チリの仮想通貨取引所Buda.comがアルゼンチンにも進出

by BITTIMES   

チリの仮想通貨取引所であるBuda.comは、新たにアルゼンチンにも事業を拡大することを明らかにしました。同社が最も重要な市場になると語るこの国では4種の仮想通貨の取引が予定されています。

8万人の仮想通貨ユーザーを抱えるBuda.com

チリの仮想通貨取引所Buda.comは、新たにアルゼンチンでのサービスを開始することを明らかにしました。

現在ペルー、コロンビア、チリの3カ国で8万人以上の顧客を抱えているBuda.comは、アルゼンチン市場への参入の目的について「アルゼンチンの市民がラテンアメリカの強固なプラットフォームを通じてこれらの仮想通貨に簡単にアクセスできるようにすること」と説明しています。

アルゼンチンは最も重要な市場

Buda.comの取締役会長であるパブロ・チャベス(PabloChávez)氏は、アルゼンチンが特に重要な市場であると語っており「今後アルゼンチンが最も重要な市場となる可能性がある」とコメントしています。

「仮想通貨はアルゼンチンの金融業界の機能にプラスの効果をもたらすことができ、特にユーザーの不確実性やインターネット上での経済的な相互作用をもたらす方法を明らかにすることができます。」

「サイズなどの明らかな理由だけでなく、仮想通貨の周りに大きなコミュニティがあるため、市場にも関連があります...アルゼンチンは年間を通して最も重要な市場になる可能性があります。」

取り扱う仮想通貨は4種類

当初の発表でチャベス氏は、利用可能な仮想通貨として、
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
の3種類の通貨を明らかにしていました。

しかし最近の報道によると、ライトコイン(LTC)も新たに追加される予定であることも明らかになっています。

ラテンアメリカ最大の仮想通貨取引所の誕生

アルゼンチン市場へ進出したBuda.comがラテンアメリカ大陸で最大のものになると信じている」とも語っているチャベス氏は、「2018年末までに取引量が2000万ドル(約21億7,700万円)近くに達する見通しだ」とも付け加えています。

チャベス氏は「アルゼンチンの人々はオンラインで仮想通貨などのお金を送金するのがいかに簡単かを理解している」と語っており、現地の特徴について次のように説明しました。

残りの地域との主な違いの1つは、アルゼンチンでは仮想通貨の周りにコミュニティがあり、何年もの間、教育のプロセスと銀行組織との密接な関係を保ってきました。

このような環境は『取引所が地域構造を利用して市場にすばやく浸透する』ことを可能にします。

仮想通貨取引所「Buda.com」と地元銀行の戦い

また故郷に戻ったBuda.comは、銀行口座を再開するために戦っています。
同取引所は、4月に現在の仮想通貨取引口座を閉鎖した後に10行の銀行に対して訴訟を提起しています。

チリの裁判所はその後の訴訟の過程で、3つの銀行に対して2つの仮想通貨取引用口座を再開するよう命じています。

これによってBanco del Estado de Chile(Bancoestado)、Scotiabank、Itau Corpbanca(Itau)は、Buda.comとCryptoktという別の仮想通貨取引のアカウントを再開することが求められています。銀行は裁判所の判決を上訴しましたが却下されています。

先週Bancoestadoは、2つの取引所の口座を再開すると発表しました。
しかしScotiabankとItauは口座の再開を確認しておらず、裁判所の決定をさらに上訴する可能性があることを示しています。

仮想通貨取引所と銀行の戦い:イスラエル

銀行による仮想通貨取引用口座を一方的に停止されているのは、チリだけではありません。

テクノロジー大国であるイスラエルでも同様の問題が以前から起こっており、長い間話題となっていました。

しかしイスラエルではつい先日にイスラエル財務省からの草案が発表され、仮想通貨やマネーロンダリングに関する規制をより適切にするために法律の改正が行われることになりました。

この発表によりイスラエルのビットコインコミュニティはたくさんの喜びの声をあげています。

イスラエルが踏み出した仮想通貨規制への重要な一歩

Buda.comがアルゼンチンで取り扱う仮想通貨は、日本の取引所bitbank(ビットバンク)でも購入できます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像様々な仮想通貨を取引手数料無料で購入できる取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2019年版】仮想通貨市場予測を公開「9つのポジティブ要因」で徐々に回復へ:Tom Lee

【2019年版】仮想通貨市場予測を公開「9つのポジティブ要因」で徐々に回復へ:Tom Lee

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

イラン独自の仮想通貨は「Hyperledger Fabric」を活用|経済制裁の迂回なるか?

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ICOは必要ない?スタンフォード大学の学生が16種類のDAppsを開発

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

JPMorganのビットコイン適正価格分析「27万円」にマイナーが反論|JPMコインにも飛び火

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

注目度の高い仮想通貨ニュース

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

楽天ウォレット:セキュリティ企業「CipherTrace」と提携|取引所の安全性を確保

楽天ウォレット:セキュリティ企業「CipherTrace」と提携|取引所の安全性を確保

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

ブロックチェーン活用した「ソーシャルデーティングアプリ」提供へ:ココネ株式会社

ブロックチェーン活用した「ソーシャルデーティングアプリ」提供へ:ココネ株式会社

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

Kakaoのブロックチェーン関連会社「BApps開発コンテスト」開催へ|賞金総額1億円

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月2日〜8日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月2日〜8日

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す