カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

by BITTIMES

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の価格上昇が続いている裏では「クジラ」や「サメ」と呼ばれるADA大量保有者の数が数十人規模で増えていると報告されています。ADA価格に関しては下落トレンドを抜け出すための重要ラインとして0.3ドルの価格帯が挙げられていましたが、現在ADA価格は0.32ドル付近まで回復しています。

こちらから読む:コインチェック、FLRの付与予定日を発表「暗号資産」関連ニュース

100万以上のADA保有アドレスが28個も誕生

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)の価格は昨年末に32円付近まで下落して以降、順調に回復してきており、記事執筆時点では「1ADA=42円」まで上昇していますが、価格上昇が続く裏では「クジラ」や「サメ」と呼ばれるADA大量保有者の数が数十人規模で増えていると報告されています。

仮想通貨分析企業である「Santiment」の報告によると、2022年12月30日から始まった価格上昇以降で「100万以上のADAを保有する新しいウォレットアドレス」が28個も誕生したとのことで、特に多くのADAを保有する"大型クジラ"の取引も増加し、ADAの取引高は2ヶ月ぶりの高水準に達していると伝えられています。

カルダノは12月30日以来、+30%という驚異的な急上昇を遂げています。ラリー開始以降で100万以上のADAを保有する28の新しいアドレスがネットワーク上に現れました。大型クジラの取引が増加するなど、取引高は2ヶ月ぶりの高水準に達しています。

ADA価格は2021年9月に記録した過去最高値「1ADA=325円」から10分の1まで下落したものの、下落期間中もCardano関連の開発は積極的に続けられており、現在は様々なカルダノ関連サービスが登場してきているため、2023年も注目銘柄の1つとして世界的に注目を集めています。

Twitterで64万人以上のフォロワーを持つ人気の仮想通貨アナリストMichaël van de Poppe(@CryptoMichNL)氏は、2023年1月8日のツイートで『ADAが下落トレンドを破るためには0.30ドルのレジスタンスラインを突破する必要がある』と述べていましたが、現在のADA価格は0.32ドルで、ここ数日間で見られた短期的な下落でも0.30ドルのラインは守られています。

カルダノでは過剰担保のアルゴリズム型ステーブルコインである「Djed」や、法定通貨に裏付けられた規制にも準拠している米ドル連動ステーブルコイン「USDA」の開発も進められており、Cardanoブロックチェーンを基盤とした開発段階のプロジェクトは1,000以上にのぼるとも報告されているため、今後はCardanoが本格的な実用化フェーズに突入し、エコシステム全体で大きな成長が見られる可能性があると期待されています。

カルダノ(ADA)の売買が可能な国内暗号資産取引所ビットバンクはこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JPモルガン:ブロックチェーン決済ネットワークが拡大 ー 75以上の銀行が参加

JPモルガン:ブロックチェーン決済ネットワークが拡大 ー 75以上の銀行が参加

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

ダボス会議2021「デジタル通貨のリセット」をテーマに議論:世界経済フォーラム

ダボス会議2021「デジタル通貨のリセット」をテーマに議論:世界経済フォーラム

ベネズエラ20,000店舗以上で「仮想通貨決済」導入へ|CryptobuyerとMega Softが提携

ベネズエラ20,000店舗以上で「仮想通貨決済」導入へ|CryptobuyerとMega Softが提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

セキュリティトークン取引所「大阪・神戸」に設立|SBI北尾社長の国際金融都市構想

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

2023年内に5カ国でTRXを法定通貨に|Tron創設者が目標語る

ビットポイント:Flareトークン(FLR)の貸出募集開始|貸出期間30日間・年率2%

ビットポイント:Flareトークン(FLR)の貸出募集開始|貸出期間30日間・年率2%

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

BINANCE:韓国市場進出に向け暗号資産取引所「Gopax」買収か=報道

BINANCE:韓国市場進出に向け暗号資産取引所「Gopax」買収か=報道

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

ファイルコイン財団:分散型ファイルシステム(IPFS)を宇宙展開「Lockheed Martin」と協力

Meta「バスケ52試合をメタバース配信」NBA・WNBAとの提携を拡大

Meta「バスケ52試合をメタバース配信」NBA・WNBAとの提携を拡大

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

インドネシア:規制改革の一環として「暗号資産取引所の設立」を計画=報道

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

Flareトークン配布開始|MEXC上場で注目の「FLR価格」も判明

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

Cardano関連ウォレット「Yoroi」ERGトークンのサポート終了へ

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

Bitget:FTXの倒産後に最もシェア拡大を実現|市場シェアが2.6倍となり、デリバティブ取引所トップ3に急浮上

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す