暗号資産取引所FTX:機関投資家向けサービスの専門部署「FTX Access」立ち上げ

by BITTIMES

暗号資産取引所「FTX」は2022年3月9日に、機関投資家向けの製品やサービスを提供する専門部署「FTX Access」を立ち上げたことを発表しました。FTX Accessは「FTX US」や「FTX.com」の専門知識を組み合わせて、機関投資家向けにデジタル資産関連製品とグローバル市場への摩擦のないアクセスを提供すると説明されています。

こちらから読む:Milkomeda(ミルコメダ)日本語サイト公開「暗号資産」関連ニュース

機関投資家向けの製品・サービスを提供

FTXは2022年3月9日に「FTX US」と「FTX.COM」をそれぞれ運営する「West Realm Shires Services Inc.」と「FTX Trading Limited」が、機関投資家向けの製品やサービスを提供する専門部署『FTX Access』を立ち上げたことを発表しました。

『FTX Access』は最初にデジタル資産に関心のある機関投資家向けに「アドバイザリーサービス・インデックス商品・取引執行・分析ツール・資本紹介」などを提供することを予定しているとのことで、その後は「カストディ・デリバティブ・ストラクチャード商品・その他資産運用商品」などを提供することも検討していく予定だと説明されています。

新部署「FTX Access」の米国部門リーダーは、大手暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」の元グローバル責任者でありながら、金融大手「Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)」に勤務した経歴も有しているGustavo Miguel氏が務めるとのことで、機関投資家向け金融サービスを手掛けてきた知識を活かして「FTX Access」の米国事業成長を指揮していくと説明されています。

FTXのCEOであるSam Bankman-Fried氏は「FTX Access」の立ち上げについて次のようにコメントしています。

世界の金融情勢で仮想通貨が果たす役割は拡大し続けており、それに伴い、仮想通貨をバランスシートに加えようとする金融機関も続々と登場してきています。私たちはそのような機関がデジタル資産エコシステムにシームレスに移行できるようにするために「FTX Access」を立ち上げて、そのような企業に身近なサービスを提供することにしました。

私たちの目標は『あらゆるレベルのトレーダーが暗号資産に容易に投資できるサービスを提供し、それと同時に伝統的な金融分野で見られるコンプライアンスと規制の基準を満たすこと』です。デジタル資産に対する機関投資家の関心は加速度的に高まっているため、FTXの最優先事項とするには絶好の機会だと考えています。

FTXはここ最近でビジネス展開を加速させており、今年2月には日本の暗号資産交換業者兼第一種金融商品取引業者「Quoine株式会社」の親会社である「Liquid Group Inc.」の買収が発表されている他、先日は『キプロスで運営ライセンスを取得し、欧州市場への進出を本格化すること』なども発表されています。

>>「FTX」の公式発表はこちら
>>「FTX Access」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

G20サミット2018|仮想通貨の各国の規制状況まとめ

G20サミット2018|仮想通貨の各国の規制状況まとめ

仮想通貨Pundi X(NPXS)がBinanceの人気投票で優勝!21日から取引開始

仮想通貨Pundi X(NPXS)がBinanceの人気投票で優勝!21日から取引開始

パラグアイの大学:授業料支払いで「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

パラグアイの大学:授業料支払いで「仮想通貨決済」対応へ|BTC・ETHなどを受け入れ

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

SBI VCトレード:満18歳・19歳にQuoカードプレゼント「新成年応援キャンペーン」開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

The Sandbox:パートナー数は700以上に「Game Maker 0.8」も近日公開予定

バケット×ソフトバンク:CNP活用したデジタルマーケティング支援で基本合意締結

バケット×ソフトバンク:CNP活用したデジタルマーケティング支援で基本合意締結

Redditによる投資でおすすめのDeFiプロジェクト6選

Redditによる投資でおすすめのDeFiプロジェクト6選

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

スズキのインド子会社:メタバースショールーム「ArenaVerse」を導入

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

SBI VCトレード「FLRの付与・取扱い方針」で続報|残高確認システム公開へ

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

2023年に注目すべきおすすめのNFTプロジェクト

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

MetaTokyo:Decentralandのメタバース土地を追加購入|所有区画は4倍強に

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

ビットフライヤー:XRP保有者に対する「FLR付与予定日」を発表

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

国会議事堂の自販機などで仮想通貨決済対応を|米上院議員が決議案提出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す