暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:ディープコイン関連の記事を新着順で「DEAPcoin/DEP」関連ニュース

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)とは?

DEAP-Coin-DEP-Logo-MID

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)とは、日本人の開発チームが活躍するシンガポール拠点の企業「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.(DEA)」が運営しているGameFiプラットフォーム「PlayMining」上で使用されるユーティリティトークンであり、DEPというティッカーシンボルで取引されています。

GameFiとは「Game Finance(ゲーム×金融)」を略した造語であり、ゲームをプレイすることによって暗号資産やNFTなどといった価値のある資産を獲得することができるようになっているため、『ゲームで遊びながら稼ぐことができる』として人気を集めてきています。

DEA社は以下に記述している「JobTribes」「Lucky Famer」などのゲームを既にリリースしているため、ユーザーはこれらのゲームをプレイすることによってDEPを獲得することができるようになっており、獲得したDEPは暗号資産取引所で売却して現金に変えたり、DEA社が提供するNFTマーケットプレイス「NFT Marketplace by DEP」でNFTの購入に使用したりすることができるようになっています。

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)はDEAが管理する中央集権的な暗号資産となっているものの、DEA社が中心となってDAPの経済圏を構築することによって「様々なゲームをプレイしながらDAP報酬を獲得して、獲得したDAPでNFTを売買して他のゲームをプレイする」という新しいゲーム体験を気軽に楽しむことができるようになっています。

※アカウントとウォレットの作成は「メールアドレス・電話番号の登録」で行うことができますが、NFTのオークション取引やDEPの出金には「身分証明書の提出」などが必要となります。

DEA社が展開する3つの事業

(画像:DEA社公式サイト)(画像:DEA社公式サイト)

Digital Entertainment Asset(DEA)は、大きく分けて「ゲーム・NFT・ブロックチェーン」という3つの分野で事業を展開しており、具体的には以下のような名称の事業を展開しています。

PlayMining(ゲーム事業)

「PlayMining」は『冒険と探究を通じて報酬を獲得できる、新しい収入のかたち』を実現するゲーム関連事業であり、ゲームをプレイすることによって仮想通貨DEPを獲得することができる複数のゲームが展開されています。

具体的には「JobTribes」「Puzzle×JobTribes」「Lucky Famer」などのゲームがリリースされており、これらのゲームをプレイしてDEPを獲得したり、獲得したDEPでNFTを購入したり、購入したNFTをゲーム内で使用したりすることができるようになっています。

PlayMiningをはじめとするDEA社の複数のサービスを利用するためのアカウント登録は「メールアドレス・電話番号の登録」だけで行うことができるようになっており、メールアドレス・電話番号を登録するとそのアドレス専用のDEPウォレットが作成され、登録後はDEA社が展開する複数のゲーム・サービスに登録したメールアドレスでログインすることができる仕組みとなっています。

>>「PlayMining」の公式サイトはこちら

NFT Marketplace by DEP(NFT事業)

「NFT Marketplace by DEP」はゲーム内で利用可能なNFTなどを売買することができるNFTマーケットプレイス事業であり、メールアドレスを用いたアカウント登録と、本人確認手続き(KYC)を行うことによってNFTを売買することができるようになっています。

このNFTマーケットプレイスには既に様々なNFTが出品されており、佐藤秀峰氏が日本の医療現場の現状を描いた人気医療漫画「ブラックジャックによろしく」や、タツノコプロが展開する人気アニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のNFTなども出品されています。

>>「NFT Marketplace by DEP」の公式サイトはこちら

DEAPcoin(ブロックチェーン事業)

DEAPcoin(DEP)は「PlayMining」と「NFT Marketplace」をつなぐブロックチェーン・暗号資産事業であり、これらの経済圏の基軸通貨としてDEPが使用されています。DEPはメールアドレス・電話番号の登録で作成できる「DEPウォレット」に保管される仕組みになっており、DEA社が展開するゲーム・NFTマーケットプレイスにはメールアドレスでログインすることができるため、ウォレットの扱いなどに慣れていない方でも気軽に利用することができるようになっています。

