Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)のウォレット数が2023年だけで50,000以上増加し、合計ウォレット数が400万に近づいていることが明らかになりました。Cardanoウォレット数は1日に2,000前後増えているとのことで、ウォレット増加に伴い委任ウォレットの数も増えていると報告されています。

こちらから読む:話題のポルシェNFT、価格が3倍以上に上昇「暗号資産」関連ニュース

ウォレットは53,923、委任ウォレットは8,754増加

カルダノ(Cardano/ADA)のウォレット数が2023年だけで50,000以上増加し、合計ウォレット数が400万に近づいていることが明らかになりました。

Cardano(ADA)に関連する様々なデータを配信している「Cardano Blockchain Insights」のデータによると、2023年1月1日時点で3,842,647個だったCardanoウォレットの数は2023年1月27日時点で3,896,570個にまで増加していると報告されています。

また、ウォレット数の増加に伴い委任ウォレット数も増加しており、2023年1月1日時点で1,251,744だった委任ウォレット数は2023年1月27日時点で1,260,498にまで増加していると報告されています。

このデータに基づいて計算すると、この1ヶ月間でCardanoウォレット数は53,923、委任ウォレット数は8,754増加していることになります。なお、ここ最近で1日の新規ウォレット数が特に多かったのは2023年1月19日で、この日は1日に4,357の新規ウォレットが作成されたと報告されています。

(画像:Cardano Blockchain Insights)(画像:Cardano Blockchain Insights

春には「ウォレット数400万」に到達する勢い

今月19日頃には、Cardanoブロックチェーンを活用した自動車プロジェクト「eTukTuk」からCardanoブロックチェーンを活用した充電ステーションネットワークをスリランカで展開することが発表されている他、カルダノ創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏が仮想通貨メディアCoinDeskの買収を検討していることなどが報じられていました。

また最近ではADA価格上昇の裏でADAを大量保有するクジラやサメと呼ばれる投資家が増加していることなども報告されており、来週はCardanoブロックチェーンを基盤としたアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」のリリースも予定されているため、一連のCardano関連ニュースでカルダノへの関心が高まった可能性があると考えられます。

カルダノ(Cardano/ADA)は数年前から「開発活動が活発なブロックチェーンランキング」で常に上位をキープしており、最近の大幅アップグレードによって現在は続々とカルダノブロックチェーンを活用したアプリやサービスが登場してきているため、今後はCardano・ADAの実用性が高まり、Cardanoウォレットの数もさらに増加していく可能性があると期待されています。

「Cardano Blockchain Insights」のデータによると、Cardanoウォレット数は平均して1日に2,000前後増えていると報告されているため、このままのペースでウォレット数が増加すれば、2023年春頃にはCardanoウォレット数が400万を超えることになると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

シバイヌL2のShibarium「第5回目のSHIBバーン」を実施|合計処分枚数は400億を突破

シバイヌL2のShibarium「第5回目のSHIBバーン」を実施|合計処分枚数は400億を突破

Apple社:App Storeから「DApps系アプリ排除」か?Coinbase CEOが報告

Apple社:App Storeから「DApps系アプリ排除」か?Coinbase CEOが報告

コインチェック「フィナンシェトークン(FNCT)のIEO詳細」を発表

コインチェック「フィナンシェトークン(FNCT)のIEO詳細」を発表

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

【重要】OKCoinJapan「暗号資産入庫アドレスの切り替え」を実施|送金ミスに要注意

【重要】OKCoinJapan「暗号資産入庫アドレスの切り替え」を実施|送金ミスに要注意

注目度の高い仮想通貨ニュース

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

コインチェック「サーキットブレーカー・板寄せ機能」導入へ|板寄せ手数料も設定

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

2月の注目ミームコイン|プレセールで430万ドルを調達したミームネーターとソラナの新銘柄マイロ

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

取引所外で仮想通貨を簡単購入|コインチェック「組込型オンランプサービス」提供へ

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

ビットコイン推進派のナジブ・ブケレ氏「エルサルバドル大統領選挙」で勝利宣言

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す