暗号資産取引所「Himalaya Exchange Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Himalaya Exchange Japan(ヒマラヤ・エクスチェンジ・ジャパン)」の基本情報やサービスの概要、取り扱う仮想通貨・特徴・メリット・デメリットなどを初心者向けにわかりやすく解説します。

こちらから読む:関連記事を新着順で確認「Himalaya Exchange Japan」関連ニュース

Himalaya Exchange Japanとは

Himalaya-Exchange-Japan-Logo

Himalaya Exchange Japan(ヒマラヤ・エクスチェンジ・ジャパン)とは、2010年3月31日に設立されたHimalaya Japan株式会社(旧:Bitgate株式会社)が運営している暗号資産取引所(関東財務局長 第00012号)です。ビットコインの使用が開始された2009年の翌年に設立された同社は、日本国内で特に長い歴史を持つ暗号資産取引所の1社でもあります。

同社は元々「Bitgate(ビットゲート)」という名称で暗号資産取引所サービスを提供していましたが、2022年8月1日には「Bitgate株式会社」の社名が「Himalaya Japan株式会社」へと変更されており、取引所の名称も「Himalaya Exchange Japan」という名称に変更されています。

取り扱う暗号資産

Himalaya Exchange Japan(ヒマラヤ・エクスチェンジ・ジャパン)が取り扱う暗号資産は、2022年8月時点で以下の6種類となっています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)

サービスの種類・概要

暗号資産現物取引サービス

暗号資産現物取引サービスは、日本円との取引ペアで暗号資産を売買することができるサービスです。同社は元々ビットコインのみをサポートしていましたが、その後は取扱銘柄も拡充されてきており、現在は6種類の仮想通貨を売買することが可能となっています。

Himalaya Exchange Japanは暗号資産取引手数料が無料となっているため、毎回の取引手数料を気にすることなく暗号資産を売買することができます。また、同社は初心者でも簡単に利用することができるトレードツールも提供しているため、パソコンなどでチャート分析を行いながら本格的なトレードを行うこともできます。

この取引ツールはレイアウトを自分好みにカスタマイズすることもできるため、自分の取引スタイルに合わせた取引環境を構築することも可能です。

新規暗号資産取り扱い支援サポート

Himalaya Exchange Japanはフィンテック促進のために「新規暗号資産取り扱い支援サポート」も提供しています。"日本国内取引所への暗号資産上場"を希望するプロジェクトオーナーは、ビットゲートに申請を行うことによって暗号資産上場のサポートを受けることが可能です。

具体的には以下のような流れで手続きが進められていくことになると説明されています。

  1. 暗号資産(未発行・既発行)のプロジェクトオーナーもしくは企業様のデューデリジェンス
  2. 暗号資産のデューデリジェンス
  3. 申請企業もしくは団体の社内体制の整備
  4. 暗号資産取り扱い申請(自主規制団体へ提出)
  5. Himalaya Exchange Japanにて取り扱い開始(不備がある場合は訂正や修正を適宜行う)
  6. モニタリング

ひまぽいサービス

ひまぽいサービスは、Himalaya Japan株式会社がが発行する有効期限付きポイントで、1ポイント=1円換算として「Himalaya Exchange Japan」で暗号資産との交換が可能となっています。

株式会社サイバーエージェントが提供するポイントプラットフォーム『ドットマネー by Ameba』における利用先にも『ひまぽい』が追加されているため、自分が貯めた同サイト内にある各種ポイントを『ドットマネー』に交換した上で『ひまぽい』に1:1で交換することも可能となっています。

【ドットマネーとひまぽいの交換概要】

交換レート300マネー→300ポイント分
交換予定日3営業日-5営業日程度(土日・祝日を除く)
交換単位1pt
単位名ポイント
最低交換額300pt
月間交換上限10,000,000pt
有効期限6月内(6カ月後の応答日の午前零時を以てポイント消滅)

各種手数料

口座開設・維持手数料

口座開設手数量無料
口座維持手数量無料

日本円の入出金手数料

日本円クイック入金440円(税込)
日本円振込入金銀行振込手数料分のみ
コンビニ入金手数料330円(税込)
日本円出金手数料550円(税込)

