アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

高速かつ低コストで環境にも優しいパブリックブロックチェーン・スマートコントラクトプラットフォームである「アバランチ(Avalanche/AVAX)」に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

こちらから読む:アバランチ関連の記事を新着順で「Avalanche/AVAX」関連ニュース

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?

Avalanche-AVAX-logo

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは、分散型アプリケーション(DApps)分散型金融(DeFi)を構築するためのプラットフォームとして機能する高速かつ低コストで環境にも優しいパブリックブロックチェーン・スマートコントラクトプラットフォームであり、AVAXはアバランチのプラットフォーム上で使用される暗号資産(ガバナンストークン)となります。

2020年9月にメインネットを立ち上げたAvalancheは、ビットコインと分散型ネットワークに長く関わったコンピューター科学者であるEmin Gün Sirer(エミン・ガン・サイラー)氏を含む共同設立者によって設立された「Ava Labs」というチームが開発を主導しており、2021年9月には複数のベンチャーキャピタルから総額約250億円の資金を調達しています。

Avalancheは、代表的なパブリックブロックチェーン・スマートコントラクトプラットフォームである「イーサリアム(Ethereum/ETH)」との互換性も有しており、高いトランザクション処理能力を持つ独自のコンセンサスアルゴリズム(取引承認などの合意方法)『アバランチ・コンセンサス』も採用しているため、"イーサリアムキラーの1つ"としても注目されています。

アバランチ(Avalanche/AVAX)の特徴

Blockchain-Catch

アバランチ(Avalanche/AVAX)の特徴としては以下のような点が挙げられます。

高速かつ低コストで環境にも優しい

アバランチ(Avalanche/AVAX)は、高いトランザクション処理能力を持つ独自のコンセンサスアルゴリズム『アバランチ・コンセンサス』に、次世代型ブロックチェーンで広く採用されている『プルーフ・オブ・ステーク(PoS)』を組み合わせた仕組みを採用することによって、高速かつ低コストで環境にも優しいパブリックブロックチェーンを実現しています。

代表的なブロックチェーンが1秒間に処理できるトランザクション数は「ビットコインが7取引」「イーサリアムが14取引」「ポルカドットでも1,500取引」とされていますが、アバランチは1秒間に4,500もの取引を処理することが可能、サブネットを活用すれば処理できる取引数は無限大であると報告されています。

他ブロックチェーンとの比較(画像:Avalanche)他ブロックチェーンとの比較(画像:Avalanche)

ビットコインでは全てのノードが全てのトランザクションを承認するため、ノードの数が増えるほど処理速度が低下するとされていましたが、Avalancheは一部のノードだけが特定のトランザクションを承認することによって同時並行的に複数のトランザクションを承認することができるようになっています。

また、ビットコインやイーサリアムが送金時に数千円〜数万円の手数料がかかる場合があるのに対して、アバランチは1取引あたり100円未満の手数料で済むため、そのようなガス代の安さも魅力の1つとなっています。

独自ブロックチェーン・ネットワークを作成できる「サブネット」

アバランチ(Avalanche/AVAX)には、複数のノードで構成されるネットワークを構築して、そのネットワーク内でブロックチェーンを作成できる「サブネット(Subnet)」の仕組みが搭載されているため、開発者は目的に応じてカスタマイズされたブロックチェーンを作成することができます。

サブネット内のブロックチェーンは「プライベート型・パブリック型」などユースケースに合わせてカスタマイズすることが可能で、サブネット内の参加者を制限することも可能、さらに作成可能なサブネット数の上限もありません。

イーサリアムとの互換性

アバランチ(Avalanche/AVAX)は代表的なブロックチェーンである「イーサリアム(Ethereum/ETH)」との互換性も備えています。

Avalancheは「イーサリアム仮想マシン(EVM)」と呼ばれるプログラムを変換してコンピューターへと伝えるイーサリアム独自の処理実行環境を備えており、イーサリアムのブロックチェーン上でスマートコントラクトを構築するためのプログラミング言語「Solidity」に対応しているため、イーサリアム基盤のDAppsをアバランチに持ち込むことが可能です。

また、2021年7月にはAvalancheとEthereumを繋ぐクロスチェーン技術「アバランチ・ブリッジ(Avalanche Bridge/AB)」もローンチされているため、ERC-20トークンを両チェーン間で移動することが可能となっており、イーサリアム関連トークンの保管・送受信で広く使用されているウォレット「MetaMask(メタマスク)」もAvalancheに対応しています。

ネットワークは3つのチェーンで構成

アバランチ(Avalanche/AVAX)のネットワークは「取引チェーン(X-Chain)、コントラクトチェーン(C-Chain)、プラットフォームチェーン(P-Chain)」という相互運用可能な3つのブロックチェーンによって構成されています。Avalancheはこれら3つのブロックチェーンに異なる役割を割り当てることによって、より高いスピードとスケーラビリティを実現させています。各チェーンの概要は以下の通りです。

取引チェーン(X-Chain)
AVAXトークンやその他デジタル資産の作成・取引に使用される。トランザクション手数料はAVAXで支払われ、ブロックチェーンにはAvalancheコンセンサスプロトコルが採用されている。

