メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

by BITTIMES

Buy Cryptoに「Robinhood Connect」を統合

仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)は2024年2月7日に、米国で人気の投資アプリ「Robinhood」との機能統合を通じて仮想通貨の購入・送金機能を拡充したことを発表しました。

MetaMask(メタマスク)は仮想通貨を購入できる「Buy Crypto」と呼ばれる機能を提供していましたが、今回この機能に「Robinhood Connect」と呼ばれる機能が統合されたことが報告されています。

これによって、米国のユーザーはRobinhoodの低コストな注文エンジンを通じて法定通貨で仮想通貨を購入し、メタマスクのウォレットで仮想通貨を受け取ることができるようになるとされています。

ロビンフッドユーザーの皆さん、こんにちは👋!米国のユーザーの皆様は「Robinhood Connect」を利用してメタマスクで仮想通貨を購入・送金できるようになりました。

統合についての詳細は下記をクリックしてください。

Robinhood Connectを利用した仮想通貨購入では「引き落とし・銀行送金・既存のRobinhood残高」を用いて仮想通貨を購入できるとのことで、対象地域のユーザーは「MetaMask拡張機能・モバイルアプリ・MetaMaskポートフォリオ」でこの機能を利用できると説明されています。

法定通貨で仮想通貨を購入できるサービスは「オンランプ」とも呼ばれており、昨年末には「メタマスクが日本を含む9カ国で仮想通貨の購入方法を拡充したこと」も発表されています。

また、メタマスクでは仮想通貨を売却して法定通貨に変える「オフランプ」の機能も提供されており、昨年末には「モバイルアプリに仮想通貨売却機能を追加したこと」も発表されています。

>>ウォレット関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

GREE子会社のBLRD「Polygonのバリデータノード」運営開始

GREE子会社のBLRD「Polygonのバリデータノード」運営開始

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

Shopping.io「エンジンコイン」をサポート|ENJ決済でAmazon商品などが購入可能に

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

Telegram:Web版サービスで「ビットコインの購入・交換」などが可能に

Telegram:Web版サービスで「ビットコインの購入・交換」などが可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説