ポイント販売手数料

日本円暗号資産
販売手数料無料無料(暗号資産への交換手数料)

暗号資産入出庫手数料

銘柄入庫手数料出庫手数料
BTC無料(*1)0.001BTC(*2)
ETH無料(*1)0.01ETH(*2)
XRP無料(*1)0.1XRP(*2)
BCH無料(*1)0.001BCH(*2)
ETC無料(*1)0.01ETC(*2)
XLM無料(*1)0.01XLM(*2)

(*1)マイナーへの手数料はユーザー負担
(*2)出庫手数料はトランザクション量によって変動する可能性あり

Himalaya Exchange Japanのメリット

merit

暗号資産現物取引の手数料が無料

Himalaya Exchange Japanの暗号資産現物取引サービスは取引手数料が無料となっているため、頻繁に売買を繰り返す場合でも手数料を気にすることなく気軽に暗号資産を売買することができます。

一般的な暗号資産取引所では、仮想通貨を売買するたびに数%の手数料が徴収されるため、大量の仮想通貨をトレードする場合にはそれらの取引手数料がネックとなりますが、Himalaya Exchange Japanは取引手数料を気にすることなく自由に取引できるという利点を有しています。

カスタマイズ可能な取引ツール

Himalaya Exchange Japanは、初心者でも簡単に利用できるように設計されたカスタマイズ可能な取引ツールを提供しています。このツールでは複数のチャートを同時に表示させることもできるようになっており、売買注文のボタンも好きな場所に設置することができるため、自分の取引スタイルに合った取引環境を構築することができます。

また、Himalaya Exchange Japanは「ストリーミング注文・指値注文・逆指値注文・OCO注文」などといった様々な注文方法を提供しています。

Himalaya Exchange Japanのデメリット

Demerit

取り扱う暗号資産の種類が少ない

Himalaya Exchange Japanが取り扱っている暗号資産は記事執筆時点で「BTC・ETH・XRP・XLM・BCH・ETC」の6銘柄となっているため、その他国内取引所と比べると『取り扱う仮想通貨の種類が少ない』というのが現状です。

これら6つの暗号資産は世界中で知られる代表的な暗号資産であるため、比較的安心して取引することができますが、『そのほかの色々な暗号資産を取引したい』という場合には別の暗号資産取引所を利用する必要があります。

取引できる時間が限られている

Himalaya Exchange Japanで取引できる時間は「土・日・祝を除く平日の9:00~17:59(メンテナンス時間を除く)」となっているため、『24時間365日自由に取引したい』という方には不向きな取引所となっています。

一般的な暗号資産取引所は基本的に平日・土日関係なく自由に取引できる環境を提供しているため、24時間365日自由に取引したい場合には他の暗号資産取引所を利用する方が良いでしょう。

>>「Himalaya Exchange Japan」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

ビットコイン先物市場、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」も参入

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

BINANCE「日本市場に本格参入」サクラエクスチェンジビットコインの全株式を取得

ロンドンの送金会社が仮想通貨取引サービスを新たに追加|TransferGo

ロンドンの送金会社が仮想通貨取引サービスを新たに追加|TransferGo

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

米映画館チェーンAMC「SHIB決済」正式対応へ|BitPayにシバイヌサポートを依頼

米映画館チェーンAMC「SHIB決済」正式対応へ|BitPayにシバイヌサポートを依頼

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

Huobi Japan:サービス名「BitTrade」に変更へ|名称変更の理由は?

The Sandbox:ゲーム制作ツールの最新版「Game Maker 0.8」リリース

The Sandbox:ゲーム制作ツールの最新版「Game Maker 0.8」リリース

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

GMOコイン「Flareトークンの付与日」を発表|FLR取引サービスも提供予定

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

コスモス(Cosmos)の価格予測|MCADEがより優れた投資先?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2023年1月8日〜14日

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

Metacade(MCADE)プレセールの売れ行きは順調|2023年には50倍の利益の見込み

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

仮想通貨詐欺アプリが「App Store・Google Play」に侵入|公式ストアでも要注意

仮想通貨詐欺アプリが「App Store・Google Play」に侵入|公式ストアでも要注意

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す