2023年大きなリターンが期待されているアルトコイン|注目の銘柄7選【PR】

by BITTIMES   

※この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

優れたリターンを提供する仮想通貨の投資先を見つけることは、メタバースプロジェクトに投資するすべての人に必須事項です。2022年から2023年にかけての弱気市場により全般的に価格が低水準にあり、市場の状況が緩和されるにつれて、迅速に莫大な利益が得られる可能性が浮き彫りになりつつあります。

この記事では、2023年に利益が10倍に膨れ上がると期待されている銘柄を7つご紹介します。

  • メタケード(Metacade/MCADE)
  • モネロ(Monero/XMR)
  • ポリゴン(Polygon/MATIC)
  • チェーンリンク(Chain Link/LINK)
  • バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)
  • ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
  • LTO ネットワーク(LTO Network/LTO)

メタケード(MCADE)2023年注目のアルトコイン

只今開催中のプレセールで大きな注目を集めている、メタケードは間違いなく2023年に注目すべきアルトコインの一つです。0.008ドルで発売された後、各段階は急速に完売し、最初の10週間で500万ドルを獲得しました。多くの投資家がこのエキサイティングな新しいGameFiプロジェクトに集まりその勢いは弱まる事なく、総投資額は750万ドルにまで膨れ上がりました。

メタケードはコミュニティベースのPlay-to-Earn(P2E)プラットフォームであり、他社との差別化を目指して業界に革新的で市場をリードするアプローチを採用しています。ほとんどのP2Eメディアが1つのゲームに依存しているのに対し、メタケードはクラシックから最先端のアーケードゲームで溢れているP2Eアーケードを構築する事で、様々なタイプのユーザーからアクセスを獲得します。

カジュアルに友達とのプレイを楽しみたいあるいは、1対1の決闘のようなスリリングなタイプを求めているゲームプレイヤーまで惹きつけるよう設計されています。MCADEトークン所有者には、従来のP2Eエンジンとはまた別に稼ぐ複数の機会があります。ゲームのレビューやライブチャットなど、ハブにソーシャルコンテンツを投稿するユーザーにはインセンティブが提供されます。各交流活動により、ユーザーは仮想通貨の報酬を獲得できます。

さらにプラットフォームはWed3界の前線を走るプロジェクトになるべく、メタグラントと呼ばれる取り組みを計画しています。これはイノベーションを促進し、プラットフォームを進化させることでGameFi 開発を新たな高みへと押し上げる狙いがあります。仕組みとしてまず、開発者は独自のゲーム案を資金を獲得すべくコミュニティに提出をします。コミュニティはその案の中から人気投票にてどの案に資金を提供するのか決定を下します。資金を受け取ったゲーム案は、将来的にメタケード専用のゲームとしてリリースされます。

メンバーの声が直接ゲームの制作に関わることで、コミュニティの忠誠心を維持し、リリースごとに新しいGameFiファンの流れがプラットフォームにやってくることで、全面的にメリットが実現されます。開発者とWeb3企業は、ハブの求人掲示板とそのWork2Earn(働いて稼ぐ)機能を通じて、メタケードから優秀な人材を見つけ出すことができるため、相互に利益を得ています。

これらの機能は、プラットフォームに自給自足の経済を提供するためにいくつかのルートを介して生成されるネイティブトークン「MCADE」によって促進されます。主な内部資金はMCADE保有者はゲームトーナメント、賞品抽選会への参加、そして有料のゲームを体験するためにトークンのステーキングにより発生します。一方、メタケード内でのゲームのリリース、広告、さらにプラットフォーム上で求人情報するためのスペース貸し出しなど外部からの資金が生まれます。

プレセールの順調な売れ行きと、安いトークン価格から、 MCADEは2023年に注目される仮想通貨の1つとなっています。

>>> メタケードの詳細はこちらからどうぞ <<<

モネロ(XMR)プライベート暗号トランザクションの有効化

モネロは急速に勢いを増していると同時に物議を醸す仮想通貨として注目が集まっています。プロジェクトの特徴としては、プライベート通貨の役割を果たす為に秘匿性が非常に高いことが挙げられます。オープンソースのブロックチェーンネットワークであり、プラットフォームの機能とキャパシティを改善するために継続的に取り組んでいる熱心な仮想通貨の学者たちが中心となって開発を行っています。

