CoinMarketCapで「仮想通貨価格表示のバグ」発生|BTC価格は一時88兆円に

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)関連の様々な情報を配信している大手サイト「CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)」で大規模なバグが発生し、仮想通貨価格が"数百万〜数千億ドル"という実際の価格とはかけ離れた価格で一時的に表示されたことが明らかになりました。現在このバグは修正されているものの、このバグはCoinMarketCapを価格データのソースとして使用している一部サービスなどに影響を与えたとも報告されています。

こちらから読む:イーロン・マスク氏の発表でDOGE価格急騰「暗号資産」関連ニュース

仮想通貨価格が「数億〜数兆円」で表示されるバグ発生

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)は暗号資産関連の様々な情報をリアルタイムで配信している大手データサイトとして知られており、世界中に存在する数千種類の仮想通貨のリアルタイム価格・時価総額・取引高・価格上昇率などを配信していますが、本日2021年12月15日の午前中頃には一時的にCoinMarketCapの価格表示にバグが発生したと報告されています。

今回のバグではビットコインなどの主要通貨を含めた全ての仮想通貨の価格情報が実際の価格とは大きくかけ離れた価格で表示されており、「ビットコイン価格は約7,781億ドル(約88兆円)、イーサリアム価格は約91億ドル(約1兆円)」といったように、各通貨の価格があり得ない金額で表示されていたことが報告されています。

このバグは日本時間2021年12月15日の朝方から約1時間ほど続いたとのことで、その後午前9時54分には『問題は修正された』と報告されていますが、最終段階としてサーバーを再起動する予定であるとも報告されています。

本日午後に弊社プラットフォームで発生した不具合について。この問題は修正されましたが、社内改善計画に基づき、最終段階としてサーバーを再起動する予定です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

「価格情報利用する外部サービスへの影響」に懸念も

仮想通貨価格などは既に実際の価格で表示されるように修正されているものの、記事執筆時点では「サイト上でチャートが部分的に高騰・急落している」などといったように部分的な影響が残っていることも確認できるため、CoinMarketCapを利用している方はそれらのデータで誤解しないよう注意が必要です。

また、今回のバグは「CoinMarketCapの価格情報をソースとして利用している一部の外部サービス」にも影響を与えたとも報告されているため、『CoinMarketCapの価格情報を利用したトレーディングボットなどにも影響を与えた可能性がある』とも懸念されています。

分散型金融(DeFi)プロトコルである「DeFiChain」は15日のツイートで『CoinMarketCap APIでエラーが発生したが、全てのDeFiChain Vaultsは自動的に停止され、お客様のローンの安全性は確保されている』と報告していますが、CoinMarketCap APIを他のサービスでは何らかの不具合が発生している可能性もあるため、そのような関連情報には注意を払う必要があると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルトコイン価格「大幅上昇」ビットコインからの資金流入で50%以上の回復も

アルトコイン価格「大幅上昇」ビットコインからの資金流入で50%以上の回復も

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

米Kraken「NFTプラットフォームの立ち上げ」を計画|近い将来に公開される可能性も

米Kraken「NFTプラットフォームの立ち上げ」を計画|近い将来に公開される可能性も

SEBC:ビットコイン価格予想で3万円が当たる「ビビビッ!お年玉キャンペーン」開催

SEBC:ビットコイン価格予想で3万円が当たる「ビビビッ!お年玉キャンペーン」開催

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

スイス最大のオンラインショップ:仮想通貨に加え「ステーブルコイン決済」にも対応へ

LISK & Zcashなど10銘柄上場!オーストラリアの仮想通貨取引所「Cointree」で取引開始

LISK & Zcashなど10銘柄上場!オーストラリアの仮想通貨取引所「Cointree」で取引開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Kraken:取引所・販売所で「OMG・BAT・LINK」取扱い開始|米ドル・ユーロ建取引も

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Chiliz&Socios:イタリア・プロサッカーリーグ「セリエA」と提携

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

Binance Saving「ジャスミーコイン(JasmyCoin/JASMY)」をサポート

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

ビットバンク:国内初「メイカー(Maker/MKR)」取扱いへ|上場記念キャンペーンも開催

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

Decentraland×UNXD:仮想空間で「メタバース・ファッション・ウィーク」開催へ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

Liquid:新規口座開設で500円がもらえる「お年玉プレゼントキャンペーン」開始

Liquid:新規口座開設で500円がもらえる「お年玉プレゼントキャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインがもらえる「スタートダッシュキャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインがもらえる「スタートダッシュキャンペーン」開始

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

日本文化に特化したNFTマーケット「ORADA」グローバル展開へ|出品作品も募集開始

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す