The Sandbox「メタバース関連スタートアップ支援プログラム」開始|約58億円を投資

by BITTIMES

人気のメタバースプラットフォームである「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」は2022年1月27日に、メタバース開発を進めているスタートアップに総額5,000万ドル(約58億円)を投資して支援するアクセラレータープログラム『The Sandbox Metaverse Accelerator Program』の募集を開始したことを発表しました。

こちらから読む:コインチェック、メタバースに近未来都市建設へ「暗号資産」関連ニュース

メタバース関連スタートアップに「総額58億円」を投資

ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)は2022年1月27日に、メタバース開発を進めているスタートアップに総額5,000万ドル(約58億円)を投資して支援するアクセラレータープログラム『The Sandbox Metaverse Accelerator Program』の募集を開始したことを発表しました。

このスタートアップ支援プログラムは、ベンチャーアクセラレーター企業である「Brinc」と共同で行われる支援プログラムとなっており、今後3年間をかけて年間30〜40のスタートアップの開発を促進することを目的としていると説明されています。

「The Sandbox」は仮想空間上の土地や資産を売買したり、それらの土地に独自のゲームやコンテンツを構築したり、仮想空間上に構築されたコンテンツで遊んだりすることができるプラットフォームであり、クリエイター向けの開発ツールである「Game Maker」や「VoxEdit」なども提供していますが、今回発表された支援プログラムに参加するスタートアップは「The Sandbox」から直接支援を受けることができるようになっています。

具体的には、有望な新興企業やプロジェクトに投資・指導・教育を行うことによってその発展を支援すると共に、「The Sandbox、Animoca Brands、Brinc」のネットワークを通じて潜在的なパートナーシップや事業開発の機会へのアクセスを提供すると説明されています。

>

支援先として選ばれた各プロジェクトは「最大25万ドル(約2,900万円)の初期投資」を受けることができるとのことで、最優秀者には「最大15万ドル(約1,732万円)相当のSANDトークン」や「LAND助成金」なども提供される予定だと報告されています。

なお、現在はスタートアップからの申請を受け付けている段階となっており、実際に支援するプロジェクトは2022年第2四半期までに決定される予定だと説明されています。支援プログラムへの応募は、以下にリンクを記載している「Brincの特設ページ」から行うことができます。

>>「支援プログラムへの申込み」はこちら
>>「The Sandbox」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

ビットコイン還元アプリLolli:大手通販サイト「eBay(イーベイ)」と提携

ビットコイン還元アプリLolli:大手通販サイト「eBay(イーベイ)」と提携

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

インド政府「暗号資産の全面禁止」再度検討か=現地メディア報道

BINANCEの「セービング」とは?特徴・メリット・使用方法などを画像付きで解説

BINANCEの「セービング」とは?特徴・メリット・使用方法などを画像付きで解説

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

JPYCで賞金を支払う課題解決プラットフォーム「SPARKN」登場

JPYCで賞金を支払う課題解決プラットフォーム「SPARKN」登場

公式装う詐欺トークン「X Token」に要注意|Facebookなどにも広告掲載

公式装う詐欺トークン「X Token」に要注意|Facebookなどにも広告掲載

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

ターミネーターにインスパイアされた「ミームネイター」ミームコイン市場の支配を目標に掲げる

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

Grayscale「新たなイーサリアム先物ETFの申請書類」を米SECに提出

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

Sony子会社:ブロックチェーン開発に向け「スターテイル・ラボ」と合弁会社設立へ

ARK Investと21Shares「イーサリアム現物ETF」を申請

ARK Investと21Shares「イーサリアム現物ETF」を申請

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

Polygon:仮想通貨POLへのアップグレードを含む「3つの改善提案」を発表

メタマスク:仮想通貨⇔法定通貨の売買を可能にする「Ramp」と提携

メタマスク:仮想通貨⇔法定通貨の売買を可能にする「Ramp」と提携

東南アジアのUber「Grab」Web3ウォレットを追加|仮想通貨関連機能を提供

東南アジアのUber「Grab」Web3ウォレットを追加|仮想通貨関連機能を提供

暗号資産、禁止ではなく「健全な金融政策と規制対応」が必要:IMF・FSBが共同文書を公表

暗号資産、禁止ではなく「健全な金融政策と規制対応」が必要:IMF・FSBが共同文書を公表

カシオ「VIRTUAL G-SHOCK」プロジェクト開始|Polygon基盤の会員権NFTを無料配布

カシオ「VIRTUAL G-SHOCK」プロジェクト開始|Polygon基盤の会員権NFTを無料配布

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

ニアプロトコル(NEAR Protocol/NEAR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イミュータブル(Immutable/IMX)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

イオス(EOS)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

Binance Japan(バイナンスジャパン)とは?サービス内容・特徴・取扱う暗号資産などを解説

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

人気のタグから探す