また同社はトークン発行だけでなく、取引の利便性を高める「サイドチェーンの開発」や、ユーザーとクリエイターを直接結びつける空間「PlayMining Verse」のリリースも予定しているため、DEA社のブロックチェーン事業はさらに拡大していくと期待されています。

暗号資産DEPが稼げる「DEA社が展開するゲーム」

Digital Entertainment Asset(DEA)が展開しているゲームとしては以下のようなものが挙げられます。これらのゲームは全て、ゲームを遊ぶことによって暗号資産DEPを稼ぐことができるように設計されており、ゲーム自体も「メールアドレスの登録・ログイン」だけで簡単に遊べるように設計されています。

※各ゲームは"無料のブラウザゲーム"となっているため、パソコンやスマートフォンのブラウザから公式サイトにアクセスして、アカウント登録を行うことによってゲームで遊ぶことができます。

コイン落としゲーム「Lucky Farmer」

DEP-PlayMining-LuckyFarmer

Lucky Farmer(ラッキーファーマー)は、誰でも気軽に遊ぶことができる農場をモチーフにしたコインプッシャーゲームです。ゲーム内でメインに使用されるコインはゲーム内だけで使用されるコインとなっており、ランキング上位に入ることができれば暗号資産DEPを獲得することもできるようになっています。

基本的な操作は「コインを落としてコイン・作物・たまごを獲得する」というシンプルなものとなっていますが、たまごを獲得することによってビンゴに参加して大量のメダルをゲットしたり、収穫した作物を出荷してDEPを獲得したりすることもできるようになっています。

>>「Lucky Farmer」の公式サイトはこちら

トレーディングカードゲーム「JobTribes」

DEP-PlayMining-JobTribes

JobTribes(ジョブトライブス)は世界中の職業が擬人化したキャラクターとその職業の特徴を生かしてバトルする、シンプルで奥が深いトレーディングカードゲームです。このゲームに登場するカードイラストは、世界を代表する作家陣によって書き下ろされたものとなっており、これらのカードイラストはDEA社が運営するNFTマーケットプレイス「NFT Marketplace by DEP」で売買することもできるようになっています。

カードはゲームを進めることによってレベルアップさせることもでき、他のプレイヤーとバトルすることができる「PvP(プレイヤー対プレイヤー)バトル」の機能なども提供されています。

>>「JobTribes」の公式サイトはこちら

ブロック消しゲーム「PlayMining Puzzle × JobTribes」

DEP-PlayMining-PlayMiningPuzzle-JobTribes

※このゲームは2022年3月28日をもってサービスを終了しました。

「PlayMining Puzzle × JobTribes」は、制限手数以内に同じ色のブロックをタップして消して「DEAPcoinのシンボルマーク」を一番下まで落とすブロック消しゲームです。このゲームは"2つ以上同じ色が並んだブロックをタップして消す"というシンプルなゲームであるものの、必殺技や各種アクションなども用意されているため、よく考えないと⼿詰まりになる戦略性の⾼いゲームとなっています。

ゲーム内では「各必殺技を備えた合計5キャラのデッキ」を編成することができるようになっており、NFTを所有していると必殺技の使用回数が増えたり、ゲーム内で貰える「KESO(ケソ)」にボーナスがついたりと様々なメリットを得ることができる仕組みとなっています。

NFTカードは「NFT Marketplace by DEP」で購入することができ、⼿に⼊れたNFTは「JobTribes」など他のゲームで使用することも可能です。また、ステージクリアでもらえるゲーム内ポイント「KESO」を貯めて毎週発表されるランキングに⼊賞すると、⾼額DEPを⼭分けすることもできます。

>>「PlayMining Puzzle × JobTribes」の公式サイトはこちら

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の特徴

Blockchain-Catch

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の特徴としては以下のようなことが挙げられます。

ゲームで遊びながら稼げる暗号資産

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)は「JobTribes」「Puzzle×JobTribes」「Lucky Famer」などのゲームで遊びながら稼ぐことができるゲーム好きには嬉しい暗号資産となっています。

ゲーム内で獲得したDEPはNFTマーケットプレイス「NFT Marketplace by DEP」でのNFT購入にも利用することができ、購入したNFTは各ゲームをより優位に進めるための重要アイテムとなるため、DEPを中心としながらより深くゲームに没頭することができます。