モネロとそのネイティブトークン「XMR」を取り巻く論争は通貨の成功を損なうものではなく、2014年にローンチされて以来良い宣伝になっていると言われています。IRSはプラットフォームを使用しているユーザーの特定、またXMRトランザクションの追跡を明らかにする為、62万5,000ドルもの報奨金を掲示し、長い時間を費やしています。これは、モネロが犯罪と紙一重の位置に存在していることを示しています。

2023年には、モネロが提供する匿名の取引機能を防止するように設計された、仮想通貨市場を管理する多くの新しい規制が導入される予定です。これはXMRコミュニティに有利に働く可能性があります。通貨が新しく厳しく規制された市場で独自の場所を切り開くことができる見込みがあるからです。そうなった場合、現在178.24ドルで取引されているXMRの価値は大幅に上昇し、仮想通貨の反逆者から一転、仮想通貨のパイオニアと呼ばれ始める可能性があると期待されています。

ポリゴン(MATIC)イーサリアムのスケーラビリティ向上

ポリゴンは、イーサリアムネットワークの主要なレイヤー2ソリューションであり、高速化と低コストを実現しながら、イーサリアムとの相互運用性を高めるプロジェクトを可能にします。開発者は、イーサリアム互換のチェーンで独自のブロックチェーンバリデーターを使用できる事から、柔軟性が向上します。

これは、他のチェーンからイーサリアムをポリゴンのRoninブリッジ機能を使い接続することで、ポリゴンがサイドチェーンで完了したトランザクションデータをイーサリアムに記録できるようになります。AdidasやStarbucksなどの大手企業は、この機能を自社のビジネスモデルに導入する試みを開始しました。一方、ベンチャーキャピタル企業の「Sequoia Capital」は2022年にポリゴンに4億8000万ドルを投資しました。

2022年の9月に独自のレイヤー2ソリューションをリリースしたイーサリアムは、機能面でポリゴンに近づきました。しかし、ポリゴンのスケーラブルソリューションは、企業およびエンタープライズの世界でファンを獲得し続けています。ネイティブトークンである「MATIC」は、現在の1.01ドルを踏まえて 2023年以降に優れたリターンを生み出してくれる銘柄の一つとして注目されています。

チェーンリンク(LINK)Web3データアクセスのイネーブラー

チェーンリンクは「ブロックチェーンの外部に保持されている情報にWeb3テクノロジーがアクセスできない」という問題に対するソリューションを、セキュリティや信頼性を損なうことなく提供します。例えば、Aaveなどのプラットフォームがビットコイン(BTC)の価格をチェック可能になったとすると、悪意のある人物による傍受によって危険にさらされる可能性があります。

これは「オラクルの問題」として知られており、Web3コミュニティが直面する最大の難問の1つです。チェーンリンクの斬新なソリューションは、それ自体が堅牢であることが証明されており、Web3市場全体で多くのパートナーシップを結んでいます。

プラットフォームのネイティブトークンである「LINK」は、この分散型オラクルネットワーク(DON)がどのように動作するかにおいて重要な役割を果たします。ノードが正確で最新のデータを提供するように動機付け、悪意のある人物やハッカーが自分の利益のためにシステムをだまそうとした場合、LINKを保持するリスクを負うことを保証します。

チェーンリンクの新しい開発には「CCIP」と呼ばれる分散型相互運用性プロジェクトが含まれます。これは、分散型ネットワーク間のリンクを増やし、チェーンリンクのWeb3市場のシェアを増やすことを目的としています。開発が成功すれば、現在のLINKの価格7.04ドルは急速に上昇し、市場で最高のアルトコインの1つになる可能性があると期待されています。

バイナンスコイン(BNB)仮想通貨市場全体に流動性を提供

バイナンスは、創設者Changpeng Zhao氏による優れたマーケティングとリーダーシップにより、市場最大のデイリー取引量を誇る仮想通貨取引所です。その方向性の元、ビジネスはプラットフォームの能力の限界を押し広げ続けています。実際、この革新的なアプローチにより、バイナンスのサービスは大幅に多様化しています。

バイナンススマートチェーン(BSC)は、BNBをライバル社から一線を画す機能の一つです。これはレイヤー1ソリューションであり、分散化より低コストと高速トランザクションを優先します。この組み合わせは、BSCを仮想通貨市場全体の主要なエコシステムへと成長させました。

