Tesla社:ビットコインに「15億ドル」を投資|BTC価格は450万円を突破

by BITTIMES

Elon Musk(イーロン・マスク)氏がCEOを務めている米国の大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」が、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)に15億ドル(約1,500億円)を投資していたことが米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によって明らかになりました。ビットコイン価格は今回の報道を受けて大幅に急騰し、過去最高値となっていた45万円を突破しました。

こちらから読む:メキシコの億万長者もBTCを支持「暗号資産」関連ニュース

Tesla「ビットコイン決済の対応」も予定

Elon Musk(イーロン・マスク)氏がCEOを務めている米国の大手電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」が、ビットコイン(BTC)に15億ドル(約1,500億円)を投資していたことが米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によって明らかになりました。

米国証券取引委員会(SEC)が公開した書類によると、Tesla社は2021年1月に投資方針を更新し、同社の資産を分散化させてリターンを最大化するために15億ドル(約1,500億円)をビットコインに投資したとされています。

またこの書類の中では「テスラ製品の支払い手段としてビットコイン決済を受け入れる予定であること」も説明されています。

当社は2021年1月に投資方針を更新し、十分な営業上の流動性を維持するために必要ではない現金をさらに多様化しリターンを最大化するための柔軟性をもつことにしました。取締役会の監査委員会によって正式に承認されたこの方針の一環として、当社はこのような現金の一部をデジタル資産・金地金・金取引所上場ファンドおよび将来的に指定されたその他の資産を含む特定の代替準備資産に投資することができるようになりました。

当社はこの方針の下で、ビットコインに総額15億5,000万ドルを投資しました。当社はデジタル資産を随時または長期的に取得・保有する可能性があります。さらに当社は近い将来、適用される法律に従いつつ、当初は限定的にビットコインを当社製品の支払い手段として受け入れを開始する予定です。

>>「米国証券取引委員会の公開書類」はこちら

ビットコイン価格急騰「450万円」を突破

ビットコインの価格は先月8日に430万円付近まで上昇した後に横ばいの状態が続いていたものの、今回の報道を受けて一時的に470万円付近まで急騰しました。その後は短期的な下落・上昇が続いており、記事執筆時点では「1BTC=4,558,465円」で取引されています。

2020年12月28日〜2021年2月8日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2020年12月28日〜2021年2月8日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な暗号資産を取り扱っている暗号資産取引所Coincheckからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

台湾初!仮想通貨による「政治献金」の受け取りを発表 ー 台北市議会候補者

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

電気自動車のF1「フォーミュラE」のブロックチェーンゲーム開発へ:アニモカ・ブランド

Coinbase「仮想通貨オープン特許アライアンス(COPA)」に参加

Coinbase「仮想通貨オープン特許アライアンス(COPA)」に参加

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Bitget:FTXの破綻後、ユーザーを安心させるために保護基金を「3億ドル」に増額

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

Anifie「XRPレジャー活用したメタバース」をローンチ

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

LINEのグローバル暗号資産取引所「BITFRONT」サービス終了へ

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

カルダノの米ドル連動ステーブルコイン「USDA」を発表:EMURGO

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

Terra Classicの分散型取引所(DEX)開発進む|USTデペグに関する監査報告書も公開

Terra Classicの分散型取引所(DEX)開発進む|USTデペグに関する監査報告書も公開

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

Rocketize:ステラのように本物のユーティリティを備えた、ドージコインのライバルとなる仮想通貨プロジェクト

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す