レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

by BITTIMES   

レンダートークン(Render Token/RNDR)に関する基本情報や特徴をなどをわかりやすく解説するとともに、取扱う暗号資産取引所・価格・チャート・対応ウォレット・関連リンクなどの情報もまとめて掲載しています。

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは?

レンダートークン(Render Token/RNDR)のロゴ画像

レンダートークン(Render Token/RNDR)とは、分散型のGPUレンダリングサービスを展開している「Render Network」で利用されるユーティリティトークンです。このトークンは支払いやガバナンス投票などに使用されます。

レンダリングとは、コンピュータ上でデータを処理・演算することによって画像・映像・音声などを生成・表示させる技術のことであり、3DCGを活用した動画やゲームなどのコンテンツで利用されています。

このレンダリングではパソコンに大きな負荷がかかる場合があるため、ハイスペックなパソコンが必要となりますが、Render Networkはブロックチェーンや暗号資産を活用して「GPUの計算能力を貸し借りできる仕組み」を構築しています。

レンダートークン(RNDR)はこの計算能力の貸し借りを行う際に使用される暗号資産であり、GPUのパワーを提供した人は自身のGPUを提供した対価として"RNDR"で報酬を受け取ることが可能となっています。

なお、RNDRはEthereumブロックチェーンの標準規格である「ERC-20」に準拠したユーティリティトークンであり、現在は国内取引所を含む様々な暗号資産取引所で売買することが可能となっています。

RNDRを売買できるビットバンクはこちらRNDRを売買できるビットバンクはこちら

Render Network・RNDRの特徴

(画像:Render Network)(画像:Render Network)

Render Networkやレンダートークン(Render Token/RNDR)の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

分散型のクラウドレンダリングサービスを提供

Render Networkは、暗号資産やブロックチェーン技術を活用した分散型のクラウドレンダリングサービスを提供するプロジェクトです。

Jules Urbach氏によって2016年に設立された同プロジェクトは、2017年10月にレンダートークン(RNDR)の発行・販売を開始、2020年4月27日にはGPUの提供やレンダリングができるサービスが一般公開され、その支払いでRNDRが使用されるようになりました。

Render Networkは、暗号資産である「RNDR」を計算能力の貸し借りに活用することによって、より多くの人々が参加できる分散型のGPUレンダリングサービスを実現しています。

仮想通貨RNDRを活用した計算能力の貸し借り

Render Networkは、GPU所有者に「レンダリングリソースを求めるクリエイターに計算を提供することによって、使用されていないGPUで収益化する機会」を提供します。

クリエイターは対応するツールを使用することによって効率的にGPUのレンダリングを行うことが可能で、使用されていないGPUを有しているパワー提供者はGPUを提供することによって「RNDR」で報酬を受け取ることができます。

GPU提供者は「Tier」と呼ばれる特定のグループに参加することによってノードオペレーターとなり、レンダリングに必要なGPUの処理能力を提供することができます。

拡張性を備えた効率的なインフラ

Render Networkの大きな特徴としては「ネットワークの拡張性」や「効率的なインフラ」が挙げられています。

メタバースなどのリアルな仮想空間に対する需要が高まっている現代社会でその需要に応えるコンテンツを提供するためには膨大な処理能力が必要となりますが、分散型のGPUレンダリングサービスが普及すれば必要な処理能力を効率的に確保できると期待されています。

ほとんどのGPUはローカルで使用されていない時はアイドル状態となるため、Render NetworkがRNDR報酬を提供しながら「計算能力が必要なアーティストやスタジオ」と「GPUの能力を貸し出すパートナー」を繋ぐ役割を果たすことによって、未使用のGPUを効率的に活用できると期待されます。

RNDRを売買できるビットバンクはこちらRNDRを売買できるビットバンクはこちら

Render Token(RNDR)の基本情報

名称レンダートークン(Render Token)
ティッカーシンボルRNDR
基盤ブロックチェーンEthereum
取引承認方法Proof of Stake(PoS)
開始日2017年10月5日
発行上限536,870,912 RNDR
提唱者Jules Urbach、Charlie Wallace、Phillip Gara

