仮想通貨ICOニュース:ミームネイターのプレセールが残りわずかに

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

残り172,413,793トークンとなったミームネイターのプレセール。一部のアナリストが次に飛躍する銘柄と呼んでいる事から、投資家たちの注目を集めているようだ。

全20段階あるプレセールのステージ14を展開中のMMTRトークンは急速に完売している。CoinJournalによると、これは初期投資家の間で多くの興奮を生んでおり、このプレセールを有望な仮想通貨プロジェクトの1つにしている。

すでに404万ドルをも集めており、ミームコイン市場を支配する使命を持つミームネイターに投資家は大きな期待を膨らませているようだ。現在の0.0208ドル価格は魅力的とも言えるのだろう。

ミームネイターとは?

ミームネイターは、2077年からタイムスリップした未来型のミームコインだ。使命は、ミームコイン市場から無能な成りすましを一掃し、ミームコインの分野での優位性を主張することである。

このサイバネティックな主人公は、形だけのミームコインを探し出し、ミームネイターのGameFiスタイルの対戦ゲーム、ミーム戦争に送り込む。ここでは本当に優れたミームだけが生き残り、不発に終わったものは無情にもインターネット史の忘却の彼方に捨てられてしまう。

しかしながら、ミームネイターはただ遊んでいるわけではない。市場の覇権を握る使命を帯びており、時価総額10億ドルの大台を狙っている。一見突拍子のない数字に見えるかもしれない。

昨年のミームコイン業界のユニコーンであるボンクは、2023年12月に時価総額15億ドルという驚異的なピークを迎え、一部のミームコインで以前見られた誇大宣伝が繰り返される可能性があることを証明している。

2022年12月にエアドロップされたミームコイン「ボンク」は、2023年後半にその価格が12,000%以上跳ね上がり、ATH時の時価総額は18億8,000万ドルだった。以降、ボンクは2023年1月20日現在の時価総額7億3,000万ドル強に落ち着いている。

ミームネイターには楽しいゲームやミッション以外にも多くの魅力がある。中でもステーキング機能は、最初のステーキングプールに参加した場合45%のAPYが支払われる。初期の投資家が興奮するのも無理はない。

公開されたロードマップには、DeFiシーンへの関与や、NFTプロジェクトに関するニュースの断片が含まれている。一流ブランドやインフルエンサーとの提携も加わり、ミームネイターへの注目が高まりつつある。それに伴い投資が増える可能性もあるだろう。

さらにミームネイターには、すでにミームネイター関連グッズを販売するストアがあり、エコシステムで先進的な考えを示す人に報酬を与える紹介制度も好評だ。

プレセールの噂はソーシャルメディア上で野火のように広がっている。8万2,000人のフォロワーを持つX(旧ツイッター)アカウント、7,000人のDiscord愛好者、1万3,000人の強力なテレグラムグループからなる成長中のコミュニティで、ミームネイターは急速にムーブメントになりつつある。

これは、昨年のミームコインであるボンクとぺぺの成功を土台にしたムーブメントだ。昨年の強気相場は暫定的なものに過ぎなかったが、ボンクの時価総額は18億9,000万ドルに達し、ぺぺは発売直後に時価総額16億ドル超を記録した。ミームネイターは、それらのレベルまで上昇する次のミームコインになるかもしれない。

ミームネイターのトークノミクス

総供給量10億トークンのミームネイターは、価格上昇に最適な量を持っている。多くの銘柄はとんでもない供給量が取引されるため、トークンあたりが安く見える。これとは対照的に、供給量が限られていると希少性が高まり、少ないトークンに対する需要が高まって価格が上昇する可能性がある。

現在プレセールではステージ14を開催中で、0.0208ドルという破格の値段で販売されている。経験豊富で大胆な人々にはこれ以上ない機会となるだろう。

ミームネイタートークノミクスは、精密に練られた合理的な分配を提供する。MMTRの62.50%はプレセールに割り当てられ、さらに15%がマーケティング、10%が開発、5%が取引所の流動性、そして7.5%がコンペティションプールに配分される。

宇宙?そう、ヴァージンギャラクティックに乗り込み、ミームネイターが離陸する前に月のクローズアップしてみよう。この25万ドルの賞金は、プレセールに参加したミームネイター投資家を宇宙へと招待する。

しかしながら、時計の針は刻々と進み、172,413,793と残りのトークンも少なくなって、最後は星屑のように消えていく。各ステージは早いスピードで完売しており、寄せられている期待を物語っている。

ミームネイターの時代が幕開け

仮想通貨市場では、2024年が最大の年になると予想されている。ビットコインのETFがローンチし、4月にはビットコインの半減期が予定されている。また、政府はマネープリンターを再び稼働させるために動いているようで、アルトコイン市場全体が飛躍する可能性もある。

ミームネイターは絶好のタイミングでローンチし、アナリストたちは異口同音にその軌道を描いている。ミームコインを一掃するというその使命は、ミームコイン愛好家にも懐疑論者に注目される点だろう。

ミームネイターのプレセールは2024年前半に終了するが、プレセールが完売した場合、投資家はローンチ後の購入となる。経験豊富な投資家たちの動向にも目を向け、期待されている銘柄をチェックしてみてはどうだろうか?

ミームネイター(MMTR)の詳細は公式サイトからどうぞ。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitcoin Minetrixが700万ドルを調達、Bitcoinをクラウドマイニングするその仕組みとは?

Bitcoin Minetrixが700万ドルを調達、Bitcoinをクラウドマイニングするその仕組みとは?

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

2023年9月:プレセール開催中の仮想通貨5選

【2023年】ミームコインの未来:長期投資として可能性を秘めている銘柄9選

【2023年】ミームコインの未来:長期投資として可能性を秘めている銘柄9選

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

2023年の柴犬コインの価格予測と止まらないメタケードの勢い

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

Overbit Crypto Traders Survey 2021-オーバービット仮想通貨取引調査-

Finbloxが主要取引所に登場した一方、Chancerはプレセールを開始|脚光を浴びる2つのプロジェクト

Finbloxが主要取引所に登場した一方、Chancerはプレセールを開始|脚光を浴びる2つのプロジェクト

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF)のIEO実施「THE LAND エルフの森」とは?

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

マイクロストラテジー「公式X乗っ取り」の被害に|仮想通貨の盗難報告も

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す