DEP・NFT活用した新作ゲーム「ロストアーカイブプラス」登場|5月下旬リリース予定

by BITTIMES   

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を活用したGameFiプラットフォーム「PlayMining」を運営しているDigital Entertainment Asset(DEA)は2023年4月6日に、PlayMining上で提供される新作ゲーム『ロストアーカイブプラス』が2023年5月下旬にローンチされることを発表しました。

こちらから読む:ゲーム関連の記事を新着順で確認「ゲーム」関連ニュース

Lost Archive +(ロストアーカイブプラス)とは?

Lost Archive +(ロストアーカイブプラス)は、クローバーラボ株式会社が開発・提供する対戦型戦略ゲームであり、多種多様なカードからデッキを構成して選択する「カードゲーム」の特徴と、カードをマスで区切られたフィールド上に配置する「ボードゲーム」の特徴を併せ持つ新感覚のオンラインカードゲームとなっています。

DEPを獲得できるPlay to Earn(P2E)形式

このゲームは、ゲームをプレイすることによって仮想通貨DEPを獲得することができるPlay to Earn(P2E)形式のゲームとなっており、ロストアーカイブプラスのNFTカードを所有することによってより有利にDEPを獲得できる仕組みとなっています。

NFTカードはPlayMiningのNFTマーケットプレイスである「PlayMining NFT」で購入できるほか、「ゲーム内のカードパック購入」や「所持しているカードのNFT化」で獲得することも可能で、スカラーシップを利用するとNFT保有者から借りることもできるため、NFTを所有していないプレイヤーもNFTオーナーからNFTを借りてゲームを有利にプレイすることができます。

NFTカードは現実世界のカードのように売買したり、貸したり借りたりすることができるため、NFTカードの売却や貸出などでも報酬を獲得することができます。

ロストアーカイブプラスのNFTカード(画像:Digital Entertainment Asset)ロストアーカイブプラスのNFTカード(画像:Digital Entertainment Asset)

カードゲームとボードゲームを合わせたゲームシステム

ロストアーカイブプラスは、カードとボードを駆使して戦う本格オンラインカードゲームで、ユーザーはブラウザからプレイすることが可能、ターン制のバトルで対戦相手と戦って、相手の体力を0にすると勝利を手にすることができます。

ゲーム内で登場するカードには、フィールドに配置するキャラクターで様々なスキルを持つ『ミニオン』、様々な効果を発揮する魔法カード『スペル』、フィールドに設置して破壊されるまで効果を発揮する『レリック』の3種類が存在します。

実際のバトルには将棋や囲碁のようなボードゲームの要素も組み込まれているため、自分のミニオンで相手のミニオンを挟むことによってダメージを与えたり効果を発揮できる『狭撃』や、自分のミニオンを1列に並べることでカードを強化できる『結信』を上手く活かして戦うことが重要となっています。

ロストアーカイブプラスのゲームプレイ画面(画像:Digital Entertainment Asset)ロストアーカイブプラスのゲームプレイ画面(画像:Digital Entertainment Asset)

オリジナルデッキを共有できる「デッキ共有機能」

ロストアーカイブプラスには、自分が作成したオリジナルデッキをゲーム内で共有できる『デッキ共有機能』も搭載されているため、共有されているデッキ構成を使用してゲームをプレイすることもできます。

デッキ作成者は『デッキビルダー』と呼ばれており、デッキが使用された回数に応じたランキングである『デッキビルダー』のランキングも用意されています。

初心者は上級者のデッキ構成を利用することによって手軽にバトルの醍醐味を体感することが可能で、上級者は様々なプレイスタイルのデッキを作成する『デッキビルダー』として活躍することもできます。

なお、2023年4月下旬にはNFTマーケットプレイス「PlayMining NFT」でロストアーカイブプラスのNFTカードが先行販売される予定で、このNFTカードはゲームローンチ後にゲーム内で使用することもできると説明されています。

『ロストアーカイブプラス』の詳細はこちらの公式サイトから確認することができます。

DEA社の公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

Operaブラウザが「ビットコイン・トロン」に対応|Android向けベータ版アプリ公開

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

ジョン・マカフィー「暗号資産に投資していない」と強調|使用する通貨は2銘柄

ShibariumのSRC-20トークンが「SHIBバーン」をサポート

ShibariumのSRC-20トークンが「SHIBバーン」をサポート

カルダノ財団:日本で行われている「不審な投資勧誘」について注意喚起

カルダノ財団:日本で行われている「不審な投資勧誘」について注意喚起

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

ソラナDEX:Drift Protocol(DRIFT)エアドロップ請求可能に|Coinbaseにも上場予定

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す