2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

by BITTIMES   

お財布に優しい投資銘柄は多くの人に魅力的に映る事でしょう。この記事では、今年確実に伸びるであろう6つの低価格な仮想通貨をご紹介します。

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

メタケード(MCADE)コミュニティ主導の革命児

メタケードはP2E(遊んで稼ぐ)ゲームに着目したソーシャルコミュニティセンターです。ユーザーは最先端のP2E世界を探検し、気の合う仲間と繋がりゲーム革命の波に乗ることができます。Wed3に特化してデザインされたメタケードは、ユーザーにソーシャルゲームプラットフォームの新しい見方を提供し、コミュニティが所有・運営をリードする形を目指しています。

メタケードはゲームプレイヤーがゲームコミュニティに望むであろう全ての機能を備えています。フォーラムでは、リアルタイムでの会話、ゲームのヒント、レビューなどが提供され、これからも多くの機能が追加される予定です。例えば、有料のクラシックタイプのアーケードタイトルや、メタケード財務省から直接資金提供されたゲームが揃ったアーケードを作成しています。これについては、後ほど詳しく説明します。

メタケードの大きな目標はP2Eゲームの集結地になることです。そして、メタケードはユーザー同士の交流を活発化させるために、コミュニティの貢献度に応じて報酬としてMCADEを提供します。対象となる活動には、レビュー投稿・有益なゲームのヒント共有などがあります。このような仕組みは、多くのゲームプレイヤーを惹きつけ、コミュニティをさらに盛り上げていくことになるでしょう。

メタケードは今年中にメタグラント(Metagrants)をローンチすることを目指します。メタグラントはユーザーから人気が高い有望なゲーム開発者に資金を提供する取り組みです。開発者は独自のゲーム案をメタグラントの大会に提出することが可能で、ユーザーからの人気投票で最も多くの票を獲得すると、資金と共にメタケードのプラットフォームでゲームの試運転や運営を行う権利が与えられられる仕組みとなっています。

ここで、お気に入りのコミュニティが民主的に運営されている想像をしてみてください。それはローカルのFacebookグループまたはDiscordサーバーかもしれません。あなたの意見やアイデアに大勢からの賛同を得ることによって実装可能な環境ほど素敵なものはないでしょう。

メタケードは分散型自律組織(DAO)へと移行することでそんな空間を作り出そうとしています。2023年半ばに開始して、2024年後半に完了する予定であるDAOでは、元々のコアチームが辞任して、選出された関心の高いコミュニティメンバーに鍵が引き渡されることになります。

この時点からユーザーは、コミュニティの方向性を決める重要な案に投票することができます。新しいパートナーシップ・アップグレード・トークン供給のバーンは投票で決定され、メタケードは最初の分散型ゲームハブの1つとなります。

さらに、メタケードの基礎的事項は、成長に重要な触媒になる可能性があります。Crypto.comによればGamefi業界は2025年には、通常のゲームの10倍の速度で大きくなると予測されています。

これは、投資家から見れば絶好の投資先と言えるでしょう。プレセール中にもかかわらず、メタケードは既に270万ドル以上を調達し、ベータセールだけで約3週間以内に112万ドルが販売されました。この数字は、プレセールの終わりまでに2,000万ドルまで上昇すると予測されています。このようなメタケードは、今年注目するのに最適な低価格の仮想通貨として挙げられています。

>>> メタケードの詳細はこちらから <<<

カルダノ(ADA)2023年は大きな挑戦に挑む

カルダノはレイヤー1ネットワークを先導するプロジェクトであり、今購入を検討するのに最適な低価格仮想通貨の1つです。2017年にローンチして以来、ビットコインやイーサリアムなど従来のプルーフ・オブ・ワークベースのネットワークのより効率的な代替手段として着実に成長し、時価総額で8番目に大きな仮想通貨となりました。これは、ネットワークの各アップグレードが科学的に健全でピアレビューされていることを保証する学術ベースのアプローチによるものです。

いつも一歩遅れているという批判にもかかわらず、カルダノは2023年に飛躍する準備ができているようです。例えば数か月後には「Hydra」として知られるレイヤー2スケーリングソリューションが実装される予定です。これにより、理論的に無限のスケーラビリティが可能になります。