Render Token(RNDR)のコントラクト一覧

【Ethereum】
0x6de037ef9ad2725eb40118bb1702ebb27e4aeb24

【Polygon】
0x61299774020dA444Af134c82fa83E3810b309991

RNDRのリアルタイム価格・チャート

RNDRを取扱う暗号資産取引所

レンダートークン(Render Token/RNDR)が上場している暗号資産取引所としては、以下のような取引所が挙げられます(2024年2月時点)。

【日本国内の暗号資産取引所】
bitbank(ビットバンク)
ビットフライヤー

【海外の暗号資産取引所】
BINANCE(バイナンス)
Coinbase(コインベース)
KuCoin(クーコイン)
Kraken(クラーケン)
OKX(オーケーエックス)
Bybit(バイビット)
Bitget(ビットゲット)
Gate.io(ゲート)
MEXC(エムイーエックスシー)
など

RNDR対応ウォレット

レンダートークン(Render Token/RNDR)を保管することができる代表的なウォレットとして以下のようなものが挙げられます。
MetaMask(メタマスク)
Trust Wallet(トラストウォレット)
Trezor(トレザー)
Ledger(レジャー)

Render Token(RNDR)関連リンク

Render Network公式サイト
Render Network公式X
Render Network公式Facebook
Render Network公式Telegram
Render Network公式Reddit
Render Network公式Medium
Render Network公式Discord
ホワイトペーパー
エクスプローラー(etherscan)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

動画配信サービスDLive「Tronブロックチェーン」への移行を発表

Zaif Exchange「シンボル(Symbol/XYM)の順次付与」を開始|国内取引所で初

Zaif Exchange「シンボル(Symbol/XYM)の順次付与」を開始|国内取引所で初

ビットコイン(BTC)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットコイン(BTC)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ビットコインが稼げるマインクラフトのサーバー「Satlantis」を発表:ZEBEDEE

ビットコインが稼げるマインクラフトのサーバー「Satlantis」を発表:ZEBEDEE

BINANCE:BTC入出金で「ライトニング・ネットワーク対応」の準備

BINANCE:BTC入出金で「ライトニング・ネットワーク対応」の準備

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Dogwifhat(WIF)巨大広告掲載はどうなった?募金活動主催者からの進捗状況報告

Dogwifhat(WIF)巨大広告掲載はどうなった?募金活動主催者からの進捗状況報告

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

OKCoinJapan「期末時価評価課税の適用除外」に関する要請受付開始

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

犬系ミームコイン「PlayDoge」先行販売で1週間で180万ドルを調達!次の注目仮想通貨となるか?

犬系ミームコイン「PlayDoge」先行販売で1週間で180万ドルを調達!次の注目仮想通貨となるか?

Neurolanche:アスターのdAppステーキングで「NEROXトークン」エアドロップへ

Neurolanche:アスターのdAppステーキングで「NEROXトークン」エアドロップへ

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

米SEC「ETHは有価証券ではない」と判断|イーサリアム2.0の調査を終了

米SEC「ETHは有価証券ではない」と判断|イーサリアム2.0の調査を終了

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

「BTC・ETH・SOLの価格上昇を確信している」ロバート・キヨサキ氏

ウィンクルボス兄弟:トランプ前大統領に「200万ドル相当のビットコイン」を寄付【続報あり】

ウィンクルボス兄弟:トランプ前大統領に「200万ドル相当のビットコイン」を寄付【続報あり】

コインチェック「期末時価評価課税の適用除外に関する移転制限」の要請受付開始

コインチェック「期末時価評価課税の適用除外に関する移転制限」の要請受付開始

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

イーサリアム共同創設者が語る「セレブミームコインに必要なもの」

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

ピギーバンクスター(PIGS)がローンチ:注目の新しいミームコイン

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

人気のタグから探す