アカウント・ウォレットの作成が簡単

DEA社が提供する各種ゲームをプレイするための「PlayMiningアカウント」はメールアドレス登録だけで簡単に作成することができるようになっており、暗号資産DEPを受取・保管するために必要となる「DEPウォレット」も電話番号の登録だけで簡単に作成することができるようになっています。

「PlayMiningアカウント」と「DEPウォレット」の作成を完了すると、その後はアカウント登録に使用したメールアドレスだけで各種ゲーム・サービスにログインすることができるため、仮想通貨ウォレットなどの利用に慣れていない方でも気軽に各種サービスを利用することが可能です。

パソコン・スマホのブラウザから利用可能

DEA社が提供する各種ゲーム・NFTマーケットプレイスは「パソコン・スマートフォンのブラウザ」からアクセスすることができるため、使用しているデバイスの種類などに関わらず、誰でも気軽に利用することができます。

各種サービスが日本語に対応している

Digital Entertainment Asset(DEA)はシンガポールを拠点とする企業であるものの、同社の代表はテレビ東京プロデューサー出身の山田耕三氏や、エンタメ系の上場企業を複数設立した吉田直人氏が務めているため、同社が展開している各種サービスは全て日本語に対応しています。

DEA社関連のニュースやプレスリリースは日本語でも配信されており、日本向けの公式Twitterアカウントなども用意されているため、『英語が苦手だから仮想通貨には手を出しきれていない』という方でも気軽に関連情報を入手することが可能です。

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の基本情報

名称ディープコイン(DEAPcoin)
ティッカーシンボルDEP
総発行枚数約30,000,000,000 DEP
発行時期2019年8月

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の価格・チャート

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を取扱う暗号資産取引所

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を取り扱っている日本国内の暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年1月時点)。
BITPoint(ビットポイント)

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)関連リンク

Digital Entertainment Asset公式サイト(日本語対応)
PlayMining公式Twitter(日本語)
PlayMining公式Facebook(日本語・英語)
DEAPcoin公式Telegram(英語)
ホワイトペーパー(英語)
ソースコード(Github)
エクスプローラー①(Etherscan)
エクスプローラー②(Ethplorer)
エクスプローラー③(Bscscan)
エクスプローラー④(Polygonscan)
エクスプローラー⑤(FTMScan)

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)の取引が可能な暗号資産取引所ビットポイントの新規登録はこちら。

暗号資産取引所ビットポイントの画像 暗号資産取引所ビットポイントの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ニューヨーク州が仮想通貨のタスクフォースを立ち上げか

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

カルダノ開発企業「Input Output Global(IOG)」に名称変更|アフリカ事業で進展も

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

The Sandbox:メタバース土地LANDを「Ethereum→Polygon」に移行

Chiliz&Socios:スター選手2名が出演する「初のテレビCM」放送へ

Chiliz&Socios:スター選手2名が出演する「初のテレビCM」放送へ

仮想通貨DEPが稼げる新作ゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」公開へ|NFTプレセールも

仮想通貨DEPが稼げる新作ゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」公開へ|NFTプレセールも

【2022年版】おすすめの国内暗号資産取引所まとめ|メリット・デメリット・取扱銘柄も

【2022年版】おすすめの国内暗号資産取引所まとめ|メリット・デメリット・取扱銘柄も

Kraken「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始|ステーキングサービスも提供

Kraken「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始|ステーキングサービスも提供

バーチャルヒューマン企業Aww「Decentraland」のメタバース上で採用選考面談を実施

バーチャルヒューマン企業Aww「Decentraland」のメタバース上で採用選考面談を実施

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

Cardano創設者:Vasilハードフォーク「予定通り進行中」と報告|6月末にアップグレード

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月8日〜14日

Huobi Japan:新規登録+条件達成で「最大4万円相当のHT」が当たるキャンペーン開始

Huobi Japan:新規登録+条件達成で「最大4万円相当のHT」が当たるキャンペーン開始

Twitter「イーロン・マスク氏の買収提案」に合意|ドージコイン(DOGE)は価格急騰

Twitter「イーロン・マスク氏の買収提案」に合意|ドージコイン(DOGE)は価格急騰

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す