IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

by BITTIMES

家電量販店である「IKEA Iceland(イケア・アイスランド)」で、イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術とスマートコントラクトを活用した電子マネーによる商業取引が行われたことが明らかになりました。この支払いは、スタートアップ企業である「Monerium」とクラウドベースのビジネスネットワークを展開している「Tradeshift」の協力によって実現しています。

こちらから読む:公式サイトが日本語に対応「イーサリアム」関連ニュース

スマートコントラクトが使える「次世代型電子マネー」

ConsenSys(コンセンシス)が支援しているスタートアップ企業「Monerium」と、サプライチェーン・マネジメント企業である「Tradeshift」は、アイスランドの小売業者「Nordic Store」がイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを使用して「IKEA」から商品を購入し、Moneriumのプログラム可能な電子マネーで支払うことに成功したと発表しました。

この取引は「Tradeshift」のプラットフォーム上で行われ、「Monerium」の"プログラム可能な電子マネー"を用いて処理されています。「Monerium」は、ブロックチェーン上で電子マネーを発行するライセンスを取得した世界初の企業であり、アイスランドの法定通貨「クローナ(ISK)」建ての電子マネーを発行しています。

Tradeshiftの共同設立者であるGert Sylvest氏は「政府から承認されているブロックチェーンを活用した電子マネーは、スマートコントラクトの技術を使用して取引を自動的に行うことができるため、様々なユースケースを持っている」と説明しています。

欧州では早い時期から電子マネーが使用されていましたが「スマートコントラクトで請求書の支払いを行う」ことは新しい試みであるため、これによって複数の管轄区域での国境を超えた支払いが加速されると期待されています。

MoneriumのCEOであるSveinn Valfells氏は、プレスリリースの中で次のように述べています。

ブロックチェーン上で電子マネーを発行した初の企業として、法的形式のデジタルマネーを使用し、主流のB2Bトランザクションでブロックチェーンの利点を実証できたことを嬉しく思います。

揮発性の暗号通貨とは異なり、電子マネーは現金に代わる実証済みのデジタル代替手段であり、オンデマンドで規制され、償還可能です。スマートコントラクトでプログラム可能な電子マネーを使用することによって、新しいカテゴリの支払いが可能になっていくでしょう。

「Monerium」の電子マネーはすでに規制に準拠しているため、世界各地で発行されているステーブルコインよりも早く普及していくことになると予想されます。Valfells氏は、今後は他の国の法定通貨にも対応していく計画であることを語っているため、同社の取り組みには注目が集まります。

>>「Monerium」の公式発表はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

Chiliz Chain 2.0:正式名称決定のための「コミュニティ投票」実施へ|CHZ獲得のチャンスも

Chiliz Chain 2.0:正式名称決定のための「コミュニティ投票」実施へ|CHZ獲得のチャンスも

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

BINANCE:仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」買収か

BINANCE:仮想通貨データサイト「CoinMarketCap」買収か

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

SBI証券、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」を子会社化|板取引は31日開始予定

SBI証券、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」を子会社化|板取引は31日開始予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Trust Wallet「iOS・iMessageの脆弱性」について警告|仮想通貨保有者も標的になる可能性

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

今注目の仮想通貨エアドロップ?!99Bitcoinsが99,999ドルをプレゼント開始!

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す