また「Voltaire(ヴォルテール)」と呼ばれる開発の最終段階にも移行します。Voltaireステージは、完全に分散化されたガバナンスネットワークへの移行を示すもので、投票およびコミュニティ割り当ての財務システムが導入されます。

加えて、ステーブルコイン「Djed」の登場も迫っています。これにより、DeFi市場におけるカルダノのシェアが大幅に拡大すると予想されており、1月初旬に見られた強気相場に続いてADAの価格をさらに押し上げる可能性があると期待されています。

エックスアールピー(XRP)SECとの訴訟で勝利を収める可能性

XRPは分散型のネットワークであり、従来の金融サービスに革命を起こすことを目的としています。銀行や、そのほかの機関に使われることを想定してデザインされており、国際送金を行うための主要なネットワークであるSWIFTシステムの代替手段を提供しています。SWIFTでは送金に数日を要し、手数料も安くはありません。しかしXRPは国境を越えた取引を手数料1セント未満で、さらに数秒で完了します。

しかしながら、リップル社は米国証券取引委員会(SEC)から『XRPトークンは未登録の証券である』と指摘されており、訴訟進行中のためにリップルが提案するシステムの採用は慎重に進められています。この事態を受けて、いくつかの取引所がトークンを上場廃止にしましたが、主要な金融機関との提携は停止されていません。バンクオブアメリカ、サンタンデール、HSBC、バークレイズ、ロイヤルバンクオブカナダは日常業務でXRPを使用することを検討しています。

訴訟問題の最終決定は2023年の中期に予定されています。しかし、Coinbaseからのサポートや数千にも登るXRP保有者からの支持を得ているXRPに期待を募らせる投資家は多数います。もし、この訴訟でリップル社が勝利を納めた場合、XRPの価格は急騰する可能性が高くなるため、XRPは今からの購入に最適な通貨の1つとして挙げられています。

ヴィチェーン(VET)主要なエンタープライズグレード

ヴィチェーンはサプライチェーン全体の透明性と効率性を高めることを目的としたブロックチェーンネットワークです。企業は自分達の製品が、顧客の手に渡るまでの過程を監視・追跡できます。これにより、企業はフェイク商品や、詐欺を軽減することができ、すべての利害関係者に完全な透明性を提供できます。

主要なエンタープライズ向けプロジェクトの1つとしてヴィチェーンはいくつものパートナーシップを結んでいます。PriceWaterhouseCoopers(PWC)、Groupe Renault、BMW Group、LVMH、そしてWalmart Chinaなどの大企業に及びます。これらは、プラットフォームの価値とこれからさらに大規模に採用される可能性を示しています。

ヴィチェーンは炭素管理にも進出をしました。これは今年の成長の優れた触媒となる可能性があります。企業・機関・政府がカーボンニュートラルの目標を達成を支援することを目的として、2022年にVeCarbon炭素排出管理SaaSプラットフォームを立ち上げました。この取り組みは、ヴィチェーン財団とアマゾンウェブサービスとのパートナーシップによって可能になりました。

ヴィチェーンは、仮想空間に存在するプロジェクトでありながら、現実世界の商用ビジネスに価値をもたらす唯一のプロジェクトであることを証明しています。これからのサプライチェーンと炭素排出管理をより良いものに変える可能性を秘めたヴィチェーンは、低価格である今こそ購入するのに最適な仮想通貨の1つです。

チリーズ(CHZ)新しいファンエンゲージメントの基準

チリーズはスポーツ分野で活躍するブロックチェーンベースのプラットフォームです。ファントークンを通して応援をしているチームとファンを結びつけます。ファントークンを活用することで投票権、VIPイベントへのアクセス、商品への早期アクセスなどの特別な特典が受け取れます。たとえば、イギリスのプロサッカークラブのユベントスでは、ファントークン所有者がゴールのお祝いソング、公式バスのデザイン、ファンペナントを決めることができます。

チリーズの普及速度は目を目張るものがあります。ユベントス、FC バルセロナ、パリ・サンジェルマンは初からのパートナーでしたが、現在では国際クラブを含む65以上の異なるチームのファントークンがあります。これはサッカーだけに限定されていません。eスポーツ、フォーミュラ1、バスケットボールチームも独自のファントークンを持っています。

