SBI、韓国大手取引所を傘下へ|リップルxCurrent初の実用化

by BITTIMES   

SBIホールディングスは関連会社であるSBI Ripple Asia株式会社が、2018年中に韓国で国際送金サービスを提供するCoinone Transfer Inc.とRipple社のxCurrentを活用した国際送金システムを提供することを発表しました。

アジア地域で分散台帳技術(DLT)を活用した次世代決済基盤を展開しているSBI Ripple Asia株式会社は、韓国でブロックチェーンを活用した国際送金サービスを展開しているCoinone Transfer Inc.と xCurrentライセンス契約を締結したことが明らかになりました。

リップルのシステムを韓国で実用化するのは初めてであるとのことで、xCurenntを活用すれば即時に海外への送金を行えるだけでなく、既存の韓国の銀行と比べると送金手数料をの7分の1にまでに抑えることができると予想されています。

はじめにタイやシンガポールなどの東南アジア向けの国際送金に利用されることとなっています。
韓国には外国人の労働者が多く自国への送金を行う人多いため、2016年の韓国から他国への送金額は100億ドル超となっており日本から海外への送金額の2倍以上にもなっているとのことです。

Coinone Transfer社は、韓国の仮想通貨取引所Coinoneはじめとする、ブロックチェーンを活用した各種金融ソリューションを提供するCoinone社の子会社であり、少額海外送金サービス「Cross」の正式サービス開始を6月に予定しています。

Coinone Transfer社の国際送金システムに、Rippleが提供する次世代決済基盤であるxCurrentを統合することで、中央集権型ネットワークを介さないリアルタイム送金が可能となり、ユーザーの利便性向上や健全なブロックチェーン生態系の構築を目指す予定であるとのことです。

またCoinone社はSBIインベストメントが運営する「FinTechファンド」の投資先であるDAYLI Financial Group Inc.傘下の企業となるとのことです。

Coinone Transferのシン・ウォンヒ代表次のようにコメントしています。

「今回のxCurrentソリューションの導入は、ブロックチェーン技術が、私たちの日々の生活をどのように革新させることができるのかを確認することのできる機会だ」

「Coinone Transferはこれからもブロックチェーンおよび暗号通貨を通じた価値の自由な接続とその可能性を実現するために最善を尽くす予定だ」

SBI Ripple Asiaは、日本で分散台帳技術(DLT)を活用する各種金融コンソーシアムの事務局を務めるとともに、韓国市場においても主要銀行との国際送金実験などを行っていましたが、今回のCoinone社の採用を機に日本だけでなくアジア地域でもブロックチェーンの商用利用及びエンタープライズ用途でのブロックチェーン・エコシステムの構築に取り組んでいくとのことです。

(引用:sbigroup.co.jp

リップル(XRP)は仮想通貨取引所BitTradeなどで購入することができます。

仮想通貨取引所の画像仮想通貨取引所BitTradeの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年4月

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年4月

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

ブロックチェーンベースの「医療情報共有プラットフォーム」開発へ|韓国・明知病院

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

仮想通貨XRP「有価証券に分類された場合の影響は?」Ripple社CEOが回答

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月24日〜3月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月24日〜3月2日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す