Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

by BITTIMES

日本を含めた複数の国で配車アプリを提供している米国企業「Uber(ウーバー)」のCEOであるDara Khosrowshahi(ダラ・コスロシャヒ)氏はCNBCの番組に出演した際に、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)に対する同社のスタンスについて語り『BTCを決済手段として採用する可能性があること』を明かしました。

こちらから読む:Mastercard、年内に仮想通貨を直接サポート「暗号資産」関連ニュース

暗号資産に対する「Uber」のスタンスは?

Uber(ウーバー)のCEOであるDara Khosrowshahi(ダラ・コスロシャヒ)氏は2021年2月11日に、米CNBCの経済番組「Squawk Box」に出演した際に『仮想通貨ビットコインに対する同社のスタンス』などについて語りました。

「ビットコイン投資」のアイデアは即却下

仮想通貨業界ではTesla(テスラ)が15億ドル(約1,500億円)相当のビットコインを購入したことを受けて「その他大手企業のビットコイン投資」に対する関心が集まっていますが、コスロシャヒ氏はUberがBTCに投資する可能性について『Uberもビットコインに投資するというアイデアについて話し合ったが、すぐに却下された』と語っています。

同氏はこのことについて『私たちは現金のような安定した資産で企業資産を保有する』と述べており、『Uberは投機的な事業ではない』と説明しています。

「仮想通貨決済への対応」は検討

ダラ・コスロシャヒ氏は「ビットコイン投資」については懐疑的な見解を示しているものの、「仮想通貨決済・ビットコイン決済への対応」については前向きに考えていることも明かしており、『当社があらゆる種類の現地通貨を受け入れているのと同じように、"取引する通貨"として仮想通貨やビットコインを採用することは検討している』と語っています。

同氏は『仮想通貨決済の採用はビジネスにとっても、配達員・利用者にとっても良いものであるため、それによってもたらされる利益があり、必要性があった場合には仮想通貨決済を採用する』と語っていますが『プロモーションの一環として仮想通貨決済を採用するつもりはない』とも説明しています。

過去には「一部ドライバーがBTC決済に独自対応」

Uberは既に"Facebookが主導する仮想通貨プロジェクト"として知られている「Diem(旧:Libra)」の運営主体「Diem協会」に加盟していたため、仮想通貨業界では『将来的にはUberも仮想通貨決済に対応する可能性もある』と期待されていましたが、UberのCEOが「仮想通貨決済のサポート」について語ったのは今回が初となります。

2019年4月頃には『一部のUberドライバーが個人的にビットコイン決済を受け入れている』ということも報告されていましたが、このようなドライバーがとっている行動は「"BTC決済対応"というステッカーを自動車に貼り、乗客がBTC決済を希望した場合にはUberの予約をキャンセルして再契約を個人的に結ぶ」というグレーゾーンな方法であったため、Uberが正式に仮想通貨決済に対応した場合にはそのようなドライバーの減少にもつながると期待されます。

>>「CNBC」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

Mercoin(メルコイン)ブロックチェーン分析企業「Basset」の全株式を取得

Mercoin(メルコイン)ブロックチェーン分析企業「Basset」の全株式を取得

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

新しくビットコインラティーナ(BitcoinLatina/BCL)を発表

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Bitget:暗号資産の冬の時期にもかかわらずグローバル従業員数を倍増へ

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

Zaif運営のカイカエクスチェンジ「第一種金融商品取引業者」の登録完了

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

Klaytn(クレイトン)大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」と提携

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格急落時に「80BTC」買い増し

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

Huobi Japan:PS5・Apple Watchなど「豪華景品が当たるキャンペーン」開催へ

Huobi Japan:PS5・Apple Watchなど「豪華景品が当たるキャンペーン」開催へ

Cardano「テストネットでのVasilハードフォーク」に成功|大型アップグレードに前進

Cardano「テストネットでのVasilハードフォーク」に成功|大型アップグレードに前進

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す