界各地で発行されているステーブルコインよりも早く普及していくことになると予想されます。Valfells氏は、今後は他の国の法定通貨にも対応していく計画であることを語っているため、同社の取り組みには注目が集まります。

>>「Monerium」の公式発表はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

株式会社Orb:九州電力に「分散型台帳技術」を提供|地域通貨「常若通貨」発行へ

5Gベースのブロックチェーンプラットフォーム「GiGA Chain」発表:韓国大手通信企業KT

5Gベースのブロックチェーンプラットフォーム「GiGA Chain」発表:韓国大手通信企業KT

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

仮想通貨×スポーツまとめ:ブロックチェーンで激変する業界とビジネス

Libra協会にカナダのEC大手「Shopify(ショピファイ)」が参加

Libra協会にカナダのEC大手「Shopify(ショピファイ)」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

LINE:5,000円分のLINKリワードがもらえる「LINEクレカ入会キャンペーン」開始

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

Moonstakeウォレット:Centrality(CENNZ)の「ステーキング」に対応

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す