仮想通貨業界においてアルトシグナル(ASI)がもたらすAI技術の可能性とは?

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

仮想通貨業界は、新たな技術の登場にいち早く適応してきました。現在、仮想通貨投資家の想像力を掻き立てている最新技術として、人工知能(AI)が挙げられます。

様々な場面での自動化を実現し、より効率的に、多方面に渡る現実的な成果を提供することが期待されています。AIの潜在的な能力を活用する仮想通貨プラットフォームの1つとして、世界有数の取引シグナルプロバイダーであるアルトシグナルが存在します。

AIを搭載した新たな取引スタックであるActualizeAIの開発を支援するため、先日ネイティブトークンであるASIのプレセールを開始しました。

アルトシグナルとは?

アルトシグナルは、2017年に立ち上げられたオンライン取引シグナルプラットフォームです。現在50,000人を超えるユーザーを持つ世界最大級のオンライン取引コミュニティとなっています。

アルゴリズムと、専門家の分析を元に作成されたAltAlgo™取引指標ツールを使用して、毎日の取引、従来の株式取引、CFD、FX 、バイナンス先物取引など様々な市場において非常に高い精度の取引シグナルを提供しています。

実際に、32ヶ月間にわたり行われたバイナンス先物取引のうち19ヶ月でポートフォリオの保有額を10倍にすることに成功しました。

アルトシグナルは、AIを搭載したActualizeAI取引ツールの開発に伴い、新たなトークンであるASIをリリースしました。AltAlgo™から非常に優れた出力を取り入れ、最先端のAI技術を使用してより正確かつ頻繁に取引シグナルをユーザーに提供することを可能とします。

機械学習では、市場の動きを理解するルールベースのロジックをデータストリームに適用し、自然言語処理(NLP)がプロセスを簡素化・加速させます。

例えば、予測モデリングでは、強化学習がリスクとリターンの比率を調整する前に、新たなデータを取り込みながら過去のトレンドなどのデータ傾向を利用することでユーザーが保有資産に関して優れた決定を下すサポートをします。

この斬新なAI技術の使用により、アルトシグナルは仮想通貨業界における革新の最前線に立つことができるかもしれません。

ASIの機能は?

ASIトークンは、アルトシグナルのプラットフォームを支え、コイン保有者に素晴らしい実用性とガバナンスの将来決定に対する投票の権利を与えます。また、通貨保有者は、AIを搭載した ActualizeAIの出力へアクセスが可能となります。

それに加えてプラットフォーム上で交換媒体として機能する他、取引に関する教材を利用することもできます。50,000トークン以上保有しているユーザーは、ActualizaAIヘの生涯アクセスが可能となります。

一方、50,000トークン以下の通貨保有者は1年間、新たなシグナルを試すことができる特典が与えられます。

ASIトークンの保有者は、様々な特典が受けられる AIメンバーズクラブに入会することができます。例えば、クラブ会員になると、仮想通貨が賞金のオンライン取引トーナメントに参加できます。

さらに、会員はアルトシグナルが薦める仮想通貨プロジェクトのプレセールイベントにいち早く参加できるようになります。

さらに、クラブメンバー全員がベータ版の機能のテストに参加することができ、その参加に対する報酬を受け取ることもできます。このテストには、新たな取引シグナルツール、新製品、自動化機能などが含まれます。

ここでの報酬は仮想通貨で支払われます。各新機能が稼働すると同時に、クラブメンバーには独占的なアクセス権も与えられます。

ASIの価格はどこまで上昇するのか?

アルトシグナルは、既に5万人以上のユーザーを持っているため、市場で有利な立場にあります。

プレセールイベントではわずか1日で112,000ドルを集めており、その勢いは増していくと予想されます。AI機能搭載前にも関わらず一部の投資家たちから注目されていることから、ASIの将来は明るいと言えるのかもしれません。

ASIの価格は、プレセールイベントの終了までに0.02274ドルまで上昇する予定です。専門家は、このプロジェクトが取引所へ上場した際には、優れた機能と計画により、一般的に広く認知されるプロジェクトになると予想しています。

さらに、2023年後半には技術的な機能が展開される予定のため、この革新的なAIベースプロジェクトが0.50ドルに達するのは可能な目標であると言えます。

2023年、ASIは魅力的な投資先となるか?

アルトシグナルのASIコインの発売は、業界内で幅広く注目を集めました。投資家は、 AIの大きな可能性を取り入れた新たなプロジェクトへの参加を強く望んでいます。

多くの人は、AIとブロックチェーン技術が組み合わさった先に何が起こるのかを目の当たりにすることを楽しみにしています。ASIは、高い評価を得ている既存のプラットフォームのサポートもあるため、今年中に一定の成果を上げる可能性があると予想しています。

現在開催中のプレセールイベントはステージ1に突入しており、0.015ドルでの購入が可能です。次世代を担う注目プロジェクトをセール価格で見つけたい投資家にとって、アルトシグナルのプレセールは検討に値する銘柄と言えるのではないでしょうか?

ASIの詳細はこちらから


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

アルトシグナルが150万ドルを調達、2024年はAI関連の仮想通貨が輝く年になる?

アルトシグナルが150万ドルを調達、2024年はAI関連の仮想通貨が輝く年になる?

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

Poodl Inuの急成長に投資家が期待、POODLはミームコイン市場のスターになれるのか?

Poodl Inuの急成長に投資家が期待、POODLはミームコイン市場のスターになれるのか?

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

柴ミーム:広告代理店の代わりに100の仕事をこなすロボット犬

柴ミーム:広告代理店の代わりに100の仕事をこなすロボット犬

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

イーサリアム現物ETFの噂は本当だった|申請企業5社が「修正版書類」を提出

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

BCG大手MOBOX、今月中にDragonverseNeo(ドラバネオ)をリリース予定!独自UGC、3Dゲームエンジンに加え、ゲーム専用BTC L3のMOSE Chain公表

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

Flare Network初の米ドルステーブルコイン「USDX」登場|保有者には利回りも

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

GMOコイン:最大10万円が当たる「暗号資産預入キャンペーン第2弾」開催へ【法人口座】

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

IEO予定のBrilliantcrypto「つるはしNFTのINO」コインチェックで実施へ

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す