Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

by BITTIMES   

Elon Musk(イーロン・マスク)氏がCEOを務めている米国の大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」が、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)に15億ドル(約1,500億円)を投資していたことが米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によって明らかになりました。ビットコイン価格は今回の報道を受けて大幅に急騰し、過去最高値となっていた45万円を突破しました。

Tesla「ビットコイン決済の対応」も予定

Elon Musk(イーロン・マスク)氏がCEOを務めている米国の大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」が、ビットコイン(BTC)に15億ドル(約1,500億円)を投資していたことが米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によって明らかになりました。

米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によると、Tesla社は2021年1月に投資方針を更新し、同社の資産を分散化させてリターンを最大化するために15億ドル(約1,500億円)をビットコインに投資したとされています。

またこの書類の中では「テスラ製品の支払い手段としてビットコイン決済を受け入れる予定であること」も説明されています。

当社は2021年1月に投資方針を更新し、十分な営業上の流動性を維持するために必要ではない現金をさらに多様化しリターンを最大化するための柔軟性をもつことにしました。取締役会の監査委員会によって正式に承認されたこの方針の一環として、当社はこのような現金の一部をデジタル資産・金地金・金取引所上場ファンドおよび将来的に指定されたその他の資産を含む特定の代替準備資産に投資することができるようになりました。

当社はこの方針の下で、ビットコインに総額15億5,000万ドルを投資しました。当社はデジタル資産を随時または長期的に取得・保有する可能性があります。さらに当社は近い将来、適用される法律に従いつつ、当初は限定的にビットコインを当社製品の支払い手段として受け入れを開始する予定です。

>>「米国証券取引委員会の公開書類」はこちら

ビットコイン価格急騰「450万円」を突破

ビットコインの価格は先月8日に430万円付近まで上昇した後に横ばいの状態が続いていたものの、今回の報道を受けて一時的に470万円付近まで急騰しました。その後は短期的な下落・上昇が続いており、記事執筆時点では「1BTC=4,558,465円」で取引されています。

2020年12月28日〜2021年2月8日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2020年12月28日〜2021年2月8日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2019年版】仮想通貨市場予測を公開「9つのポジティブ要因」で徐々に回復へ:Tom Lee

【2019年版】仮想通貨市場予測を公開「9つのポジティブ要因」で徐々に回復へ:Tom Lee

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

スイスアルプスの5つ星高級ホテル「仮想通貨決済」に対応:The Chedi Andermatt

2023年後半の「ビットコイン大幅下落」を予想:ベンジャミン・コーエン

2023年後半の「ビットコイン大幅下落」を予想:ベンジャミン・コーエン

注目度の高い仮想通貨ニュース

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

SBI VCトレード:口座保有者限定で「HashHub Research」無料提供へ

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

VanEck子会社「ミームコイン・インデックス」ローンチ|DOGE・SHIBなど人気6銘柄で構成

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

英デジタル銀行Revolut「仮想通貨取引所」を開設|100銘柄以上を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す