BNBはバイナンスのポートフォリオ全体を支えます。取引所で流動性を提供することに加えて、BSCでの取引を容易にするためにも使用されます。二つのプラットフォームの継続的な開発と人気がBNBの拡大を押し進めています。

ドージコイン(DOGE)ミームコインの王様

常に様々な憶測が飛び交っている2014年にローンチされたドージコインには、多くの投資家がその動向に目を光らせています。2021年のイーロン・マスク氏のツイートで大きな注目を集めた後、過去最高価格(ATH)が0.73ドルに達しました。

このミームコインの価値は、当時の活気に満ちた時代から約90%下落しましたが、未だに世​​界中に膨大な数のファンを持っています。最も包括的な仮想通貨プロジェクトの1つとしての評判を得て、ミームコイン以上の価値があると伝えたいコミュニティの願望は、仮想通貨のジョークとしてのレッテルを振り払い、献身的で忠実なユーザーベースを獲得する事に成功しています。

高いトークンインフレや比較的低いスループットなど、投資家が克服すべきいくつかの課題はありますが、アクセスしやすい性質と現在の0.081ドルという手頃な価格は、大きなリターンを得るためのアルトコインを探している人にとって魅力的なものとなっています。

LTOネットワーク(LTO)パブリック・プライベートの向けのハイブリッドWeb3ソリューション

LTOネットワークは、現実世界の問題領域に対する一連のエンタープライズソリューションを提供します。これは、パブリックサービスとプライベートサービスのハイブリッドソリューションを提供するWeb3テクノロジーの恩恵を受ける可能性があります。

幅広いユーザーケースは、機密性の高い個人データを扱う公的説明責任を必要とするプロジェクトを支援してきました。さらに国連と協力して、土地区画の所有権をマッピングすると同時に、ヘルスケア業界にソリューションを提供し、ソリューションの信頼性とセキュリティを証明する臨床試験データによるGDPRコンプライアンスの保証を支援しています。

オランダに拠点を置くLTOネットワークの市場をリードするデータコンプライアンスソリューションは、その恩恵を受ける欧州連合全体の膨大な機会をカバーするのに理想的な位置にあります。

ヨーロッパの最も顕著な複数のデータユースケースは、このアクセスの可能性により、ネイティブトークンのLTOが現在の価格0.085ドルから急上昇し、新たなATHである0.91 ドルに近づく可能性があると期待されています。

MCADE:今後の動きに期待されるアルトコイン

ここで紹介した全ての銘柄は、2023年に10倍のリターンをもたらすポテンシャルを持っている銘柄として注目されています。その中でもメタケードは、その広範で先見の明のあるエキサイティングな計画により、今後の動きに期待されるアルトコインの1つとなっています。

すでにMCADEコインを購入した投資家は、エキサイティングな数年先を楽しむ準備ができているように見えます。今年の最高の仮想通貨投資機会の1つに乗りたいと考えている人は、以下の公式サイトからMetacadeの詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

メタケードの詳細はこちらをクリック。


免責事項:この記事は「Metacade」から寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

柴ミーム(Shiba Memu):新しい仮想通貨として成功を再定義する

柴ミーム(Shiba Memu):新しい仮想通貨として成功を再定義する

アルトシグナル、ASIトークンが2023年の仮想通貨界を揺るがす。ビットコインの価格予測に対抗できるのか?

アルトシグナル、ASIトークンが2023年の仮想通貨界を揺るがす。ビットコインの価格予測に対抗できるのか?

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

ブロックチェーンで「貴金属採掘」を管理|InnovaMinexがフィジカルコイン発行へ

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

Bybitアプリ体験企画!最高1000USDTボーナス!

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

EOS(イオス)の価格予測:メタケード(Metacade)への投資が注目される理由

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

史上初マルチチェーン・犬コインDogeverseがプレセールで1000万ドルの大台を超える

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

コインチェック:スマホアプリで「ビットコイン相場予想」提供開始

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・WLD」などの注目記事

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

「シバイヌ(SHIB)は隠れた金脈」可能性に気付いた著名アナリストの価格予想

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

BTC・SHIB・DOGEが当たる「ラッキールーレットキャンペーン」開催へ:ビットトレード

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す