2023年にCHZで「Chiliz Chain 2.0」が実装されることによって、開発者はChilizネットワーク上で分散型アプリケーションを構築することが可能となります。これに伴い価格も上昇すると予想されます。メインネットは2023年半ばにローンチされる予定です。その間にもCHZのテクノロジーを採用するクラブが増えていくことで、さらに成長をしていくでしょう。そのため、CHZは2023年に期待できる通貨の1つとして挙げられています。

ドージコイン(DOGE)Twitterに追加されるのか

ドージコインはその存在が独特であり、ユーティリティも限られているにもかかわらず、多くの投資家のポートフォリオの候補に上がっている仮想通貨です。時価総額では8位のカルダノのすぐ後ろに君臨している上、世界中から愛されているミームコインです。2021年にイーロンマスクの支持を得た後、DOGEはスポッライトを浴びました。

当初はジョークとして作成されたにもかかわらず、ドージコインはいまだに世界中の仮想通貨投資家の心をつかんでいます。そして2023年は、DOGEの新しい時代の到来を告げる可能性があります。それは、イーロンマスクがドージコインをTwitterに統合することをほのめかし、「Dogeの最前線で懸命に働いている」と述べたためです。

ただしこの話の進展は最近話題になったもので、Twitterが「コイン」機能の追加に取り組んでいることを示すリークがありました。この機能により、ユーザーは他のユーザーにチップを渡すことができます。一部のファンはDOGEが最適だと発言しています。いずれにせよ、仮想通貨の強気相場は2023年にDOGEを急騰させる可能性が高いと言えます。

メタケード(MCADE)は注目の低価格コイン

ここで紹介した6つの銘柄は比較的低価格な通貨となっていますが、2023年の彼らの動向を見逃すわけには行きません。カルダノとヴィチェーンは間違いなく大きな前進を遂げると予想されます。リップルは訴訟問題が解決すれば、最高のパフォーマンスを展開するでしょう。しかし、メタケードほど投資に最適な銘柄はないでしょう。

P2E業界が驚くスピードで成長をする中、メタケードのような単一の統合コミュニティプラットフォームが必要になることは間違いありません。トークンはプレセール中で、これはP2Eの潜在的な将来のリーダーと関わる絶好の機会となるでしょう。

MCADEの価格は0.008ドルから現在の0.012ドルまで既に50%上昇しています。多くの投資機会の波が押し寄せる中、大きな将来性のある期待のプロジェクトを見逃さないでください。

メタケードの詳細はこちらから


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

優れた投資機会?|AI仮想通貨アルトシグナルとフェッチAIを比較

優れた投資機会?|AI仮想通貨アルトシグナルとフェッチAIを比較

今後の強気相場到来に向けて、今注目の仮想通貨8選:2022年12月

今後の強気相場到来に向けて、今注目の仮想通貨8選:2022年12月

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

Bitget:日本におけるブランドアンバサダーに「本田圭佑選手」を起用

新しいミームコイン「PlayDoge」がプレセールを開始!数時間で20万ドルを調達で次のFlokiと話題に

新しいミームコイン「PlayDoge」がプレセールを開始!数時間で20万ドルを調達で次のFlokiと話題に

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

シバイヌ初期投資家はまだまだ強気?クジラが「約13億円相当のSHIB」購入

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

Play-to-Earnゲームをテーマとしたエコフレンドリーな仮想通貨eTukTuk、プレセールでもうすぐ350万ドルを調達

Play-to-Earnゲームをテーマとしたエコフレンドリーな仮想通貨eTukTuk、プレセールでもうすぐ350万ドルを調達

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

MAR Mining:ユーザー体験向上に向けて1億ドルの資金調達

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

シバイヌのネットフローが3,015%急増|新たなミームコイン「Milei Moneda(MEDA)」が今年の爆発的成長を目指す

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

Symbol関連イベント「XYMPOSIUM TOKYO 2024」9月開催か|リンガフランカに関する情報も

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

DMMビットコイン「約482億円相当のビットコイン」が不正流出【公式発表あり】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す