貴金属からビットコインETFにシフトする投資家が増加|ミームネーターのプレセールは好調

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

ビットコインETFへの注目が高まる中、金などの伝統的な資産への関心が薄れつつある。投資環境が大きな変化を遂げる今、仮想通貨市場は新たなチャンスで満ち溢れている。

このような変化は、新しい投資領域を展開するミームコインプロジェクトなど革新的なデジタル資産にとって特に有利に動く。進化を続ける市場で最近、ミームネーター(Memeinator)のプレセールが次のビッグウェーブを待ち望む投資家の視線を虜にしているようだ。

ミームネータープレセールは現在ステージ19にあり、670万ドルを調達している。終了が迫る今、残りトークンは64,655,172 のみだ。この急成長のチャンスをつかむための時間は刻一刻と少なくなっている。

ミームネーター(Memeinator)とは?

人気映画シリーズ、ターミネーターから着想を得たミームネーター。冷酷なヒーローは明確な使命を掲げて2077年から舞い降りた。その使命とは、低品質ミームコインを業界から一掃することだ。これは、ミームコインエコシステムに新時代の到来を告げ、最も強いプロジェクトのみを存続させるという合理に基づいた戦略だ。

ミームネーターの革新的な取り組みの中心にあるのは業界大注目の戦闘ゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)だ。この開発は、レッド・アップル・テック(Red Apple Tech)とのパートナーシップにより実現される。4,000万ダウンロードの実績や、ディズニーのような大手企業を顧客リストに掲げるゲーム業界の大ベテランのスタジオだ。

ミーム戦争は、最先端AIを搭載したミームスキャナー(Memescanner)によって戦闘ゲームというジャンルを次のレベルへ引き上げる。なんと、ミームネーターコミュニティのメンバーは、ゲーム内に敵として投入されるミームコインを自ら推薦することができるのだ。

ミームスキャナーは、これらの「嫌われ者ミームコイン」をふるいにかけ、最も劣悪なコインをターゲットとして厳選する。プレーヤーはこのような低品質コインを探し出し排除していくことで、ミームネーターの掲げるミッションに直接参加できる。

ミームネーターが提供する数多くの機能とは?

ミームネーターは時価総額10億ドルという高い目標を掲げている。開発チームは、目標実現のため、最大45%のAPYを提供する魅惑のステーキングプログラム、そしてトークン焼却への取り組みを強調している。このような取り組みが功をなし、 Xで14万人近いフォロワーを獲得している。

もうお分かりだろうが、ミームネーターは単なるミームコインではない。意味もなく存在するだけのミームコインに終わりを告げる先駆的なムーブメントだ。 NFTイノベーション、そして重要なパートナーシップを含む広範なロードマップを武器に、誰もが認めるミームコイン王として君臨する舞台を整えている。

その勢いは凄まじく、ドージコイン(Dogecoin)や柴犬(Shiba Inu)のような大物コインにも届くのかもしれない。

投資家の間でミームネーターが注目されている理由

金などの貴金属からビットコインETFヘと切り替える投資家が後を経たない金融情勢。そんな中、ミームネーターはダイナミックな世界をナビゲートする新たなミームコインとして投資家の頼みの綱になるだろう。

ビットコインの半減期は歴史的に見て強気相場の前兆と言われている。そんな中、ミームネーターは投資家の熱狂を利用するユニークな立場にある。

ミームネーターは厳密にはGameFiプロジェクトではない。しかし、200億ドル以上の評価がある GameFi分野との戦略的関与は、この拡大する市場の一角を獲得するための革新的なアプローチとなる。

すでに4,000万ドル以上の時価総額を誇るミームコイン市場にミームネーターはさらなる成長に拍車をかける。ドージコインの時価総額800億ドルへの歴史的上昇、そして実用性ゼロにも関わらず15億ドルまで急成長を遂げたぺぺコイン(Pepe Coin)の過去の成功を引き合いに、一部のアナリストはミームネーターが飛躍をみせる可能性を示唆している。

ミームネーターは高い実用性、説得力のあるストーリー、強固なデフレトークノミクスで差別化を図り、より広い普及への確固たる基盤を築いている。

ソリッドプルーフ(SolidProof)による監査に合格したこのプロジェクトは、製品責任者のマルコ・トネッティ(Marco Tonetti)やディラン・リー(Dylan Lee)といった経験豊富な専門家によってサポートされている。彼らは定期的なAMA(なんでも聞いて)セッションを通じ、コミュニティとのエンゲージメントを強化する。

ミームネーターに引き寄せられた投資家は、単にミームコインの流行を追いかけているのではなく、驚異的な成長の可能性に突き動かされている。実用性の面でライバルコインを凌駕しているミームネーター。

仮に時価総額10億ドルという目標を達成した場合、プレセール最終価格の0.0292ドルで参加した投資家でさえ、成長がもたらす恩恵を受けることができるかもしれない。つまり、初期の投資家はさらに可能性が広がるということだ。

強気な市場背景、そしてBTCが新たなATHに到達したことを考えると、ミームネーターの野蛮な目標、そして通貨を取り巻く予想は保守的なようにも思える。

ビットコインETFブームの中で見るミームネーターの可能性

ビットコインETFの魅力と新ミームコインの持つ力強い有望性に魅了されている金融情勢の中で、ミームネーターは傑出した投資先として浮上している。ICOはステージ19に突入しており、これまでに670万ドルを確保している。残りトークンは64,655,172のみだ。このチャンスを掴むことができる時間は限られている。

ミームネーターは第一四半期に予想される取引所上場に向けて準備を進めている。これは戦略的に非常に重要な節目となるはずだ。成長の可能性を秘めたミームネーターの今後の動向に注目が集まる。

MMTRの詳細はミームネーター公式ウェブサイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メタケードのMCADEトークンが取引所デビュー!注目のゲーム・パートナーシップも引き寄せる

メタケードのMCADEトークンが取引所デビュー!注目のゲーム・パートナーシップも引き寄せる

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

移民申請プラットフォーム「Migranet」プロジェクトがIDAXを通じてローンチ

2023年から2030年までの価格予測:アルトシグナル・ディセントラランド・ビットコインはポートフォリオ構成の候補?

2023年から2030年までの価格予測:アルトシグナル・ディセントラランド・ビットコインはポートフォリオ構成の候補?

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

2023年、年初から注目すべきユーティリティトークン3選

2023年、年初から注目すべきユーティリティトークン3選

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

テレグラムで「深刻な脆弱性」報告|利用者が行うべき対応は?

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す