TwitterのCEO「仮想通貨は未来の決済手段」

by BITTIMES   

Twitter(ツイッター)とSquare(スクエア)のCEOを務めるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏は、仮想通貨の未来ついて「インターネットは本来の通貨にふさわしい」と語り、。 「規制当局にこれらの技術の重要性を教えなければならない」と述べています。

仮想通貨は未来の決済手段

ニューヨークで開催された仮想通貨イベント「コンセンサス」の中で「仮想通貨が未来の決済手段の姿である」という意見を持つ仮想通貨愛好家たちのビジョンに共感していることを明かしました。

ドーシー氏は「それがビットコイン(BTC)になるかどうかはわからない」と語りながらも、「そうなることを願っている」と付け加えました。

「この技術は私たちの世界に大きなシフトをもたらすものだ。非常に多くのポジティブな成果を得ることができる。」

Square(スクエア)社で行われる議論

サンフランシスコに本拠を置くSquare(スクエア)社は、決済や金融サービスを提供しています。
2014年にはビットコイン決済に対応しており、今年の2月には同社が提供している、友人や家族に送金することができるキャッシュアプリを使用している、ほぼすべてのユーザーにビットコインの取引もできるようにしたとされています。

しかしスクエア社ではドーシー氏の意見に賛成していない人も多いとのことで、彼は「正直に言うと、これは社内で非常に議論を呼ぶものでした」とも明かしており、今現在でもこの話題に関する議論が行われているとも述べています。

また彼はスクエア社の取締役会の一部の役員も仮想通貨のアイデアにも抵抗しているとも語っています。

スクエア社は5月の初めに第1四半期の決算を発表しました。
ビットコイン関連のビジネスの売上高は3410万ドル(約38億円)となっており、売上高全体の5%を占めています。
しかしビットコイン事業によって得られた利益は、わずか20万ドル(2,200万円)となっており利益率は約0.6%であったとのことです。

規制当局に技術の重要性を教えなくてはならない

ドーシー氏は以前にも「ビットコインは10年以内に世界の単一通貨になる」というコメントを残していますが、今回も改めてそのことを語っています。

「最終的に世界の通貨は一つとなり、インターネットの通貨も一つとなる。私は個人的にそれがビットコインだと信じています。」

ドーシー氏は「現在のビットコインは遅くてコストが高いため、取引手段として使用することは困難である」と指摘し、「ますます多くの人々がそれを持つようになれば、このような問題はなくなるだろう」と述べています。

そして彼は、今後の仮想通貨のために規制当局を教育する必要があると考えていることも語っています。

「私たちは規制当局を教育し、SECになぜこの技術が重要なのか教えなくてはならない。」

Twitterは今年の3月に仮想通貨に関連する広告の禁止を発表しています。
その他の大手企業からも広告禁止が発表されていたこともあり、これらの発表は仮想通貨に対する一般的な印象を下げる結果となりましたが、実際はそれらの企業も仮想通貨やブロックチェーンに関する取り組みは進めており、ドーシー氏のように、個人的には仮想通貨に高い期待を寄せているという人物も多くみられます。

現在も多くの場面で議論されている、仮想通貨に関する著名人からのコメントを紹介していきたいと思います。

これまでの主要人物からの仮想通貨に関するコメントはこちらの記事でまとめています。

世界トップクラスの著名人9人からのコメントを比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

ゴールドマンサックス暗号通貨取引所誕生か?「ビットコインなど取引開始予定」

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

金融大手Fidelity:ビットコイン送金の聖火リレー「Lightning Torch」に参加

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

Tポイントで「仮想通貨ビットコイン」が購入可能に|bitFlyerが新サービスを開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

ビットコイン決済端末を「パナマ」と周辺地域に拡大|PundiX × Chainzilla

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

プレミアリーグ所属の「エヴァートンFC」仮想通貨取引プラットフォームeToroと提携

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

【Bakkt公式発表】ビットコイン先物「2019年9月23日」開始へ|BTC価格も上昇

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

ライトコイン保有者狙いの「大規模ダスティング攻撃」が発覚|詐欺・ゆすりに要注意

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

トラックでブロックチェーンベースの「M2M決済システム」をテスト:コメルツ銀行

ビットコイン「年末200万円超え」を予想|但し、一時下落の可能性も:米投資会社CEO

ビットコイン「年末200万円超え」を予想|但し、一時下落の可能性も:米投資会社CEO

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す