コントラクトチェーン(C-Chain)
開発者がDAppsのスマートコントラクトを作成できるチェーン。このチェーンはイーサリアム仮想マシン(EVM)のインスタンスを実装しており、コーダーはEVMと互換性のあるDAppsをフォークすることが可能。C-Chainでは、Avalancheコンセンサスプロトコルに修正を加えた『Snowman』というバージョンを使用している。

プラットフォームチェーン(P-Chain)
ネットワークバリデーターを調整し、アクティブなサブネットを追跡し、新しいサブネットの作成を可能にする。P-ChainもC-Chainと同様に『Snowman』を使用している。

アバランチ・コンセンサス

アバランチ(Avalanche/AVAX)は『アバランチ・コンセンサス』と呼ばれる独自のコンセンサス・アルゴリズム(取引承認などの合意方法)を採用することによって、高度に分散化された拡張性の高いネットワークを実現しています。

アバランチ・コンセンサスは、素早く環境負荷に優しい『クラシカルコンセンサス』と、ビットコインに使用されている分散化されていて強靭な『ナカモトコンセンサス』の両方の良い部分だけを併せ持ったハイブリッド形アルゴリズムとなっています。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)も採用

アバランチ(Avalanche/AVAX)は先述した『アバランチ・コンセンサス』にプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake/PoS)を組み合わせているため、AVAX保有者はステーキングすることによってステーキング報酬を獲得することも可能となっています。

ステーキングに参加するためには「2000AVAX」が必要となりますが、ハードウェアの要件は低いため、標準的なノートPCやデスクトップPCであれば、検証をはじめることができます。また、トークンをバリデーターにステークし、バリデーターがトランザクションの確認に成功すると報酬を受け取ることができます。

低コストでNFTを発行できる

アバランチ(Avalanche/AVAX)では、Avalancheが提供している専用ウォレット「Avalanche Wallet」を用いて誰でも簡単にNFTを発行することができるようになっています。

「Avalanche Wallet」はAvalanche公式サイトから簡単に作成することができるようになっており、発行したNFTは別のウォレットに送信してNFTマーケットプレイスで売却することも可能です。また公式サイトでは『1セント未満の手数料で数秒で自分のデジタル収集品を作成することができる』とも説明されています。

アバランチ(Avalanche/AVAX)の基本情報

プロジェクト・ブロックチェーン名称アバランチ(Avalanche)
トークン名称アバックス(AVAX)
ティッカーシンボルAVAX
総発行枚数720,000,000 AVAX
メインネット公開時期2020年9月
コンセンサスアルゴリズムアバランチ・コンセンサス+Proof-of-Stake

アバランチ(Avalanche/AVAX)の価格・チャート

AVAXを取扱う暗号資産取引所

アバランチ(Avalanche/AVAX)の取引が可能な国内暗号資産取引所としては以下のような取引所が挙げられます(2022年11月時点)。
OKCoinJapan(オーケーコインジャパン)
FTX Japan(エフティーエックスジャパン)
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
SBI VC Trade(SBI VCトレード)
bitbank(ビットバンク)
Coinbase Japan(コインベースジャパン)

>>「OKCoinJapan」の新規登録はこちら

アバランチ(Avalanche/AVAX)対応ウォレット

アバランチ(Avalanche/AVAX)関連の仮想通貨・トークン・NFTなどを保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
Avalanche Wallet(アバランチ・ウォレット)
MetaMask(メタマスク)
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)

アバランチ(Avalanche/AVAX)関連リンク

Avalanche公式サイト
Avalanche公式Twitter(英語)
Avalanche公式Twitter(日本語)
Avalanche公式Facebook
Avalanche公式Telegram
Avalanche公式YouTube
Avalanche公式ブログ
AvalancheのRedditコミュニティ
AvalancheのDiscordコミュニティ
ホワイトペーパー
ソースコード(GitHub)
エクスプローラー①(snowtrace.io)
エクスプローラー②(avascan.info)
エクスプローラー③(explorer.avax.network)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

イーサリアム(ETH)価格上昇「3,000ドル」突破|時価総額はディズニー・バンカメ超え

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

FXcoin:欧州最大級の暗号資産取引所「Bitstamp」とMOU締結

FXcoin:欧州最大級の暗号資産取引所「Bitstamp」とMOU締結

石川県加賀市:ブロックチェーンで「行政サービスのデジタル化」を推進

石川県加賀市:ブロックチェーンで「行政サービスのデジタル化」を推進

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

ビッグアイズ - Cosmosプロジェクト超えを目指すイーサリアム上に構築された価格予測に優れた新しいミームプロトコル

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産業界大手「FTXグループ」が破産法適用を申請|FTX Japanは出金対応中

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

暗号資産自動両替機BTM:東京タワーフットタウン内「RED゜TOKYO TOWER」に設置

PayPal:暗号資産関連サービスを「ルクセンブルク」に拡大|教育コンテンツも提供

PayPal:暗号資産関連サービスを「ルクセンブルク」に拡大|教育コンテンツも提供

Huobi Japan「Japan Open Chain」のIEO実施に向けて覚書締結

Huobi Japan「Japan Open Chain」のIEO実施に向けて覚書締結

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

STEP APP:ローンチイベント「東京」で開催へ|豪華ゲストも参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す